テクニカルで勝てないのはFXの責任では無い「無視をしているから」

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten
FX手法

テクニカル分析はこんなにも大事です!

という話を今回したいわけではありません。

じゃあテクニカル分析では勝てない。

という話でもありません。

テクニカルをどう見ているんですかという話をします。

キーワードは「えっ無視してる!?

テクニカルで勝てないFXトレーダー

FXでトレードする上での分析には大きく分けて2種類あるようです。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析。

テクニカル分析はチャート(値動き)の基いての分析。

ファンダメンタルズは経済指標に基づいての分析。

ファンダメンタルズ分析は分かりませんし、必要無いと思います。

じゃあテクニカル分析は?

何を基にテクニカル分析をして勝てないのか

チャートの値動きに基いての分析がテクニカル分析なんだとしたら、何を持ってテクニカル分析をしているのか。

それは当然勝てる手法。

勝てる手法の中にあるFXツールを駆使して今チャートの値動きはどういう状況に位置しているのかを見る。

勝てない、相場に作用しない手法であれば当然テクニカル分析では勝てない。

具体的に何を使ってテクニカル分析をしているかと言えば、FX勉強会であればフィボナッチリトレースメント、フィボナッチエクスパンション、エリオット波動など。

トレーダーの中にはエリオット波動は後付けだから使えない!と言われることもありますがそれというのはあまり関係ありません。

そうなんだとしたらそのトレーダーには別の何か勝てる手法があるわけですよね。

じゃあ特に問題ありませんよね。

テクニカル分析以外でFXで誰でも勝てる方法というのは無い。

テクニカル分析で勝てないんだとしたらテクニカル分析が悪いんじゃなくて何か別の原因があるかもしれない

どういうテクニカル分析で勝てない?

何人かの同じ手法を使っているトレーダー。

この人たちというのは手法に沿った基本通りの使い方をしていてテクニカル分析をしていればだいたい同じに分析にはなる。

基本通りでは無い間違った使い方をすればテクニカル分析はブレる。

例えばある場面ではフィボナッチエクスパンションが使えないのに無理やり使っているとか。

例えばある場面ではエリオット波動はカウントしずらいのに無理やり使っているとか。

使える所で使うからテクニカル分析としての効果を発揮するのにその場面では使えていない。

こういった原因があってテクニカル分析で勝てないんだとしたらそれはまず基本に戻った方が良い。

今お話しした内容と言うのは手法の中のツールの使い方の話。

テクニカル分析にはチャートの値動きも含まれており、それ自体を分析する方が分析としては重要。

チャートの値動きの解釈はトレーダーによって異なる場合は多々あると思います。

ここでは値動きの状況として売りを選択した方がいいんじゃないかというトレーダーもいれば買いを選択した方が良いんじゃないかというトレーダーもいる。

そういった部分で勝てないんだとしたら基本のチャートの値動きを振り返って学習した方が良いと思います。

テクニカルで勝てない原因の一つ

テクニカルで勝てない原因のひとつとしてあるんじゃないかと思っていること。

それは無視。

テクニカル分析としてチャートの値動きを見て手法を使って分析しているんだけれども、その分析自体を置いておいて無視をしてトレードをしてしまっていませんか?

