FXで初心者が損切できない理由とか原因ってなに?正しく負けて正しく勝つ方法

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten
FX手法
  • FXで損切できません。
  • 絶賛−200pipsのポジション抱えてます!
  • 損切ってなに?やらないとダメですか?

こんな感じの初心者さんはよくいます。

損切は良い悪いとかではなく、計画の話なので、計画的にトレードしたいなら決めた方がいいと思います。

逆にそれが決まってないと、色々しでかすと思いますけどね。

実際、トレードしたらわかるはずです。不測の事態に陥った時に対処ができないって。

今日は正しく勝って正しく負けることって大事ですよって話です。

FXで初心者が損切できない理由とか原因ってなに?

耐えてたらきっと戻ってくると思ってるから(希望、願望)

FX初心者さんは損切できない理由って、「きっとこの先戻ってくるよ。」ってどこかで思っているからです。

もちろんそういう時もあるかもです。

ただ、その1回のダメな思考がこびりついて、次もそのまた次も戻ってくるってどこかで思ってしまうのがダメです。

今回は助かったから良かったけど、次助かる保証なんてどこにもないですからね。

希望、願望を言い出したらキリがありません。

なので、必ず自分がエントリーする段階で勝つ場所、負ける場所も決めておいた方が無難です。

で、それを繰り返す。どっちかにレートが刺さって終わりますから。それは無計画なポジション保有とは全然訳が違います。

損切位置が浅い深いとかそういうのも、考えることによって「結果的に」伸びた所も見送れるようにもなりますし、逆にリスクはあるけど安全な場所も選択できます。

基本セットなんです。エントリー時点では誰でもそうですけど、いい結果を考えていますから。

ただそれだけだと、1回の負けでとんでもないことになることも理解しましょう。

エントリー時点で勝つことしか考えてないから(無計画)

エントリー時点では、もちろん何らかの根拠を持ってトレードしますよね。

色々な根拠が重なっている場所でエントリーする、当たり前ですけど勝ちに行っているので。

ただ、そうならない時もあります。そうならなかった時にどうするのか、入り直せるのか、はたまた逆行していくポジを拝むのか、一旦ポジを決済してパターンが出るまで待つのか、ドテンできるのか。

