FXのトレードで絶対やってはいけない4つの初心者あるある【NG行動】

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten
FX手法

FXのトレードにおいて、初心者がやらかすパターンは大抵一緒です。

別に恥ずかしいことでもなければ、皆が通る道です。失敗から学ばないと、自分で認識できません。

ただ何度も繰り返していると芸がないので、そこは何度も失敗するなら認識が甘いということなので直しましょう。

今日はFXのトレードで絶対やってはいけない初心者あるあるです。

NG行動は身をもって直すのが一番ですけど、事前にこれだけはやめようみたいな話です。

FXのトレードで絶対やってはいけない初心者あるある【NG行動】

ナンピン

初期の初期はまさにこれです。

あ。下がってきた買い。また下がってきた。買い。まだ下がるの?買い。

気づけば5個、6個同じ方向にポジション保有。結果的に戻ることなく口座破綻。

ほとんどの人が経験あると思います。もちろん自分も経験ありますし、あの時はどうかしてたぜ!と思うかと言えば、どうかはしてたんですけど、「ナンピンをしてはいけない。」とか甘々のルールでトレードしてたんですよね。※海賊王に俺はなるみたいな宣言。

ナンピンは今の自分のルールでは起こりえない症状です。

ナンピンを防ぐためには、その前段階から変えないといまナンピンしているということは直らないと思います。

だって、今の自分のルールでエントリーできるからエントリーしたってことじゃないですか。

なので、ルールを変えない限り一生ナンピンします。エントリールールがおかしいってことです。

それかルールを破っているか。破っているかどうかわからないなら、理解できるまでトレードしない方が身のためです。

両建て

買いポジション建てて、逆行したからすぐに売りポジションも持つ。

こうすれば絶対どっちかにいくから、大丈夫でしょ!と初心者は考えがちですが、相場ってそんな都合のいいモノではありません。

買いで入って損切。売りで入って損切。エントリーポイントがテキトーだと往復ビンタはあるあるです。

もちろん世の中には色々な手法があるので、両建て手法もあって、それでプラスに持ってけている人もいるかもですが、そのルールが確立していない検証していない場合でなんとなく両建てしているのはNGです。

ドテンはありだと思いますし、それは立ち回りなので買いで入ったけど、目標点まで伸びずに下降の形に切り替わったら、そこで買いポジを決済して売りというのも悪くありません。

むしろドテン対応がトレーダーの判断力の高さなので、上手い下手に分けられる部分です。

いいところでエントリーできているだけが、トレード能力の高さとは今は思いません。

値ごろ感、ルール無しエントリー

なんとなく買い。なんとなく売り。

今上がってるなー買い。今下げてるなー売り。

これはただてきとうに買ったり売ったりしているクリックゲーなのでいつか破滅します。

FXはとにかくルールがないと、生き残れません。

私たちだけじゃなくて色々な相場参加者がいますので、フィボナッチを使う人もいれば、移動平均線しか使わない人、何も使わない人など様々です。

各々が各自のルールに沿って相場を見て、買ったり売ったりしてるんですけど、大枠で一緒の目線というのは存在します。

それが今上昇トレンド、下降トレンドだよね。ここを越えたら買い。ここを抜けたら売りなど。

ただ一つの時間足ではなくて、それも日足、4時間、1時間、月足とかも見る人は見ます。

どれが正解とかもなくて、どれも勝てて正しいルールだとは思います。これの正解不正解は検証によって出します。

勝率が6割越えてて、損益比もいいトレードができるなら、個人が納得すれば正解です。

もっと勝率低くて、勝率3割とかでも勝てる手法も存在します。それはスタイルの話なので、ぶっちゃけどうでもいいといえば、どうでもいいです。

ただあなたが、どの手法で、どのルールでトレードしていくのか、それと向き合うのかによります。

正解不正解ではないので、コレ!と決めるだけです。絶対負けない無敵の人になるのか、まあ勝率5,6割あって、月に2,300pips安定して取れたらいっかの人になるのか、選びます。

後はそれに持っていけるルール・手法で臨むだけです。一貫性を持って。

損切決めずにお祈りタイム。

やったことありますよね?

