これでFXで絶対に損しない!無駄な値動きに反応しない5つの方法

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten
FX手法
  • ぴょんって伸びた陽線とか陰線に飛び乗っちゃいます。
  • いつも無駄に連発しちゃいます。
  • エントリー後、即逆行。毎度毎度で嫌になります。

こんな経験は皆様あると思います。通らないはずがないというか、誰もが経験して悩んで突破する壁です。

でも、無駄か無駄じゃないか?って後からだったらいくらでも言えちゃうので、今日は事前情報チャートの左側の情報だけで判別できる個人的な無駄か無駄じゃないかをお伝えします。

反応できるかどうかは練習次第だと思いますけど、知って分かって練習すれば克服できるものだと思うので参考までに。

これでFXで絶対に損しない!無駄な値動きに反応しない方法

上位足の伸びる波以外の方向性の波は捨てる

簡単に言うとエリオットで言えば、2波と4波の偶数波は捨てるということです。

それが4時間足なのか、日足なのかは自分が一番信頼できる時間足で判別してください。

で、それらの2波と4波に入ってるのか、入っていないのかの区別ができない、波とかも適当に線引いて、ここが今○○波だから~みたいな感覚的なことをやっているのなら、それはもうお絵描きみたいなモノなので、感覚ではなく明確に自分が検証なりで納得できる波引きをして判断してください。

逆に、この段階で「たぶん」とか「だいたい」とか思ってるようだと、リアルで使えないというかなんというかです。

で、そんなことを言うと波って大体でしょ論を展開される気もするんですけど、フィボやトレンドラインは大体の補助であると思うんですけど(完璧思考だと辛い。)、波は正確に定義できないとトレードができないと個人的には思います。

例えばの話、大きくエリオット波動を描いたとして、これはエリオットだからと描いて、それは「今」使えるんですか?という話にもなります。(その作業の意味)

使うなら、3波の起点や5波の起点で気づかないと使えませんよね。

なので、2波に入ってる時点で、2波である自覚を持ってそこは見送りなり、トレードしないといけません。

とりあえず脱線してますが、そういう意識でトレードしているなら、2波と4波は捨てられます。

ここを捨てて、3波と5波ないし伸びる波が取れたら、初めて逆張りである2波と4波をオプションでトレードすればいいと思います。

5分足の何かの形とか何かのライン付近での反応も捨てる※例外もアリ

基本的には5分足の形とか何かのライン付近でのタッチで一瞬ビュンって伸びるようなローソク足にも反応してはダメです。

もちろん計画的な狙いがあっての、モノは除きます。

もし上位足レベルで買いが有利な場合は現状で起こっている5分足の下降トレンドは布石です。

なので、それ崩れがどこで起きるのかを事前に予測します。

決して、今起こっている5分足レベルの下降に引っ張られてはいけません。

しかし、それも計画的に「これは5分足レベルの下降を取りに行っている。」というトレードであればもちろん正解です。

結局はどこまでを取りに行くのかが決まっていて、どこで逃げるのかも明確ならトレードは成立です。

ただ上位足の思いっきり強い壁にバンバン弾を打ち込むようなトレードは高確率で跳ね返されて被弾します。

それを分かっているなら、そこの付近は危険であり、抜け期待でトレードしてはいけないということです。

ただ抜けたとしても主な波ではないと、またこれも戻ってくるので、上位足の環境認識をシッカリと行い捨てるなら捨てると決めている方が考え方としては正しいと思います。

常に今形が作られている相場の逆側勢の事も考える。(1時間足レベルで)

