FXで連敗している時の4つの対処法+ピンチをチャンスに変える方法

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten
FX手法
  • FXで連敗しました。
  • 20連敗してもう立ち直れません。
  • 勝ったと思ったら連敗して、その利益全部パー。

こんな状態に初心者の人はなります。最初からすんなり勝てる人の方が珍しいというか、ビギナーズラックは存在します。

自分も「よっしゃー!1日で100万取ったどー!!」みたいな謎トレードして、次の日に無理してその100万全部パーみたいな謎トレードした時もありました。(ロット管理からなにからなにまでむちゃくちゃ)

ただそんな変なことをして失敗して学んで、どうすればいいか自分で考えて、自分のスタイルを作る上では単に経験でしかないので、失敗は別に捉え方によりますけどそんな凹むようなことではありません。(ここはそうなるんだね。あっそ。で終わり。)

かといって、連敗は疲れるので対処できるなら対処したいですよね。当たり前ですけど。

今日はFXで連敗している時の対処法+ピンチをチャンスに変える方法です。

FXで連敗している時の対処法+ピンチをチャンスに変える方法

負けてすぐに意地になって無計画でエントリーしない。

連敗する時は大抵その負けでカッとなって、無計画で意地になってやってるだけのことが大半です。

計画的にやっても連敗する時はしますけど、別にそれで「あーFX人生終わりだー。詰んだ。」みたいに追い込まれる必要はありません。

またチャンスは必ずありますし、頭に血が上って冷静な判断というか、目の前のチャートのピコピコに踊らされてるだけのことが大半です。

まず自分がそういう状態であることに気づいて、一旦何もしないとか、自分なりに対策を練りましょう。

別にその1回負けようが、2連敗しようがチャンスは必ずまたあります。

ただその自分がエントリータイミングだって思った場所に固執し過ぎて、そこで持ち弾使い過ぎたら、次のチャンスの時に弾切れとか弾を撃つことに躊躇したら一番サブいですからね。

そこがエントリーできるかも知れないって思った。結果的に逆方向に行って損切した。だけです。

じゃあ、そこを今はカッとなっていて見返せなかったら次の朝一に見返すないし週末に見返して、ここはこの根拠しかなかったから、この場合は逆張りだからこれとこれがある時限定にしよう。とか。

対策を立てればOKです。意地になる癖があるなら、2連敗したら一旦チャートから離れるとか、そういう原始的な方法でもいいです。

とりあえず今あなたは自分では冷静と思っていても、冷静じゃないことがほとんどなので、一旦落ち着きましょう。

負け分を取り返したい。リベンジトレード思考は連敗の合図だと気づく。

負けた分を取り返したい。

当たり前ですけど、これって人間だと誰しも思うことなんですよね。

ただこのFXではその思考は連敗思考だと気づくことが、連敗への対処法です。

もちろん取り返せるなら、すぐにでも今にでも取り返したいのが人間ですけど、それは相場には無関係です。なんなら今取り返したい気持ちは次の負けに誘われています。

本当に理解して、すぐにトレードできる計画的なモノならいいですけど、そうじゃないなら素直にその負けは認めて見送りです。

リベンジトレードはナンピン癖とかそういうFX的にダメな癖が重なりやすい所なので、ますます泥沼にハマります。

連敗したら、その日はトレードしないとか、この辺りも自分の性格と向き合ってルールでガチガチで縛りましょう。

ルールがなくて今の所負けていると思うので、一旦ルールでガチガチに縛って1カ月やった時の結果を見たら体で脳で納得します。

なんか自分がいけるとか思っている謎自信があると、この癖が抜けません。ロットが大きいからかなーとか、メンタル的なことかなーとか、そういう変な所(楽な所)に癌が転移します。

そうすると益々癌が大きくなるので、全てルールで縛って抑制しましょう。ある意味FXサラリーマンみたいなもんです。9時に出社しましょう!日報は必ず退社前にしてください!みたいなノリです。