色々なことを考えられる機会を、これ考えてないと失うんですよね。機会損失すごいです。

もちろん勝ちにはいくんですけど、それが自分のパターンであり優位性が高い場所でのエントリーだったら、「結果」はその1回で出るモノじゃなく月末に出ます。

トレードって1回で爆益を狙うモノではないですから、繰り返さないといけないんです。

その中で自分がエントリーして、エントリーした直後に仮に逆行したら、そこで考えるんじゃなくて、その前に決めとかないとたいてい手遅れです。

余計な思考が邪魔します。戻ってくるんじゃないかって、淡い期待を抱くとか。

ただ検討の余地がない場所でのエントリーはダメですよ。

その検討の余地がないというのは、上位足↑、下位足も↑、他優位性パターンが出ている時の逆張りとか、そういうのです。

少なくとも負けるなら負けるでも、良い負けしないといけません。勝負にならない所で勝負しても意味がないんです。

「後で切っても大丈夫でしょ~。」みたいな楽観思考だから

基本、損切を考えてないと「後で切っても間に合うでしょー。」ってどこかで思ってしまいます。

いや、まだ大丈夫。まだ大丈夫。

で、耐えきれずにロスカットとか。

初心者あるあるですよね。それは楽観的ですし、ポン円とかなら尚更決めてないと、あなたの資産なんてすぐに食われます。

数pipsで切るのとかは、個人的にはよくわかりませんけど、少なくとも転換イメージで入っているなら、それが崩されるところまで持たないといけません。

そのパターンって基本2種類だけなんです。波が崩される時って。

ただこれを決める時って高安値が決まってないと決まらないんです。だから、確定足とかそういうの諸々決まってないと見切り発車なんですよね。

どういうことかっていうと、まだ事実では出てない仮の高値になるだろう安値になるだろうポジションを持つってことなんです。

これめっちゃ恐怖ですよ。ギャンブルです。誰にも見えていないモノが自分だけには見えるとかありえないじゃないですか。

みんなが見えてるから、それが決められるのに、自分だけにしか見えないことなんてありえないんです。

正しく負けて正しく勝つを繰り返す=だから安定したトレードができる

正しく勝つ。正しく負ける。全て計画があったらできることです。

ルールは各トレーダーによって異なるかもですが、全て揃ってないと成立しませんし、振り返りとかもできません。

ここで切っておけばー、ここでエントリーしなければー、たらればのオンパレードになります。

振り返りも、そんな初歩の初歩を振り替えったって、あんまり意味がないんですよね。

負けが続いても、計画的にトレードできている人は規律があります。規律は自分で作ります。

トレード時間をロンドン帯に絞るのも一つのルールだし、23時以降はトレードしないと決めるのもルール。

このローソク足ではパターンが出ても入れないと決めるのもルール。

抵抗帯に抜けが出た時は、もう一つ形が出るまではエントリーできないと決めるのルール。

それらを全部決めて、勝ち負けを繰り返すから、安定したトレードができます。

1回の負けとかで意気消沈してる時間勿体ないですし、そんなモノはあります。今後も。

ただ再起不能になったり、この負けを取り返さなきゃって思うくらい負けるって、キツイですよね、

なので、それは最初からエントリー時点で防ごうと計画してください。

ここでは買わない売らないは検討の余地がないポイントも存在しますが、それは手法にも考え方によっても異なります。

リスクを取って現在は逆張りでも大きなリターンを狙うなら、チャレンジする場面もあります。

そんなモノは人によって左右されるものではなく、自分の判断で決めて、それでお金増えてたら結果が正しいと思えます。

誰かがここは違うって言われても、自分のルールがあれば「ここはルール通りに入って損切です。」で終わり。

それを分かってない会話の生産性はなしです。

FXで初心者が正しく勝って正しく負けるトレード実践編

2021年7月2週目のポンド円です。

日足の環境認識

日足の環境認識です。

日足は上昇トレンド継続していましたが、高値切り下がりの下降波になっています。

ただまだ下降トレンドと断定はできません。一番下の水平線付近が厚い壁なので、そこを抜くまではまだどちらもありえる状況です。

現在地点は下降波継続からの戻しの位置づけのポイントです。

ということは、デイトレレベルなら波は上を向いているので、買いで取れる所を探します。

ただその直上にも壁がいくつもあるので、突破する前提ではなく、しっかりと利食える場所で利食いましょう。

4時間足の環境認識

4時間足です。

4時間足は大きな下降波の中を進んでいます。

現在地の状況はその中の小さな戻しの上昇波の中にいます。

上に壁があるのでデイトレレベルの上昇は狙えますが、壁になるポイントもあるのでしっかりと利食わないと跳ね返されるかもですからね。

跳ね返されずに、伸びる時もありますが、それは結果論なので、結果とルールは分けて考えましょう。

4時間で言えばこれは、直前はこれは下降波の中の戻しの位置づけなので伸ばしてはいけないとはじめから断定できます。(結果的にそれがのびることもありますが、それは想定外として受け入れます)

事実としては、直前は下降波の中の戻しです。

1時間足の環境認識

1時間足です。

前日の値動きが特徴的でした。

午前中に前々日の高値を更新したんですけど、上の壁に阻まれて、前々日の安値を抜ける展開。

こうなると、すぐに買うのは危険です。実体、ひげ抜けの話もありますけど、ここはその前の上昇で買うと、そのまま続落する危険性もあるので、よほど強いラインがない限りスルーです。

その前の上昇とは意味合いが違ってきます。

で、初めて、この当日に切り上げが確認できたポイントで、上位足の下降波の戻しの位置づけで買います。

ということは伸ばせない前提なんです。ただこれは小さな期間の3波にあたる部分になるので、諸々考慮して買いです。

その後は、あの有名な形で下がっていくパターンになりました。

なので、買いでも売りでも環境認識があれば、どっちも正解かと思います。

5分足の環境認識

5分足はトレンドラインを引いて入りましょう。

今日はこの辺でお疲れ様でした。

↓↓↓FX勉強会やってるよ!↓↓↓

書いている人
seiten

0になるのよりも、自分で1を作れない方が恐怖だと感じFXに挑戦。将来的には専業FXトレーダーになり完全なるノマド生活を満喫したく、勉強会で修行させて頂いております。未来で悔いなく「FXをやり切った。」と言える自分になるべく、ほぼ引きこもり状態で勉強中。おじいちゃんネコと一緒にゆるーく生活しています。趣味はアコギ、お寿司、日本酒がぶ飲み等。

seitenをフォローする
FX手法
seitenをフォローする
milkさんのFX勉強会。
タイトルとURLをコピーしました