相場自体は常に買い手も売り手も存在します。

最終的にはトレンド方向に伸びたり、転換を迎えるわけですが、常にその狭間でバトルがあります。

レンジとは言いませんけど、高値圏、底値圏での揉み合いを挟み継続か転換かのジャッジがあり、次のストーリーが続きます。

今のポン円に関しても、このまま上がり続けることはなく、いずれは終焉を向かえて、下降トレンドが発生します。

ただこれも日足・4時間・または月足週足レベルではそれぞれ意味合いも違ってくるので、ややこしい所です。

1時間足レベルでは転換の予兆があっても、長期的に見れば転換の兆しもないという所もあります。

しかし、転換の場合は小さい足から派生していくので、そういった細かい気づきがないと乗り遅れます。

で、そのトレンドが始まって後のりすると結局どうなるかというと、元々のトレンド方向に大きく戻してくるというのがオチです。

なので、常に考えることは、どっちも狙っている人間がいるという事実です。

上昇トレンドだから、戻したら買いなんですけど、その戻しが戻しではなく新たなトレンドを作るキッカケになる可能性というのは常に隣り合わせにあります。

ただ色々考えるとややこしいので、最初はトレンド方向への順張りで戻したら買える場所で買って、最終的に転換する所は捨てるか、潔く切られるかの2択の方がいいかと思います。

戻しなく行っちゃった場合は見送りでも問題ありません。変に逆張り思考が癖になるくらいなら。

押しがない、戻りがない時は追っかけない。そのまま逝っちゃったら諦める。(最初は)

押しがなく、戻りがなくそのまま異常なくらい上がったり下がったりする相場もあります。

ただ「あー、この上昇取れたかも。」なんて思うことがFXの罠です。

本当にルール通りトレードして入れるところがあったのかどうかを見ることが大事です。

それが5分足だけの形とかライン引いて、ここは入れたんじゃん!みたいな判断すると、未来の相場で奈落の底に突き落とされます。

結果、その相場が伸びたか伸びてないかなんてどうでもよくてルール通り入れたか入れてないかが一番大切です。

入れなければ別にそれが300pips伸びようが、それはそれです。仕方ないので終わり。

ただそれよりもルール通り入れたところを見落として、そこのエントリーが出来なかったケアレスミスをなくす目を養うことの方が一万倍大事かと思います。

5分足のブレイクエントリー的なことも基本しない。分かってしていればOK!

5分足の何かのラインをブレイクしたからエントリー的なことも基本的には分かっていないと速攻で逆行してチーンになります。(場面にもよりますけど)

ブレイクの失敗成功は、上位足の場面にもよりますけど、基本最初のうちは失敗する確率の方が高いです。

何故かというと、それは目の前の5分足のピコピコに反応しているだけで、計画がない事が大半です。

もし、その場面まで5分足の上位足とは逆の値動きが否定されるようなブレイクの場合は、まだ確率的に成功の方が多いと思いますが、それでも待った方がいい場面が大半です。

まだまだ行っていたら、そのままいってしまったり、もうだもうだ思っていたらまだ全然だったり難しいですけど、そういった場面は基本上級者向けなので別に取れなくてもいいのかなと個人的には思います。

仕掛けるべきは、基本的にゆったりエントリーできる所です。

やっぱり5分足ばかりみていると反応してしまうのが人間だと思うので、それを無くすには5分足のエントリーパターンも厳選するべきだと思います。

無駄な値動きに反応せずにシッカリとやるべき部分をトレードする方法

2021年3月前半のポンド円です。

日足の環境認識

日足の環境認識です。

日足は上昇トレンド継続ですね。少し戻してきたのでセオリー通り押し目買いです。

押し目はどこなのか?それは下位足で探します。

ここでも売りはしません。部分的に抜ける所はありましたけど、それはトレードスタイルにもよるので、普通に押し目買いをしていれば余計な損失やチャートに張り付く時間も減ります。

