FXで買い目線売り目線をコロコロさせない4つの方法

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten
FX手法
  • FXで目線がコロコロします。
  • 買ったら下がるし、売ったら上がります。
  • もう両建てしたほうがいいんじゃないか。。

こんな風に目線がコロコロして何やっても勝てません。みたいな人いるはずです。

目線コロコロをさせない方法はいくつかあります。

今日はこれを決めれば、目線コロコロしないっていう方法をお話します。

ザ・初心者向け。

FXで買い目線売り目線をコロコロさせない方法

波に対しての基準を持つ※ルールは検証で一番自分がズレないし間違えないやり方で。

※めっちゃテキトーに書いてます。

まずは波に対して上昇トレンドか下降トレンドなのかの基準をしっかり持ちます。

ただその為には先に判断が入ります、高値安値が決められないと波書けないし、ずっと「なんとなーく」が続きます。

そりゃなんとなーく上がってるって思ったら、なんとなーくですよ。全部。

ただこんなテキトーに書いても、直前の安値割るまでは、まだ上昇トレンド継続だなとか、でも直前は高値更新できていないから売りだなとかの判断が付くわけじゃないですか。

そうじゃなくて、何で判断するの?って時に、そこが曖昧な答えだと自分のトレードに嘘つくことになるんですよね。絶対に。

自分に嘘つくと、それが当たり前にもなるし、余計に相場で迷子になります。

迷子にならない為の地図として、最低でもここの基準は自分の中で持とうと決めないと、平気で人に左右されるし、平気で目線が変わります。

誰かの正解は自分の正解じゃありません。自分の正解は自分で見つけて、それを言葉にしましょう。

波がわかったら、次は現在の波はどこ?なのかをあてはめる。

で、こういった波がわかったら上昇トレンドなんだけど、直前は下げてるから、戻しだなとか、

戻すならどこまでだろうとか考えるじゃないですか。

または「ここよく見ると高値切り下げが確認できるから、トレンド転換してるな。」とかわかるじゃないですか。

そうなってくると、ここまでは大きく見ると上昇トレンドだけど、デイトレレベルなら売りで取った方が安全とかの判断ができます。

結局、判断が甘いとか曖昧だと、こういう事故に巻き込まれて死にます。

それは「いや、ここはAでしょ。」「いやいや、ここはBでしょ。」議論は不毛ってことです。

それ宗教戦争みたいな話ですから、巻き込まれる時間しんどいです。

俺は仏教、あなたはキリスト教!それぞれの主張がありますから、お互いそれをわかって話せない人は、盲目過ぎるって感じです。

これFXだと、フィボが正しい、トレンドラインの引き方はこうだ!MAはこの使い方しかしないよ?論争みたいな話です。

マジで意味ないんです。その話。時間と体力だけ削られるので、自分ができることで結果が出る方法で進めれば、最終答えと結果が手に入りますから、それでOK。

お互いいいところありますよね。

上位足の現在地が向いている方向にトレードをするのが基本。ただ例外はもちろんあるので注意※

で、基本的には上位足の現在地が向かっている方向にトレードします。

伸ばす伸ばさないはどこの波を取りにいくのかで決まります。

例えば上昇トレンドの中の偶数波は伸ばせません。(逆張りなので)※ただトレンド転換する可能性がある場所では逆転現象が起こるので、そこが裁量ポイントです。

逆に奇数波エリオットでいう、1波、3波、5波は伸ばします。

ただこれが事前にそうなると仮定したり、わかっていないと「なんとなーく」になるじゃないですか。

だから、目線も少しの値動きでコロコロするし、判断が甘くなるんです。

ここでうにゃうにゃしてるから、上に行くか下に行くかわからない。とかだと、そのうにゃうにゃ基準が必要じゃないですか。

どうなったらうにゃうにゃで、どうならなかたらうにゃうにゃじゃないの?って。(後でみればわかるかもですが、それは事前に判断基準がないと無駄エントリーします)

例えば、時間調整の横軸で見るにしても、見たことも過去に遡れば分かると思うんですけど。ポン円ならワントップワンボトムで爆上げっていくらでもあるじゃないですか。

じゃあ、そこ取れないですよね?って話にもなります。ようは、そういった部分に関しては、「方向」さえ間違っていなければ、取れるんです。

仮にもう一度調整で下げようが上げようが、「方向」が合っていれば、入り直せるんです。(チャンスはまだある)

