FX初心者・ダラダラモタモタする人間に逆張りは危険!おとなしくトレンドに乗りなさい。

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten
FX手法

FX初心者が逆張りを狙うと負ける理由

FXの逆張りは難易度が高い=リスクが高い

FXの相場というのは『簡単な相場』と『難しい相場』が交互に訪れます。

特にFX初心者であれば、簡単な相場よりも難しい(と感じる)相場の割合の方が多くなると思います。

FXでお金を儲けたいのであれば『簡単な相場だけ』手を出すことで達成することができます。

簡単な相場であれば自信を持ってエントリーできるので『ビビッて建値決済』とか『チキン利食い』とかしなくなりますし、勝率も高くなります。

それでは、逆張りは簡単な相場と難しい相場、どちらなのか。

もちろん難しい相場に入りますね。

逆に簡単な相場というのは、自分の手法にカッチリハマった相場とかトレンド相場がそれにあたります。

2021年2月23日現在のポンド円は、とても強い上昇トレンドです。

適当なポイントで買っても、下手に損切りをしなければ利益になる相場状況です。

「毎日FXトレードをしたい」とか「勝ちたい」という欲は良くない、というのも上記の内容に繋がります。

例えばこの相場。

もみ合っていて、このチャートだけでは買いと売りどちらが有利なのか分かりません。

このような相場は難しい相場の部類に入ります。

才能のあるFXトレーダーであれば、下からも上からも取ることができるのかもしれません。

しかし、大半のFXトレーダーは、決まってこのような相場でやらかします。

たまたま下からも上からも取って気持ち良くなる日もあるかもしれませんが、大体は逆に往復ビンタを食らって死にたくなる日が大半のはずです。

それは目線が固定できない(よく分からない)相場だからですよね。

毎日○○pipsは獲得したい!1日1回はFXトレードしたい!という欲があると、このような難しい相場でも手を出すようになります。

後で振り返れば、手を出すべきではない相場だったということは分かります。

しかし、欲で目が曇った状態のままリアルタイムでチャートを監視していると、手を出すべきではないポイントまでチャンスに見えてきてしまいます。

【ハイリスクローリターン】FX、逆張りの正解は一つしかない

FXで逆張りが難しくリスクが高くなる要因がこれです。

逆張りの正解は『一つだけ』なんです。

しかも、相場の流れとは逆のFXトレードになるので、利益も伸ばすことは難しいです。

さらに、正解の一つを外した(失敗した)場合はとんでもない損失になります。

ハイリスクローリターン。

例えばこの相場で売りを狙う余地はあるでしょうか?

いつまでも上昇が続くことはないので、いつかは下降してくるでしょう。

しかし、それがいつなのかは分からないですし、正解(頂点)は一つしかありません。

逆に、この相場での買い(順張り)であれば正解はいくつもあります。

極端に言えば、上がった先っぽで買ってしまっても利益になります(笑)

