FX上達したいなら「深い海まで見ろ」これが最短ルート

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten
FX学習法

FXでトレードする全ての人が思う事。

FXでお金を稼ぎたい。

お金を稼げるようになるためには初心者を脱してプロになる必要があります。

初心者がプロになる為には上達するしかない。

自身で何もせずに誰かが勝手に上達させてくれるなんてのはファンタジー。

自分で自分を上達させる以外に方法はありません。

ではどうしたら上達できるのかのヒントを今回お話しします。

意外とこれが最短ルールかもしれません

キーワードは「深い海を見てこそ分かることがある」。

FX上達したいなら疑問から派生させる

疑問を持つことはとても大切。

何に対して疑問を持っているのか。

その疑問に対して自分はどうしたのか。

これをループさせる。

上達したい人が持つべき疑問とは

なぜ疑問になるのか。

それはその人がその問いに対して答えた分からないから疑問になるんですよね。

FXの初心者や素人というのは基本的にすべてに対して疑問なわけですよ。

何から始めればいいのか。

何を勉強したらいいのか。

どうやって勉強したらいいのか。

この疑問に対しての答えは明確です。

プロのトレーダーにお願いしてFXを教えてもらう事。

これだけ。

晴れてプロトレーダーにFXを教えてもらえることになったとしても疑問はある。

手法にあるツールの使い方は正しいのか。

手法を理解出来ているだろうか。

環境認識はあっているだろうか。

エントリータイミングはどうだろうか。

値動きの意味の考え方はあっているだろうか。

これらはそれぞれ一つじゃない。

いくつもある。

もう疑問が盛沢山。

これでいい。

先生から教わったことのみに対しての疑問

訳のわからない余計な教わったこと以外に対しての疑問は要らない

こういった疑問をしっかりと把握しておくこと。

疑問があればある程あなたを上達させてくれる為の種となる。

上達したい人がやるべき疑問の対処

疑問を持ったらその疑問を解消しなければいけません。

疑問を疑問のままでほったらかしにしていては何も意味が無い。

何の解決にもなっていない。

ひとつの疑問をほったらかして次に進もうとするとその疑問は別の形でまた帰ってくる。

絶対に帰ってくる。

そうなるとまたそこで止まることになる。

しかも疑問というのは盛沢山なんですよね。

これらすべての疑問を解消してようやくFXで上達出来るようになっていく。

まずは疑問をほったらかしにしない事。

ではどう疑問に対して対処するのか。

それは何でも良いです。

例えばフィボナッチリトレースメントの使い方が自分で当てたもので正しいのかを知りたければ、先生の解説動画やyoutube動画などで何に対してどう当てていたのかを復習してみる。

どういう意味合いで当てていたのか。

それでもまだ疑問が解消されない。

じゃあどうするか。

FX勉強会であれば座談会など参加者さんに質問できる機会があります。

そこで先輩トレーダーや勝てているトレーダーに直接疑問を投げかける。

もちろん何も考えずに投げかけるというのは駄目。

まず自分でどう当てたのかの経緯を話して、それについて指摘を貰う。

ここはこうこうこういう理由でこう考えた方がしっくりくるんじゃないですかねーとか。

それでもまだ疑問が解消されない。

1回で解消されないなら、別の機会に何回でも投げかけてみる。

当然解消されるまで。

独学で1人で考えてもなかなか答えというのは出ない。

自分一人の思考しか無いから。

本当にFXで上達したいのであれば何振り構わず自分の上達の為に手段は選んではいけない

使えるものはとにかく使う

当然礼節を持って

上達したい人が考えない事

これは先日のオフ会で実際にFXで勝たれている方にお伺いした内容。

○○さんが勝てるようになった理由はなんですか?と。

それの答えはすべてに対して疑問を持って疑問を解消すること

だと私はお話を聞いて思いました。

実際に疑問に対して積極的に自身で行動して解消しに行ったことということもお伺いしました。

この積極性はどこからくるのか。

それは単純に「FXでもっと上達したいから」。

そこにはプライドとか間違っていることを指摘されたら恥ずかしいという多くの人が真っ先に考えそうな躊躇が無い。

とにかく行動する。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

正にその通り。

1歩っていうのはとても大切。

1歩踏み出すことというのが一番重い。

一番重い1歩を踏み出してしまえばあとは足取りが軽くなって2歩3歩100歩と進んでいく。

とりあえず何も考えずに踏み出してみよう

FXで上達したいなら具体的な疑問を持つ

ではここからFXで上達するための疑問を具体的に例をあげてお話しします。

フィボナッチリトレースメントを上達したい

先生のyoutube動画を見ている方であればまずは勝てるFXツールとして考えるのはもちろんフィボナッチリトレースメントでしょう。

では下の1時間足チャートでどこかにフィボナッチリトレースメントを当てるとしたらどこに当てますか?