例外的なことも学ばないと、それいつ当てはめるの?ってことありますからね。さー大変。

それだけで1カ月基準を持ってトレードする→結果が出る→納得。

こういった基準を持ってトレードするだけです。1カ月でいいです。

結果見ましょう。いままでなんの基準もなくエントリーを繰り返していたトレードが、不思議。変化します。

良くも悪くも変わります。もしかしたら結果的にはトントンとか、負け越しでもダメな所が洗い出されます。

もうそれ直すだけです。

そうじゃないと、来月も再来月も基準がないトレードを繰り返して「もっと努力します!」とか「練習量が足りないんだ、、、」みたいな話になると思うんですよね。

もちろん努力も練習も必要ですけど、意味のないコトを何万回繰り返しても意味はないんです。

その意味があるかないかを自分で判断できずに、人の意見を鵜呑みにして、とりあえずやってみるは恐怖です。

とりあえずやる前に、色々決めないと見切り発車で余計時間かかります。

その軸をまずは見つけて、それから練習する確認するを繰り返す。一気にたくさんできないですから、一つの基準で見て、入れるところはいれないところ、先月だけでもいいので出す。

エントリーの箇所、トリガーは何?(確定足?MA抜け?切り上げ切り下げ?何分足の?損切は?利確は?)全部曖昧な所は残さない。抜けが出たら終わりです。

FXで買い目線売り目線をコロコロさせずに勝つ方法

2020年7月後半のポンド円です。

日足の環境認識

日足の環境認識です。

とりあえずざーっと目視で高値安値に線引っ張っただけです。これ。

1つの波で判断できる訳がないので、それは色々な判断を使います。

実際チャートの左側かわトレンドは続いていますから。

ただ直前だけ見ても今は上か下かの基準が線をただ引っ張るだけでも見えてきます。

で、ここで「いやーここは波に数えませんよ。」「これは波にカウントしないと!」論争は不毛です。

要するに、そこは定義と基準がどこにあるのかの話なんで。

ただ例えば、こんな波を見ている人がいたら、今は上か下かでいうと大きくは「上を見ている」ということになります。

直前までは青の大きい波で下を目指していたのが、下の波で転換が出たので、青の波の下が上に変わった。

それだけのことです。

ただ赤の小さな波を見ていると下を向いている=戻しなので、そこがどこまで戻ってくるか見る。それだけです。

そこにフィボ使おうが、トレンドライン使おうが自由にしてください。信用できる方法でどうぞ。

4時間足の環境認識

4時間足も同じです。

今は「上」向いてるんです。そんなあれもこれもひっぱり出しても使えないので。

この上の波形が崩されるなら、パターンは二つです。直前の青の高値を抜けずに切り下げてくる転換の形か。

直前に付けた青のワンサイズ大きな波の安値を割るかのパターンです。

ただそれはそうならないとわからないことなので、現在の事実確認です。上向いてますよね。

全体的にとかじゃなくて、もーっと細かく分けてみても↑なんです。

ただ、これが買えない時は1時間足以下で買える形にならなかったり、他の優位性がないパターンが発生する時です。

その時は見送りでOK。負けなくておめでとうです。

1時間足の環境認識

1時間足です。

1時間足はこの青の大きな波だけ見ても、直前1つ前の安値から、方向は上になってるんです。

なので、この安値抜かないと、下方向の流れになりません。

で、下の波では安値を付けた高値を切り上げて転換のパターンですよね。ググればいくらでも出てくる奴。珍しくもなんともありません。特殊なものでもない。

ただこれで上げない時もあります。確定じゃありません。

まずはこれが、どこの場所で切り上げたり、そういった値動きがどこの場所で出るのか、損切位置がどこなのか、目標はどこなのか、そういったことによってエントリーできるかできないかの最終判断を行います。

結果的なことはどうでもいいんです。その前に全部決められていないと、途中だと判断できなくなるので。初心者の人は。初心者じゃなくても、決めた方がいいですけどね。

5分足の環境認識

5分足はトレンドラインを引いて入りましょう。

今日はこの辺でお疲れ様でした。

↓↓↓FX勉強会やってるよ!↓↓↓

書いている人
seiten

0になるのよりも、自分で1を作れない方が恐怖だと感じFXに挑戦。将来的には専業FXトレーダーになり完全なるノマド生活を満喫したく、勉強会で修行させて頂いております。未来で悔いなく「FXをやり切った。」と言える自分になるべく、ほぼ引きこもり状態で勉強中。おじいちゃんネコと一緒にゆるーく生活しています。趣味はアコギ、お寿司、日本酒がぶ飲み等。

seitenをフォローする
FX手法
seitenをフォローする
milkさんのFX勉強会。
タイトルとURLをコピーしました