FXで口座が溶ける人にありがちな超悲惨な相場経験4選 

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten
FX手法
  • FXで口座溶かしました。
  • 大事にしてた貯金全部吹っ飛びました。
  • 2、300万円がつるっと無くなりました。

こんな経験がある人は多数います。技術も知識もないうちに欲まみれでトレードしたら当たり前ですけど全て溶けます。

それは10万でも1000万円でも変わりません。つるっとゼロになります。

戻れ~戻れ~のお祈りタイムしだしたら破綻の合図です。あなたはもうじき天に召されます。

で、そんな人にありがちな相場経験あるあるじゃないですけど、そういうのを事前に知っておくと回避はできるかも?知れません。本人次第だと思いますけど。

FXで口座が溶ける人にありがちな超悲惨な相場経験 

無限ナンピンで口座破綻

まずはあるある中のあるある無限ナンピンです。

とにかくしつこく自分が思っている方向にエントリーしまくるという荒トレードです。

正直、これってエントリーに当然問題はありますが、それ以前のルールに問題があるように思います。

ナンピンしません!みたいな宣言で防げるならいいんですけど、そうじゃなくてそもそも目標も何も決まってない気がします。

トレードのロードマップ的なモノがないと、トレードはできません。

100%成功すると言い切れるならいいですけど、そんなわけないので、「もしも」のことは常に考えないといけません。

そのもしもが来たときに、計画通り終了するのは何もおかしなことでもなくむしろ健全です。

ナンピンして持ち続けて、お祈りして少し戻っても切れずに「あーーー。」って思っているうちに、お金が溶けてジエンドです。残るのは無念さだけで、次にも基本生きません。

ナンピンはやめましょう!というか、ルールをしっかり決めてエントリーしましょう!それが曖昧だからナンピンするんですという感じですね。

エントリー直後にありえないくらいの逆行

エントリー直後に即逆行。経験ありますよね?

誰かに見られてる?操作されてる?と疑心暗鬼になるような方も多いと思います。

しかし、それは違います。単にそれは「目先の値動きに合わせてエントリーしているだけ。」という計画がないに等しいトレードだから逆行しているだけです。

勝つ為には基本的に「待ち伏せ」しないといけません。

インジケーターでも何でもそれは人それぞれいいと思うんですけど、今のレートがここに来たら買おうとか、ここで反発してこうなったらここまで売ろう。みたいな、基本的には今買ったり売ったりするんじゃなくて、計画的に待ち伏せしてエントリーします。

当然、計画通りの値動きにならなければ見送り、もしくは再度計画を立て直します。

ただ無理に値動きに合わせてトレード計画を都合の良いモノに変化させるとダメです。

一貫性があればいいんですけど、結局目先の値動きに合わせたトレード計画は破滅に導きます。

多くの検証や練習の末に辿り着いた、核となるトレードルールに基づいて淡々とできる所をトレードして、できないところは見送るだけです。

で、その結果月にこれだけのお金が残りました。やったー。です。

一つひとつのトレードを厳選して、「これだ!」って思う所だけやっても、1通貨10トレードくらいは最低でもできると思うので、それだけで月200pipsです。

これだけをいかに安全に獲れるかどうかの方が大事で、結果的に伸びた所を取ってやろうとするのは良くありません。

途中乗りって基本的にルールないですからね。その場で都合よく自分ルールを下位足で作ること多いので、それで今は取れても未来ではボコスコやられることの方が多いです。

インジケーターや何かのラインを過信しすぎて死亡。

フィボの38.2があるから、トレンドラインがあるから、水平線があるから、キリバンがあるから。

で、トレードして失敗した経験ありますよね?

もちろん成功体験も込みであるとは思いますが、それを過信し過ぎて失敗した人は多くいるというか、その失敗込みで成長していかないといけません。

それはあくまで目安や判断材料に使うモノであって、トレードで使えるかどうかは場面にもよります。=絶対ではないという話です。

この相場で戦っているトレーダー全員が、それらのモノを使用している訳ではありません。統計的にそれらが多いとかはあります。

しかし、その使い方や意識する数値もトレーダーによって様々です。トレンドラインにしても、反発を狙うトレーダーもいれば、抜けから入るトレーダもいます。

この観点からしたら、逆行する理由とかもわかりますよね。こっちは反発狙いなのに対して、別のトレーダーは逆の抜けを狙っていたりします。

なので、どちらが優位性があるかどうかというのは、その相場状況によって異なります。

この場面では売りが違うとか、買いが違うとかそういう次元の話ではなくなってきます。

そもそもどこまでを狙ったトレードなのか、どこでのどの値動きで判断してエントリーして、その自分のトレードの勝率。利益率はどのくらいなのかの平均パフォーマンスを算出して初めて成立する話です。

だから、別に仮にそこで負けてもトータル月間プラスでそのトレードのやり方が終わるなら、それは正解です。ただ違うとしたら、その負けを勝ちに常げる為に今までのルールを改変してぐちゃぐちゃにすることが負けです。

