FXで勝ち続ける為にはトレード履歴を振り返り分析するしかない件

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten
FX手法
  • FXで勝ち続けたい(月間で)
  • 毎月なんやかんやトントンです。
  • 今月は明らかにオーバートレードでした(月30回とか)

FXで勝ち続けたい!これは誰もが思っていることだと思います。

そんな人は自分のトレード履歴を振り返り分析し、自分に向き合わないと成長はありません。

意外と、その時は振り返ると思うんですけど(思い付きで)、月末とか月頭に先月どうだったか?っていうのを振り返りません。

面倒だし負けが込むと精神的にしんどいですしね。

ただ、その負担から逃げていると、またその負担は襲ってきますからね。

なので、今日はトレード履歴を振り返るメリットについて話します。

FXで勝ち続ける為にはトレード履歴を振り返る!そのメリットとは?

客観的に自分のトレードを見つめ直せる

トレード履歴を振り返ることによって、客観的に自分の良い所もダメな所も見つめ直せます。

今までなんとなーくなんとなーく振り返っていたことも、鮮明に全て結果が教えてくれます。

自分のトレードを日々振り返っていても、結構雑に振り返っている人も多いと思うので、データでバシッと洗い出してください。

  • 総利益(獲得した利益の総額)
  • 総損失(損失の総額)
  • 純利益(獲得した利益の総額から損失の総額を引いた金額で利益額を表示)
  • 損益比率(総利益を総損失で割った数字です。1を超えていれば利益が出ていることになります。)※これ大事!
  • 期待損益(現在の成績で1回当たりのトレードで期待できる損益)
  • 絶対ドローダウン(初期の口座残高に対しての最大損失金額を表示)
  • 最大ドローダウン(口座残高のピークから金額ベースで最大のドローダウンとなったかを表示)

ちょろっと上げるだけでも、これだけデータが出てきます。

全て気にする必要はないですけど、最低でも損益比くらいは出して「自分がどういうトレードをしている人」なのかをチェックする必要はあります。

勝率は基本変わりますからね。いい時もあれば悪い時もあります。ただ唯一自分のトレードスタイルがブレなければ、ここの値は自分の基準値をキープできます。

トレードは振り返るから成長するので、毎日振りえるのとは別に一月単位、3カ月単位など、日々自分の成長を感じながらトレードしていきましょう。

負けトレからは多くの発見がある。超優良級の自分だけの財産。

負けトレからは多くの発見があります。

仕方のない負けもありますし、許せない勝ちもあります。

それは自分の超優良級の財産なので、振り返らない方が損です。

例えば、手法とか相場観は誰かを真似てやっても、それはその人の軸があったりするので、いくら真似てもうまくいく時うまくいかない時が出てきます。

そういう自分軸を作るのが検証作業だったりするんですけど、それ+リアルタイムでの実際に負けた所って相当テキトーにトレードしてなければ何かしら理由ありきでエントリーするじゃないですか。

その細かい自分のミス?というか、癖が分かるので、それは誰かと共有してどうこうのモノではない気がします。

それで、その負けを正しく指摘できる人ならいいと思うんですけど(正しいというのはその負けに対して、そこでは絶対に売らないとかではない)、そうじゃなければ自分のトレード技術って自分で向上させるしかないんですよね。基本的には。

なので、シッカリ自分で区分分けして、負けトレもカテゴリー別にできるようになると、完全に自分の癖が掴めて、一気に勝率もトレードも安定していきます。

勝ちトレも不思議な勝ちじゃない?いつも通りのパターンかチェック!

勝ったー!!!嬉しい!!!ひゃっほー!!!

みたいな気分の内はまだ初心者段階です。そりゃお金が増えることに喜びがない人なんていないと思うのですが、それがたまたま勝てたとか、そういうトレードじゃないかどうか見直してください。

  • 上位足の環境認識はいつも通り?逆張りしてない?
  • エントリーのトリガーでまだ確定足じゃないのに入ってない?
  • MAとか基準の人は、どのMA抜けで入ってる?
  • 確定足じゃない場合は何か基準ある?