例えばエリオット波動3波までチャートに数字を割り振っていたとします。

その後に来るのは当然4波5波。

だとしたら自然なトレードというのは5波を狙う。

もしそれが調整の場合には5波が終わるのを待ってから押し目買い戻り売りを狙う。

ですよね。

自分で3波まで割り振っているんだったら頭にそれが分析としてあったわけです。

それなのに4波で中の天辺や底で衝動的に売ったり買ったりしてしまう。

これは無視をしていると言われてもしょうがない。

自分で書いているんですから。

これが原因でテクニカル分析で勝てないんだとしたら自分の分析に対してまず素直になった方が良いと思います。

テクニカルで勝てないならFX学習法のCSすればいいさ

しっかりと自分の分析に対して素直に。

手法も値動きも確認して。

2021年4月9日ポンド円。

当然環境認識からしますよ

SEXするなら前戯から。

告白するならお友達から。

FXやるなら環境認識から。

4時間足

左から相場はグイグイと戻しなく上昇しています。

ということは上昇が強い。

そういう時は戻したら買い戻したら買いを繰り返していたら爆益。

買いに対しての売りのポイントは確率的にかなり低いので上昇した先だから売りばかりを考えていたら全く利益を出せないばかりか大損口座破綻コース。

でそんな上昇が強い相場の高値からそれまでには無い強めの下げもやっぱり上昇が強く高値を更新。

上側にトレンドラインを引いてみると3度目の正直のような値動きから再度強めに下げて来た。

さあどうする。

現在地は下げた先なので売るならば戻しから売りたい。

上昇相場であることには変わりないのでお買い得と言えばお買い得そう。

じゃあとりあえず買いで考えて見るか。

1時間足

真ん中からの上昇は直線的で戻しなく強い。

ただ高値からの下降も直線的で強い。

上昇FR61.8%も抜けているのでフィボナッチリトレースメントからも下降の強さは分かる。

じゃあ現在の下降はどこまで下げるのか。

ここで高値からの下降の波に下げ幅の目安となるオレンジラインを引いてみる。

そうすると現在地というは一対一で下げて先。

ここから更に売っていくというのはどうみても危ない。

2本目のオレンジラインの値動きを見ると123のような波で到達している。

ということはその付近で45と波が終わる可能性もある。

じゃあ止まったら全体的な上昇の押し目買いとして、もしくは下降の戻しを狙うような形で買えるんじゃないか。

シナリオを考えてみよう

環境認識から買いで考えます。

エリオット的な3波で来ているので、まずは4波を見たい。

4波で余計な事をすると一段下げられる可能性はあるので横這いのような値動きでは買えない。

4波5波と来てその5波の値動きを見て判断したい。

5波下降起点フィボナッチエクスパンションの数値とかエリオット波動で。

5分足(結果)

シナリオに対して実際の値動きはこんな感じ。

4波が小さく5波のような値動き。

そこから345波が5波の起点となって強めに下降。

5波はエリオット的には難しいですが、起点には綺麗な谷が出来てるので当然フィボナッチエクスパンション。

そうするとFE161.8%付近で止まっている。

ここというのは環境認識的に下げた先にもなり値動き的にも下げが止まりそうな所。

で最後の値動きに対しての数値も合致している。

じゃあ買ってみよう。

利確はお好みでどうぞ。

テクニカルを無視して勝てないのは簡単に修正出来る

テクニカルを無視して勝てない。

例えば相場解説をした相場で売りは値動きとしてそろそろ危ないと思っていたとします。

で2本目のオレンジラインで1234と波を作って下げて来た。

で5波で123とは一応下げてきている。

ということは5波の45が来るから5で売ってみようなんて考えて3度目の正直でちょっとは利確出来るかなーなんて売ってみるなんてことをすると見事にやられる。

これは環境認識をシナリオを立てた値動きすべてを無視した上でのちょっとした欲で判断をしたトレード。

そりゃ勝てませんよ。

しかも5波の5で売るにしてもそれまでの値動きは一気に強めに上昇している。

ということは売るにしても売れないとなるはず。

色々な事を自分の都合に合わせてすべて見ないことにしていることになりますね。

意外と全体を見て手法に沿って正しくテクニカル分析した内容と言うのは合っているものです。

じゃあどうすればいいか。

自分が行ったテクニカル分析にいつでも従う。

自分を自分で裏切らない

最初はテクニカル分析自体が間違っていて勝てないということもあると思います。

それでも学習を続けていればテクニカル分析自体の精度が上がるので、修正されて合うようになってくる。

自分を疑ったらいけません。

自分を信じましょう。

トレードはいつだって相場対自分。

誰も助けてはくれない。

じゃあ信じるものはなんですか?

さあ今日もFXの学習頑張りましょうね!

↓↓↓FX勉強会やってるよ!↓↓↓

書いている人
ぐっぴー

人に左右されずに自分自身のみを高める努力することで時間や経済的な自由さを掴み取れるFX。私に出来ることは諦めずに日々絶やさず学習を継続することのみ。目標まで何年掛かろうともやり遂げる覚悟で挑み中です。自分自身を追い込むことは結構好きなので実は楽しんでやっています。1人でいる時間が好きでお酒を飲みながらボーっとするのが唯一の趣味。

ぐっぴーをフォローする
FX手法
ぐっぴーをフォローする
milkさんのFX勉強会。
タイトルとURLをコピーしました