その1回の負けうんぬんの話ではないので、変にそこに固執せずにルール通りトレードを淡々と執行できるようになることこそが大事です。

1回の負けが不安になるっていうのは、目先しか見てない証拠でもあります。トレーダーが行うことはただ一つルール通りトレードするコトだけです。

逆張りオンパレード。上位足の向きとか関係なし。

とにかく逆張り。これだけ上がったからもう売ろう。これだけ下がったからもう買おう。

基本、この相場の見方はトレードで飯を食っている人とは逆の発想です。

確かに相場によっては下降や上昇に転換することはありますが、それはサインや証拠が必ず出ます。

なので、もし逆張りをするにしても、それらのサインが出てから行動すれば十分に間に合います。

頭から取って大勝ちしてやろう。なんて考えると大抵結果は散々です。それってそもそも1回で爆益取ることしか考えてないので、口座破綻コースです。

というのも取れるであろう利幅のことしか目に向いていないケースが多いので、結果逃げそこなって爆損で終わります。

で、その後の自分の思った方向性に行く値動きを見落として、「あー。」ってなるみたいな。

逆張り全部が悪ではありません。上位足の順張り方向への下位足の逆張りは問題ありません。

しかし、上位足逆張りの下位足順張りは、それ逆張りなのでダメです。基本は大きな方向性への値動きに下位足が勝つことはありません。

日足以上はもちろんのこと、4時間、1時間の大きな方向性への値動きに相場は従って動き、転換する時に関しても、最低でも1時間足レベルで確認しないと、普通に裏切られます。

もちろん小さい足から派生して大きな波に転換し、上位足へ転移していくのですが、早く入りたい欲に駆られるくらいなら、それは見過ごしてもまた入れますし、月間40トレードとかスキャル的なことしなくてもいいとは思いますけど、個人の自由です。

大きなロットで安全に資産を増やしていって、監視時間も短くしたいのか、チャートに張り付いてスーパートレーダーになりたいのかは目指すべき所が違います。

なので、そこは自分のやりたいなりたいトレーダー像と相談しながら決めていきましょう。

FXでこんなトレードをしたら口座は溶けません。お金増えます!実践編

2021年2月の半ばポンド円の相場です。

日足の環境認識

日足の環境認識です。

日足は上昇トレンド継続中です。もちろん下降する可能性というのはありますが、それが調整の下降なのか、転換シグナルの下降なのかという判断が必要です。

というか、それだけ決めれば目線はブレません。

買いです。ただ調整の下降が「結果的に」サインに変わる場面はあります。それは起こってから考えればいいだけなので今は買える所でシッカリ買う。

ただ途中乗りなので伸ばさない。これがデイトレーダーの今日の仕事です。これも結果的にもっと伸びる可能性というのはありますが、それはワンポジでは無理というか未来予知でしかないので、とりあえず下がり始める(もちろん基準アリ)所で利食う。これで問題ありません。

4時間足の環境認識

4時間足の環境認識です。

日足と変わらず上昇トレンド継続です。直前は揉んでいますが、買える形、変える場所になったら買うだけです。

そのパターンは一つ、2つだけでも問題ないです。目線がブレていなければ、エントリーですることもブレません。ただもしもの時のリスクも考えないと結果的に上がっても、エントリーが悪い時は反省も必要です。

獲得pipsが多かったりすると、自分のトレードの振り返りも雑になるので注意です。

1時間足の環境認識

1時間足の環境認識です。

前日は夜に動きがありませんでした。で、止まってる。ということは!?

とかでもないんですけど、その前日も朝一でしか買えないんですよね。というか途中乗りなんです。既に。

なので、ここら辺は利確ポイントにになる所でもあるので、買い増すとしたらココという感じの所です。

朝一上げてからの再度買うのは無しかアリかの話だと、見送るべき場所でした。

買ってもいいですけど、それはリスク込みですし、めちゃくちゃ優位性がある所かどうかというのは疑問です。諸々の理由で。なんとかの数字があるからとかそういうのではなく。

ここから転換することだって考える必要はありますからね。ただそれであくまでもサインが出てからの話です。

で、朝8時もしくは9時の初動でエントリーです。ここからが自信を持ってエントリーできるところです。

7時の足は基本調整やフェイクが多いので、ここの見方によっても変わってきます。(目線的なことではなく入りどころが)

5分足の環境認識

最後に5分足の環境認識です。

このひげがぶわーってなってるのは7時のローソク足の所です。ここは正直何もしない方がいいので、買うとしたら右側の矢印部分ですね。

7時の足込みで見ている人は手前。200MAもありますけど、それをエントリーの判断に使うかどうかは人次第です。

トレンドラインを引いて入りましょう。

今日はこの辺で締めます。お疲れ様でした。

↓↓↓FX勉強会やってるよ!↓↓↓

書いている人
seiten

0になるのよりも、自分で1を作れない方が恐怖だと感じFXに挑戦。将来的には専業FXトレーダーになり完全なるノマド生活を満喫したく、勉強会で修行させて頂いております。未来で悔いなく「FXをやり切った。」と言える自分になるべく、ほぼ引きこもり状態で勉強中。おじいちゃんネコと一緒にゆるーく生活しています。趣味はアコギ、お寿司、日本酒がぶ飲み等。

seitenをフォローする
FX手法
seitenをフォローする
milkさんのFX勉強会。
タイトルとURLをコピーしました