とか、その点振り返ると「たまたま」って時もあるかもです。

逆に負ける時に計画的に負けられる人は優秀です。無計画でいつまでもぼけーっとして意味不明なポジション持ってるくらい時間がもったいないことありませんからね。

とにかく振り返ることは山のようにありますし、もっと細かく区分分けで切るので、折角負けたんだから、しっかりカテゴリー分けして自分の癖として見直しましょう。

自分の成長が分かる!成長してるところは誰にでもある。

あと成長って感じないかもですけど、誰でもしてますよ。

結果が伴わない人とかもいるかもですが、内容的には毎日勉強して、意識的にトレードしてれば成長しないはずがないんですよね。

ただ感じにくかったりする仕事なので、それは自分の「いいところ」に気づいてあげないといけません。

他人どうこうとか、まじどうでもいいと思います。自分最高!!!とか部屋の中で叫んでもいいところ1つくらいFXであると思うんです。

ここでエントリーできた自分最高!ルール守れた自分最高!!ここで損切できた自分最高!

なんでも、今までできなかったことができた時ありますよ。たぶん。

感じにくいのは、振り返りが甘いからとか、目を背けてるだけの時が大半です。

意外と痛いなー見たくないなーって思ってることも、楽しみに変わったらこっちのもんです。

FXで勝ち続ける為のトレード実践編!途中の波形でのドテン対応!

2021年6月末のポンド円です。

日足の環境認識

日足の環境認識です。

日足は週末までに反発ポイントにレートが達して閉じました。

現在値付近では、下降波継続なのですが、反発を狙ったトレードが下位足でできそうなら買いです。

その後というのは、どの相場でも逆に上げ切らない下げ切らないというのはありますので、

第一利確ポイントまでとりあえず最低取って、あとは相場状況に応じて伸ばしましょう。

例えば、ワンポジで100pips取りました!とかは、それは今回は良かったねって話で、次からはどうするんですか?みたいなことにもなりえます。

各々利確ポイントは、事前に決めているはずなので、まずはその後どうなろうともココまでは取るという目安は必ずタラレバにならないように決めておきましょう。

後からだったらなんとでも言えちゃうのが相場です。

4時間足の環境認識

4時間足の環境認識です。

朝一から、絶対この後こうなったら買うと決めていたので迷いはありません。

ただ下降波継続中なので、パターンが出なければ自分が買いたくても買えないだけなので、それはそれです。

そんなことこれから先も来週も無限にありますからね。

まずは、そのポジションを持って最低ここまでは!とターゲットを決めているはずなので、そこまで取ります。

その途中で明らかに値動きがおかしかったら、ストップずらすないし、建値で逃げるないし、そこは経験則と工夫です。

絶対に含み損抱えたくない人なら、エントリーしてすぐにストップ建値に持ってこないとダメですしね。

その辺りは自分の性格とかによります。

中途半端にしたくない、勝つなら勝つ、負けるなら負けるの人は損切位置建値に持ってこないですしね。

1時間足の環境認識

1時間足です。

予定通りに反発ポイントで最初の切り上げでエントリーです。

最初の利確は前回1時間足高値付近です。本当は金曜日の高値を抜いてほしいと思って、ここでは入っているので、次はそこを目指しています。

ただ、今回は画像に書いた波形になりました。

ということは、まだ下降波継続なんです。

赤の波形の下の小さい波形の頂点が、赤の波形の高値を抜けない形です。これはパターンですね。

売りです。時間帯がよっぽど悪くない限り売りです。下降波継続なので。

入る場所は、この矢印の場所が最初の1時間足レベルの切り下がりです。

確定足のテスターとかじゃなく検証で回したら、ここが初めてのポイントに個人的にはなりました。

なので、このポイントが早いとか遅いとかじゃなくて、ここで入らないと後では入れないという結論です。

※確定足エントリーの人はどうやって入るかわかりません。(5分足で毎回のパターンで入るとか工夫してください。)

5分足の環境認識

5分足はトレンドラインを引いて入りましょう。

今日はこの辺でお疲れ様でした。

↓↓↓FX勉強会やってるよ!↓↓↓

書いている人
seiten

0になるのよりも、自分で1を作れない方が恐怖だと感じFXに挑戦。将来的には専業FXトレーダーになり完全なるノマド生活を満喫したく、勉強会で修行させて頂いております。未来で悔いなく「FXをやり切った。」と言える自分になるべく、ほぼ引きこもり状態で勉強中。おじいちゃんネコと一緒にゆるーく生活しています。趣味はアコギ、お寿司、日本酒がぶ飲み等。

seitenをフォローする
FX手法
seitenをフォローする
milkさんのFX勉強会。
タイトルとURLをコピーしました