自由気ままにやると上司(相場)から怒られます。

一旦再度環境認識。ライン等の引き忘れ・抜けを徹底的に確認。

一旦連敗したら環境認識を改めましょう。

新たな新ルール的なモノを追加するのではなく、いつも通りの相場の見方を意識して再度環境認識をしましょう。

特にトレンドラインとか、斜めに引けるラインは裁量度合いがスゴイので注意が必要です。

最初からそこで反発してねお願いしますラインになっていることが多いので、どうなったらそこでエントリーできるのかも事前に計画に織り込んでください。

止まっているとかっていうのも、ここも言語化できないとただの感想です。

どうなったら止まったって言えるのか、それが言語化できないとまた感覚的にトレードしてちゅどんされます。

3回止められたとかもそうです。5回波打ったとかもそうなんですけど、それがトリガーならトリガーで、どの時はOKで、どの時はダメなのかの基準がないと死にます。

そりゃ100発くらい撃ったらどっかでは当たりますけど、ハズレくじ引きまくります。そうなると一向に自分のトレードに自信が持てません。

ものすごい勢いで上昇している、そのものすごいってどれくらい?何pipsどこまで上がったら、どこを抜けたら?とか。

フィボの38.2でのろのろ停滞している、のろのろって何時間から何時間まで?どの幅で?とか。

そういう全てに対して基準が自分の中でないと結局「なんとなーく」なんですよね。

なんとなーく、なんとなーくで勝てている人というのは少数派です。そういう人になれるならなりたいですけど自分には無理でした。

ただ自分の中の軸があれば、そこは他人がどうこう思っていても自分のトレードで勝ってお金が増えていたらへー。で終わりです。ただこの軸がなくてトレードでお金が増やせていないと、「それで勝てるんだ。その感覚を身に着けよう!」みたいな危険な橋を渡ろうとします。

えっと。ここはだらだら伸びてるから上昇の勢いが弱いんだな。ということは、一旦の下降があるかも知れないから、ここがトリガーだから、ここでエントリーして。。

あれ~?なんで、まだ上に行くんだよ…。

ってパターンです。だらだらかべけべけかぽーぽーなのかは分かりませんけど、そこも自分軸を明確に決めましょう。

ドテンするなら計画的に行う。見送ることも仕事。

ドテンするなら計画的に行いましょう。

その負けトレ以前に、ドテンシナリオがない時は見送りです。FXは待つことも仕事です。

ドテンして無理に何も確実性がない場所で勝負して、結果的にたまたま勝って、後から「よし。ここはトレンドラインも引けるし、なんならここのフィボも反応してるし、トリガー的にもここがこれだから大丈夫だ!」ってなるのは危険ってことです。

伸びたとこというのは、波の折り返しがあるので、何かに反応したり、都合よくラインが引けるモノです。

それは結果的な話なので、どうでもいいというか、ルール的に本当に入れたかどうかが大事です。

そのルールがそれならそれでいいですけど、よくあるのはルールが曖昧で振り返れないというパターンです。

振り返っても、正解にも見えるし、不正解にも見えるみたいな。

例えば雲を見て、Aさんは、「あれはお猿さんに見えるね。」Bさんは、「違う。あれはライオンだよ。」Cさんは、「あれは人の顔でしょ。どう見ても。」みたいな感じだと共通認識がないですよね。

そこは、まず正しいルールは何なのかの精査をする所からがスタートです。自分にももちろん疑いを持って、相手に対してもその人がどういう人でも自分で試して本当にそうなるのか検証して確認する。鵜呑みにしないことが大事です。