ただ下げていく相場をお願いします戻してくださいと神様に祈ったこと。

これってたった一つケジメがあれば防げるんです。別にずーっと負けないし逆行なんてありえないって人はいいんですけど、

もしそうなった時でも、これがあるかないかって初心者にとっては心の楽さが違うはずです。だって負ける回数の方が多いので。

死ぬのはここ。勝つときはここ。どっちかに行って終わります。極論、これを一貫性のあるルールで長く取り組むことです。

それができないと死にます。途中で変えちゃダメです。変えたくなる人は、自分のルールを再確認して、直近3,4年も遡らなくていいので、2,3カ月同じエントリールールで入って数字出してください。

適当じゃなくて、細かく。出せる数字は全部。で、納得したら、この連敗とか、この損切はあるんだなー。って納得できます。数字で。

だから恐れるに足りないと思えるから、続けようと思えれます。(この検証もただ過去チャート開いて、現在確定足状態のチャートでやっても本番と違うので死にます。なるべく本番環境と同じにします。無理なら確定足エントリーだけにします。)

ただこれができないとどうなるか。「本当はここにトレンドライン引いた方がいいんじゃないか。」「ここにフィボ当ててこの数字見ないといけないんじゃないか。」大体こうなります。

これって本人は悪気なく、次のトレードはこうしようって改善策としてやってることなんですけど、その時点でルールを知らず知らずの間に変えてるんです。気づかないうちに。

そうすると検証通りの期待値が得られないので、途中で資金が枯渇したりします。

なので、勝っても負けてもフィボ引くなら引きましょう。それがルールなら。ということです。

あてた場所から100%戻しでも引いてないと、なんでここには引いてないの?って話になります。

それはあてて反発ポイントをみたいから引いてるのであって、戻したからといってそこに引かずにいつ使うの?という感じです。

そうならなかったは結果論なので、結果がわかるまえにならない前提で引かないのはその時点で違うでしょという話です。引くなら引く。ルール通りに引けないなら引かない。統一しましょう。

ここがばがばルールの人多いです。

共通点は一貫性がないコト。一貫性がないとパフォーマンスが安定しない。

共通点はすべてに対して、一貫性がないコトです。

一貫性がないと、上記の例のようにコロコロルールを変えて死に続けます。

1週間難しい相場があったとします。エントリールールに沿ってエントリーして仮に2連敗しました。

そこで、あーだこーだ焦って改善しようとして、逸れてないのに自ら脱線して今後死ぬのも典型的なパターンです。

ルールにも練習・検証にも一貫性を持ちましょう。

長いトレード人生を考えている人なら尚更。10回ワンセット。年間100トレード区切りで考えれば、そんなばかすかトレードする必要がありません。

エントリーたくさんしないとお金増えないじゃん。って思う人は、ちゃんと諸々考えないと余計お金なくなっちゃいますよ。

3連敗しようが、5連敗しようがルールは変わりません。平均利益に対しての平均損失の割合が良ければ死にません。それをどうやって安定させるかがルールです。(※勝率60%の人でも可能性として6連敗以上もありえます。想定としては4連敗しても95%の確率で連敗が続いてもルールが同じなら止まります。)

利確を決めないと、この辺を疎かにしたツケが回ってくるので、超自信がある天才以外は決めた方がいいです。私はバカなので絶対に決めてます。

逆に勝率を追い求めてもその他の数字が悪いと死にます。これは計算すればわかる話なので、嘘だと思う人は計算してみてください。

今日はこの辺で締めます。お疲れ様でした。

↓↓↓FX勉強会やってるよ!↓↓↓

書いている人
seiten

0になるのよりも、自分で1を作れない方が恐怖だと感じFXに挑戦。将来的には専業FXトレーダーになり完全なるノマド生活を満喫したく、勉強会で修行させて頂いております。未来で悔いなく「FXをやり切った。」と言える自分になるべく、ほぼ引きこもり状態で勉強中。おじいちゃんネコと一緒にゆるーく生活しています。趣味はアコギ、お寿司、日本酒がぶ飲み等。

seitenをフォローする
FX手法
seitenをフォローする
milkさんのFX勉強会。
タイトルとURLをコピーしました