FXで勝ちたいなら逆張りは完全に捨てる。逆張りの捨て方を簡単解説

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten
FX手法
  • なんだかもう売れそうだ。
  • なんだかもう買えそうだ。
  • そろそろ売りだろー。

こんな風に逆張りを考えて、死んだ経験FXなら誰もがあると思います。

なのに、それが止められずに自滅・口座破綻を繰り返している人は本気で逆張りは捨てた方がいいです。

「そんなこと言ってもやっちゃうんですよね~。」って人もいると思うので、今日は逆張りの個人的な捨て方を言います。

これで直るかどうかは人次第ですが、少なくとも意識を持って取り組めば何かは変わるはずです。

FXで勝ちたいなら逆張りは完全に捨てる。逆張りの捨て方を簡単解説

エリオットで言えば2波と4波はトレードしない(上位足レベルの)

兎に角エリオットで言えば、2波と4波はトレードしない。これを守ることです。

偶数波はトレンド方向とは逆張り。これを覚えましょう。偶数波は危険。

やってもいいけど、伸ばせないが大前提で、目標が遠い場合は基本スルーです。(期待値上げすぎなトレードです)

エリオット自体をカウントする時は最低でも、4時間足・日足を参考にして、今はどこなのかを把握してください。

それが偶数波の場合は危険。ただエリオットで数えなくても、波のトレンド方向に対しての偶数波は危険という認識でOKです。

実際、それを無理にテキトーに延長して全部が全部エリオットにはめ込もうとするのも危険ですから。

順張り方向へのトレードシナリオを立てて兎に角待つ。

兎に角順張り。上昇トレンドなら押し目買い。下降トレンドなら戻り売り。

上昇トレンドで、売れそうだなって思っても、その下降が崩れる所まで待つ。

下降トレンドで買えそうだなって思っても、その買いが崩れるところまで待つ。

これだけ徹底するだけでも、月間+にたぶん持ってけます。最初の時の余計な損失って、大体こういう所の逆張りになります。(トレード振り返ったら分かります。)

仮に順張りで負けたなら、それは後は

  • エントリーポイントとか、
  • どこまで待つべきだったのか
  • どの形で入るべきだったのか、

そういう所の精査だけで済みます。

ここの逆張りは取れたんじゃないか。なんてことを考えだすと、迷宮に入ります。

買ったり売ったりできるFXですが、それを自ら強制的に絞るという作業の重要性は特に大事です。

それがルールを徹底することの第一歩です。

逆張り認識がないのは負けて当然。今はどこなのか?事前把握必須

今は上昇トレンドなのか、下降トレンドなのか分かりません。

という状態でトレードしているのは、地図もなくアフリカの山奥をうろうろしているようなモンです。普通に死にます。

今は上昇トレンドだから、逆張りの売りは控えよう。こう思えることが大事。

ただ中には、ササって取れる場面も存在しますが、そこは徹底的に無視します。無視できなければ、それは自分が成長できていない、FXを甘く見ている証拠です。

今は波形の中でどの部分をトレードしているのか、そして注意しなければいけないことなどはテンプレで用意しておきます。(自分なりの)

その注意点が分かれば、自分の感情はゼロです。ロボットのように忠実にその作業を行います。

人間これが分かってないと感情のままに必ずトレードします。感情のままに利確もするし、感情のままに損切もします。全部予め決まっているから、結果的にここが取れました。ありがとう御座いますの流れです。

逆張りの波が仮に伸びてもそれはそれ思考。逆張りが取れちゃうのは逆に危険。

トレンド転換する場所も当然ありますので、逆張りだと思っていた波が意外に伸びてトレンドを作り出すこともあります。

でも、最初はそれも捨てます。頭と尻尾はくれてやれです。無理に獲らなくても「あー無駄な損失出さなくてよかった。」とか、「この時までは上昇トレンドだし、買いで負けたならいっか。」と思えた方が次に繋がります。

「この売りはどうやって取れたんだろう。。」は迷路に迷い込みます。

ただ転換点は確かにpips数も大きく稼ぎやすい場所なので、狙えたら狙いますが、無理にルールを改変して狙うくらいなら取れない方がいいです。取りやすい状況、場所、形の時だけ参戦します。

積極的にやるようなところではないという認識が一番大事です。

結局トレードって誰のためにやってるんですか?って話です。自分がお金稼いで幸せになる為にやってるので、マジで他人とかそういうの関係ないです。超自己中でわがままで生きても、自分のお金でやってるFXですから、誰に文句言われる筋合いもありません。