4時間足の環境認識

4時間足です。

しっかりと押し目を付けてさらに上昇トレンド継続の形になるかならないかの場面ですね。

下降継続ももちろんありましたけど、ここは優位性が高い場所で買いです。

1時間足レベルでそれは判別した方が細かい場所を見つけられるのでオススメです。

目線で言えば買いになっているので、後はどの値動き・形で買いなのかが決まっていればいつも通りの作業になります。

1時間の環境認識

1時間足です。

1時間足は私はこの部分で買いで、後はずっと持っておくパターンです。というか、最初の目標は1時間足の前回高値付近で、後は様子を見て分割分割で切っていく方が安全だと思いました。(というかそれがいつも通りという感じです。)※目的地は前回下降した起点付近。後は相場次第。

この次の日からは、正直入りにくいんです。入ったとしても細かく切らないといけませんし、今はこれ出来上がったチャートなので、「あー上昇したんだ。」って誰もが思うと思うんですけど、リアルであれば、下髭は大きな陰線で戻してきたりしている所たくさんありますからね。

それは上昇した所にも言えるんですけど、それって1時間足の髭先で入ってたり、髭先で利食ってたりするパターンなんですよ。

5分足で今見ても、ここから上昇したんだーって、それは小学生でも言えると思うんですけど、そういうことじゃないって感じです。

実際、ここの場面って一旦上がって行って来いで返ってきたんですけど、そもそもがそれで切らない計画とか諸々込みで取れた買いなんですよね。

上手に上昇の起点から取れた人?もいるとは思うんですけど、それだけが正解と思うと、その正解を当てるのに固執してルールがブレるパターンになります。

結局全部ここの買いはどこまで持つか、どこで切るか決まっているので取れた「結果的に」100pips以上取れた相場ということです。

切られたかも知れません。それはこうなったから良かったね。というだけの話でありまして。

ただもっともよくないのが、こうならなかった時に、どこで逃げるのかどこで自分の考えが否定されるのかを持っていないのが無計画ということかと思います。(勝つことしか考えていない)

5分足の環境認識

5分足の環境認識です。

5分足はココで入りました。ただ戻って来ても切りません。(切る場所は左側の最安値の下)最初の目標は前回高値付近なので。そこでまずは決済。

で、あとはいつものパターンです。逆張り勢とのあーいう攻防が起きて意味不明な値動きになります。

ただここから持っていたら、もう一部利益確保できていますので完全に否定されるまでは持ちます。握力大事な所です。(感情で切らない練習)

ストップも建値とかに持ってくるとポン円は刈られやすいので。個人的には元の位置からずらさずに持っておく方が勝率高いです。(稼げるpipsも多くなる)

で、次の日の高値、最終目的地(前回下降起点)まで持つ。3分割でフィニッシュです。

いや、入るの早いですやん。って思うかもですが、個人的にはここがいつも通りといった感じです。(ただ諸々の理由で確かに早いとも思いますが、結果逃げ道はチャートの左側以前に確認しているのでここでOK)

ただこれで昔だったら建値で逃げて「あー。」みたいなことはたくさんありました。

結局、目の前で起きていることに感情でトレードすると、そういうトレードが出ます。人間なので。

感情を抑えるにはルールしかないと思うので、トレードはルールで対処抑制していくしかないと思います。利確に関しても決まっていないと、次の日からの難しい入りどころとか、不確定要素の中の買いを取りに行く方が現実的ではないと個人的には思いました。(無理やりどこでも入る癖が付く。)

そんなこんなで今日はこの辺でお疲れ様でした。

↓↓↓FX勉強会やってるよ!↓↓↓

書いている人
seiten

0になるのよりも、自分で1を作れない方が恐怖だと感じFXに挑戦。将来的には専業FXトレーダーになり完全なるノマド生活を満喫したく、勉強会で修行させて頂いております。未来で悔いなく「FXをやり切った。」と言える自分になるべく、ほぼ引きこもり状態で勉強中。おじいちゃんネコと一緒にゆるーく生活しています。趣味はアコギ、お寿司、日本酒がぶ飲み等。

seitenをフォローする
FX手法
seitenをフォローする
milkさんのFX勉強会。
タイトルとURLをコピーしました