相手に納得するのではなく、自分の試した結果で納得しましょう。楽したいと、この人が言ってることが全て正解なんだー。っていう楽に落としどころ見つけたがります。

全部自分で試して本当に正しいかどうか精査しましょう。で、その中でこのパターンのこれは入れる入れないを分別して、次のトレードに活かしましょう。

FXで連敗分を計画的に取り返し月間収支プラスに確実に持っていくトレード実践編

ポンド円4月半ばの相場です。

日足の環境認識

日足の環境認識です。

日足は調整が入り、想定していた手前で反転挙動が出ました。

もう少ししっかり押してくれた方が良かったんですけど、それはそういう相場なので1時間足レベルで転換点を捕まえに行かないといけない相場です。

というよりもそれが毎回の事です。

ただ反転する付近の目安はないとそろそろだろ買い!死亡。そろそろだろ買い!死亡。が繰り返されるので、パターンを絞って待ち構えているとやりやすいです。

4時間足の環境認識

4時間足も同じですね。

調整下落があり、そこからの買いです。その手前の下降はちょびちょび自信がある所だけ短く取るのを心掛けるのがいいと思いました。

今年はまだまだ買い有利の相場が続くと思っていますので、余程の値動きがない限りはしっかり転換点から買いで入って、伸ばせる所は伸ばしたいそんな状況です。

ただそれが結果として戻って来ても、ここでの売りは短期での短い値幅を取りにいかないといけない場所です。

1時間足の環境認識

1時間足の環境認識です。

左二つの売りは入れる人は入る場面で、左側一つ目の売りはトレーリングストップで朝まで伸ばせましたけど、その次の売りはダメな部分が出て感情で30pipsちょっとでチキンが入りました。

これがルール違反という奴です。

まぁこれ時間帯的にも積極的にやるような場面じゃないので、入るなら責任もって伸ばせよ!と自分に喝を入れたくなりました。呆れる。

ただその次の目玉の買いは絶対に入らなきゃいけないポイントでした。

ただ想定より少し早い転換なので切られたかも知れませんし、ここはリスクを取って初動を取りに行ってもいい場面だと思いました。

ただもちろんなんですけど、もう一段下まで下降する展開というのは十分にありましたので、そこは個人の裁量ですが、この先に買うとなると入りどころとかも難易度上がったりしますし、再度もう一段下までの下げからの上昇も想定しないといけません。(この想定ラインまで下げてないのは正直気になる。)

そもそもどの波を狙ってるのかっていったら、これ日足レベルの転換なんで、それならそれで伸ばさないといけない場面です。(一ポジで伸ばすとかではない)

狙ってる波が分かってないと感情で、ただの強い陰線1本とかで切りたくなりますから。それが普通で、自分もずーっとそんな感じでした。分かってない時は。

実際、ここの買いも上げてから1時間足の前回高値で揉んでて上昇してから、強く下降してる部分も確認できると思います。(前回高値というよりは攻防ポイント到達での揉み合いですね)

だけど、切らないのには最初から理由がないと伸ばせないということです。切り場所も決まってますから。

もしかしたら再度全戻しで想定ラインまで下げてくる可能性もありますからね。それならそれで、そこからまた入り直せばいいだけの話です。

怖いのは感覚感覚でそういう目先の値動きで買ったり売ったり切ったりするのが恐怖ってことです。

5分足の環境認識

5分足はトレンドラインを引いて入りましょう。

今日はこの辺でお疲れ様でした。

↓↓↓FX勉強会やってるよ!↓↓↓

書いている人
seiten

0になるのよりも、自分で1を作れない方が恐怖だと感じFXに挑戦。将来的には専業FXトレーダーになり完全なるノマド生活を満喫したく、勉強会で修行させて頂いております。未来で悔いなく「FXをやり切った。」と言える自分になるべく、ほぼ引きこもり状態で勉強中。おじいちゃんネコと一緒にゆるーく生活しています。趣味はアコギ、お寿司、日本酒がぶ飲み等。

seitenをフォローする
FX手法
seitenをフォローする
milkさんのFX勉強会。
タイトルとURLをコピーしました