人のお金でやってるなら流石に謝りますけど、自分のお金ですからね。いくら溶かしても自分の責任なので、全て自分に対して責任を持てるようなトレードをしましょう。

謝らなくてもしっかり額面で相場があなたの評価をしてくれますので、謝るくらいなら、その額面見てひーひー泣いて頑張った方が成長する気がします。

FXポンド円の相場で逆張りを捨てて「結果的に」大きく稼ぐ方法

ポンド円の3月前半の相場です。

日足の環境認識

日足の環境認識です。

日足は上昇波継続ですね。日足ではこれから落ちて来るかも知れませんし、さらに上昇するかは不明です。

現時点では上昇波ですので、下位足で買える所・優位性が高い所でエントリーするだけです。

そうならない展開になった時は、その時に考えればいいので、今から色々とイメージするのは良くありません。

今は買いを狙いに行く。それが順張りですから。売りは逆張りです。

4時間足の環境認識

4時間足の環境認識です。

4時間足レベルで分かる大きな戻しがありましたね。しかし、まだ上昇波継続です。この日金曜日なので週跨ぎ前提でポジション持つか、前回1時間足高値付近で決済するかを選んでエントリーしなければいけないような相場でした。

あとここの場面はとにかく5分足レベルで見ないと入りづらいので、下位足のエントリーに慣れている人しか上手に取れなかった気がします。

ただリスクを極力減らす前提での入りどころが重要でした。

1時間足の環境認識

1時間足の環境認識です。

1時間足は、この矢印の所なのですが、入りどころが遅くなるので1時間足の場合は見送りです。

もしくは入りたいなら、5分足のエントリーポイントを探さないといけない場面でした。

この赤丸の部分というのは朝一に上確定の合図的なモノがなったのですが、買いたいけど買えなかったというよくある事実が起きました。

買い目線的なモノは間違っていないと個人的には思いますが、「買えなかった。」「買える場所がなかった。」見送り判断ができるかどうかがキーポイントだったかと思います。

で、翌日に今度は下降波に。しかし、その日の色々な要素込々の場所で今度は買いの形が確定。

まだ日足レベルでは上昇波継続ですから、試しに買えるしリスクも少ない場所なので買えるという判断ができました。

で、この今の画像の場所は兎に角入りづらいですし、見送りでも入れるなら入ってもどっちでもいい相場でした。

ただ目線的にブレるのがよくないので、自分的にみたいな確定音はなんなのか、その勝率だけ分かっていれば結果的に10回中2回それが間違っていても8割成功ですからね。さらに微損だったら尚更もう利益率も高いし勝率も高いので万々歳です。

それは練習で算出したらわかります。練習で、これがブレていえーい伸びた所とれたぜ思考になると、間違いなく今後先リアルでバシバシにシバかれます。

伸びたか伸びてないかは、伸びてから分かることなので、そんなことはどうだっていいと思います。

ではなくて、あなたの思考・確固たるルールで全て利確も全部込みでどの相場でトレードしてもこのパフォーマンスが出せるという自信が大事です。

5分足の環境認識

5分足の環境認識です。

環境認識というか、どこで入ったらいいのかというポイントです。買いたいので。

この辺のどこかで自分が分かる形でエントリーします。無理に伸びた所が正解とはめるのではなく、それが全トレード全練習で毎回同じなのかが大事です。

で、この矢印らへんで仮にエントリーして、どこまでいったら違うのかも事前に決めて、エントリーしないとダメです。

エントリーに集中しすぎて、ボディがお留守になっちゃうパターンよくあるので、まずは守りもある程度というかセットで考えないといけません。

そうすると、「そこまでここ入る必要性ある?」という思考にまでたどり着くので、結果的に勝とうが負けようが気にならなくなります。

取れたとしても、これは美味しくない。という判断も大事ですからね。

週1・2ベストな所やってある程度頑張って伸ばせる所は伸ばす思考したらエントリー回数も減りますし、週1のエントリーでも100pipsとかポン円なら取れます。

その週1超真剣にやって他は「自分は大丈夫です。」とお断りできることもトレーダーとして大事な気がします。

どうせ来月も再来月もそのまた先もおいしい所は必ずありますから。焦らずに頑張りましょう。

それでは今日はこの辺でお疲れ様でした。

↓↓↓FX勉強会やってるよ!↓↓↓

書いている人
seiten

0になるのよりも、自分で1を作れない方が恐怖だと感じFXに挑戦。将来的には専業FXトレーダーになり完全なるノマド生活を満喫したく、勉強会で修行させて頂いております。未来で悔いなく「FXをやり切った。」と言える自分になるべく、ほぼ引きこもり状態で勉強中。おじいちゃんネコと一緒にゆるーく生活しています。趣味はアコギ、お寿司、日本酒がぶ飲み等。

seitenをフォローする
FX手法
seitenをフォローする
milkさんのFX勉強会。
タイトルとURLをコピーしました