現在地は2021年2月4日。

相場状況としては強い上昇。

強い上昇というとは押し目からの買いを考えたい。

押し目からの買いを考える時に押し戻しを計るツールがフィボナッチリトレースメント。

どこに当てれば良いんだろう。

こればっかりは1時間足だけを見ていても分からない。

視野を広げてましょう。

4時間足

全体が分かるように縮小して表示させてみました。

4時間足でも分かるように明らかな上昇相場。

ということは押し目から買いたいですよね。

ではそれまでの値動きの経緯から考えてどこが押し目になりそうなのかを考えます。

まずは現在の上昇起点になっている所にフィボナッチエクスパンションを使ってみます。

山があったらフィボナッチエクスパンションですから。

そうすると上昇FE161.8%を超えている強い上昇であることが分かります。

FE161.8%というのは相場によく効くので、そこまで辿り着いた時にはとりあえず何もしない。

どうなるかを見る。

でそのFE161.8%にはもうひとつ先生がいつもyoutube動画などでも仰られている気になる点がありますね。

「前回落ちたレートは次も落ちやすい」。

それが今回はFE161.8%付近で重なる位置にある。

ということはその付近では上昇相場でありながら尚さら安易に買ってはいけない。

でもそこからは下降せずに上抜けて行きましたというのが現在地なわけです。

下降しそうな所で下降せずに上昇したということは買いの力が強い。

じゃあどこにフィボナッチリトレースメントを使いますか?

再度1時間足

意味のある所から下降せずに上昇が継続した。

ということは意味のある所から下降せずに上昇した起点に対してフィボナッチリトレースメントを使えばいいんじゃないか。

そうすると現在地というのは押し目として意味のあるFR38.2%ということになります。

上位足の環境認識を踏まえた上で値動きの意味としてここから意味のある上昇になっている。

じゃあそこからフィボナッチリトレースメントを使ってみよう。

という流れ。

本来であれば上昇した本当の起点からフィボナッチリトレースメントを使うのが基本ですが、それだとデイトレードである5分足のエントリータイミングを掴むために参考にならない。

でも何かしらの目安が欲しい。

で参考程度に使ってみる。

上達したい人が考えるべき事

フィボナッチリトレースメント、フィボナッチエクスパンションなどなど。

FXでトレードをする上で上達したい人が考えるべきことはこれらのツールの数値でも何でもない。

そこでの値動きやそれからの値動き。

どういう経緯でどういう値動きになったのか。

値動きの意味を考える。

それに対してツールを使ってみる。

本当に上達したいと思うならこれが一番早いと思います。

FXで上達したいなら「すべてを見る」

FXで上達したいなら疑問を持って解消する。

一つや二つでは無くすべて。

すべての疑問を解消する。

これしか方法は無い。

浅い海ばかりを見て青い海は綺麗だよねーと言われても説得力が無い。

だって深い海を見てないから。

深い海を見れば本当の青い海がある。

その本当の青い海を見た上で私は浅い海の青が綺麗だと思いますなら説得力がある。

現時点ではすべてでは無いにしてもある程度の深さを見て考えて解消してきた人には言葉に落ち度が無い。

隙が無い。

こうなれたら本当にFXで上達したと言えるのかもしれません。

疑問を持って積極的にすべてを解消しに行く

だってもっとFXで上達したいから

さあ今日もFXの学習頑張りましょうね!

↓↓↓FX勉強会やってるよ!↓↓↓

書いている人
ぐっぴー

人に左右されずに自分自身のみを高める努力することで時間や経済的な自由さを掴み取れるFX。私に出来ることは諦めずに日々絶やさず学習を継続することのみ。目標まで何年掛かろうともやり遂げる覚悟で挑み中です。自分自身を追い込むことは結構好きなので実は楽しんでやっています。1人でいる時間が好きでお酒を飲みながらボーっとするのが唯一の趣味。

ぐっぴーをフォローする
FX学習法
ぐっぴーをフォローする
milkさんのFX勉強会。
タイトルとURLをコピーしました