ローリスクハイリターンですよね。

FX初心者が逆張りを狙ってしまう心理

逆張りを全否定しているのではありません。

常勝FXトレーダーが正しいチャート分析をして、計画的に逆張りを狙うのであれば全く問題がないと考えます。

FX初心者やまだ勝てていないFXトレーダーが逆張りを狙ってしまう根底には、よくない考え(FXに取り組む姿勢)があるように思います。

逆張りを狙うということは、その時の相場は上昇、もしくは下降トレンドということですよね。

勝てないFXトレーダーは、素直にこのトレンドに乗っていけないから逆張りを狙うケースが多々あります。

極論ですが、何も考えずにトレンドと同方向に乗っていけば、どこでエントリーしても放っておけば勝てます。

それを「フィボナッチの○○があるから…」とか「トレンドラインがあるから…」とか、何かしらの理由をつけてエントリーできないんですね。

もちろん、何もないところで逆張りを狙うFXトレーダーはいません(いないですよね?)。

フィボナッチの数値やトレンドラインに達した時、もしくはその他のインジケーターの何かしらのサインがあった時に逆張りを狙おうと考えると思います。

常勝FXトレーダーも同じです。

感覚的なものだけに頼って逆張りをしているのではなく、フィボナッチ等のインジケーターも参考にして逆張りを狙っています。

それは値動きありきの逆張りであって、チャート分析の結果、勝率が高いと思われるポイントだけ狙っています。

しかし、FXで勝てないトレーダーは、最も大事な値動きを蔑ろにしてインジケーター等を重要視してしまう。

エントリーするべきポイントで二の足を踏んでエントリーできない。

それに反して相場はグイグイと伸びていく。

焦る。不安になる。

苦肉の策で、逆張りを狙う。

やっとこさ微益を取って喜ぶ。

もしくは大損をぶっこいて「やっぱり逆張りはダメでした」と反省?をする。

反省するところは“そこ”なのでしょうか。

そうではなく、どうすればトレンドに乗れたのか?なぜトレンドに乗れなかったのか?ということをしっかりと振り返り、未来の相場に活かすことが重要です。

【こういうFXトレードでは勝てない】ダラダラモタモタする人間に逆張りは無理。おとなしくトレンドに乗っとけ。

私自身のことなのですが…。

2021年2月〇〇日、実際の私のFXトレード。

この日に売るのであれば、この1点のみ。

このFXトレードでは、エントリーが遅いんですよね。

FXで逆張りを狙う場合の基本は、「ダラダラモタモタしない」です。

サッサとエントリーして、さっさと利確します。

逆張りの途中乗りは危ない。

1回のFXトレードで最低でも20pipsは取りたいです。

また、逆張りなので長々と保有するのではなく短期決戦で臨みたいところです(リスクが高くなる)。

しかし、このFXトレードでは全く逆のことをしています。

下がり始めたところで、ようやくダラダラモタモタとエントリー。

結局、短期決戦では20pipsに到達せず、長々と保有し上下に振られてしんどい思いをすることに。

私のようにダラダラモタモタしている人間には、逆張りは止めたほうがいいです。

今回はたまたま助かりましたが、今回のようなFXトレードを続けているといずれ痛い目を見る日が来ます。

1時間足を見てみるとよくわかりますが、全体的には強い上昇トレンドです。

そういうFXトレーダーは、起用に売りも買いも狙うのではなくまずはトレンドに乗ったトレードを徹底します。

FXで逆張りを狙うならこんな相場

FX初心者の逆張りは危険なのですが、もちろん高勝率で勝てる逆張りポイントもあります。

2021年1月15日のポンド円。

ここでの売りは逆張りですが、高勝率で勝てるポイントです。

実際に、具体的なチャート分析を紹介します。

4時間足

まずは4時間足を分析します。

上下に振られてはいますが、全体的には上昇トレンドです。

高値を更新しながら上昇しています。

値動きだけを見ると押し目から買っていく相場に思えますが、どこを目指しているのか?ということを知りたいところです。

少し視野を広くして、トレンドの起点と思われる山にフィボナッチエクスパンション(FE)を当てます。

すると、FE161.8ピッタリで上昇が止まっていることが分かります。

大局的には押し目からの買いを狙う相場。

しかし、短期的には押し目を形成するための下降を狙えるかもしれない。ということが考えられそうです。

1時間足

1時間足も4時間足同様に上昇トレンドですね。

こちらも基本的には押し目買いを狙う相場状況です。

直前の値動きを見ると、何やら上方に抵抗帯があるようです。

いくら上昇が強いからといって、上昇が止まったところですぐさま買いを狙うのはリスクが高いです。

この時点で買いを考えるのであれば、200MAくらいまでは待ちたいです。

また、なぜ止まったのかを知りたい。

ということで、1時間足レベルのトレンドの起点と思われる山にFEを当てます。

すると、こちらもFE161.8ピッタリで止まっていることが分かります。

しかも、いい感じのトレンドラインも引くことができます。

4時間足、1時間足ともに上方に抵抗があり、一時的に下降するのであればここからではないのか?という分析ができそうです。

5分足

最後に5分足を分析します。

5分足では、より明確に抵抗帯に押さえつけられていることが分かります。

すぐさま売り!と手を出してしまうのではなく、しっかりと上昇しないことを確かめてから売りたいと考えます。

トレンドラインが引けるので、そこでどのような値動きになっているのかを見ます。

相場様の大好きな『三度目の正直』がありますね。

しかも等間隔で形成されています。

さらに、小さな『三度目の正直』まで重なっています。

早ければここで売っても全く問題ないです。

もしくは、上記のエントリーポイントから逆行したけれども上抜けられない値動きを見てエントリーしてもいいです。

利確は適当でいいのですが、逆張りなので直近安値くらいで利確してもいいと思います。

今回は伸びていってくれたので、1時間足の200MAくらいを目安にしばらく保有してもいいかもしれません。

↓↓↓FX勉強会やってるよ!↓↓↓

書いている人
はじめ

経済的・時間的自由が欲しくて専業FXトレーダーを目指して学習しています。FXの才能がなく不器用なので、初月はマイナス300pips、次月もマイナス200pipsのどん底からスタート。その後もしばらくは鳴かず飛ばずの状態が続きました。そんな感じで紆余曲折ありましたが、それでもFXの学習を諦めずに続けたことで2019年にはリアルトレードで資金2倍を達成できました。

はじめをフォローする
FX手法
はじめをフォローする
milkさんのFX勉強会。
タイトルとURLをコピーしました