FX初心者の環境認識はコレだけでOK!複雑に考えると余計負けやすくなる件

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten
FX手法
  • 今買えばいいのか売ればいいのか分かりません。
  • 上がってるようにも見えるし下がってるようにも見える。
  • 環境認識ってどうやるの?

初心者の人はこんな感じで悩むことが多いです。

ただ複雑に考えてもよくないので、今日はシンプルにこれだけやりましょう!という具体的な方法を提示します。

環境認識を複雑にし過ぎていたり、何から手を付ければいいのか分からない人はこれだけとりあえずやれば環境認識はできます。

FX初心者の環境認識はコレだけでOK!ポイントまとめ

環境認識はエントリータイミングを計る時間足の一つか二つ上で行う

まず環境認識はエントリータイミングを計る足の一つか二つ上の足でしてください。

  • 5分足なら1時間、4時間
  • 15分足なら4時間、日足
  • 1時間足なら日足、週足

とかです。あくまでも「環境認識」なので、今の環境を認識したいだけです。

なので、エントリータイミングを計る足を見ても仕方がないので、上位時間足を見て確認しましょう。

今が”伸びる波”(推進波)なのか”伸びる前の波”(調整波)なのか見定める

その次は、今が伸びる波なのか、伸びる前の波なのか見ます。

名前は色々あると思うので、それはどう呼んでも覚えられるなら自由だと思います。

ドーンでもぐにゃぐにゃぐにゃでも、自分が覚えやすいならそうしてください。

ただ覚えやすいなら固有名詞付けて呼んだ方がいいと思うので、そこは工夫します。

波形はこの繰り返しなので、それが分かっているかいないかだと雲泥の違いです。

綺麗に伸びている波が推進波の認識※呼び方はなんでもいい

綺麗にトレンドが出ている波があれば、推進波です。

綺麗に誰もが見て上昇しているのであれば、それは伸びる波です。

推進波とは逆方向に動いている波が調整波(値動きが汚い)※呼び方はなんでもいい

それとは逆方向に進んでいて、波自体が汚い時あると思います。

その時は、伸びる前の波の調整の波になります。名前は何でもいいと思いますけど、覚えやすい名前で記憶しましょう。

分類分けしたいだけの話なので、無理にわかりにくい覚え方をする意味はありません。

考えることはシンプル。3つの中のどれかに当てはめる。3択。

  • 上がり続けていれば買う場所を考える。
  • 下がり続けていれば売る場所を考える。
  • 方向感がない、又はわからない場合は手を出さない。

コレだけです。

考えることはこれ以外ないです。勝ててる人は、こんなモノみても意味ないので、早くブラウザバックした方がいいです。

ただ今勝てていない人は、

  • えっと、ここにFR38.2もあって、トレンドラインも引けて
  • よくよくFRのあて方を変えると、ここには61.8もあってエクスパンションの161.8も重なって、、
  • だらだら上昇しているようにも見えるんだけど、上ではもぞもぞして今にも落ちるかも知れないし落ちないかも知れなくて、、、

もうなんか自分で疲れません?その環境認識。

毎日やってたら、耳から脳汁出そうです。なので、極力シンプルにします。

今は上がってるようにも見えるし、下がってるようにも見えますよ?って時は方向感ないんです。

手を今は出さなければいいだけです。

上がり続けていても、買うんじゃなくて買う場所を考えるんです。今すぐどうこうの話じゃなくて。

で、最終的に買う場所に来てもエントリー足で買えるパターン・形にならなければ買えないですからね。(※5分足だったらいくらでも転換の形は見つかるから注意)

買いたかったけど、そうならなかった、ハイ終了です。そういう時なんて腐るほどあると思いますよ。

環境認識は「単なる環境の認識。」複雑に考えない。

環境認識は環境認識でしかありません。

私たちは神様じゃないので、1分とか5分先の値動きでも当てることなんて基本はできません。

ただ大きく今現在の相場状況がどっちに動きやすいのか正しく認識できていればいいだけです。

それが、

  • 上がり続けているのか。
  • 下がり続けているのか。
  • 方向感がないのか。

の3択です。

今現在のチャートを見て、大きな方向感さえ分かれば、あとはシナリオを組み立てるだけです。

ここに来たらこうやって、このパターンが出たら買うとか。

ここまで戻してきて、このパターンが出たら売るとか。逆にここまで戻さないなら入らないとか。

その辺りはエントリーの問題なので、失敗したらそれは自分の財産なのでしっかり見て、何がいけなかったのか反省しましょう。

FXシンプル環境認識を使った環境認識※来週に備えて

2021年6月後半のポンド円です。

日足の環境認識

日足の環境認識です。

簡単な環境認識通り当てはめましょう。

  • 上がり続けているのか。
  • 下がり続けているのか。
  • 方向感がないのか。

どれでしょう。上がり続けていますね。なので、買い場を探した方が有利な相場ってことです。

直前は大きく下降していますが、買い場を探した方が勝てる確率は高いってことです。

青は売りが入りやすい場所、赤は買い圧力が入りやすい場所。

そこを抜けるのか、止められるのか、抜けてから形が出るのかなど、その辺りは検証で「これは入れるんだー。」など自分の軸を見つけましょう。

全体的にはまだまだ買いです。ただ現在は伸びる波とは逆方向の波が出ています。(下降波継続中)

なので、しっかりその反発がどこで起きるのかを見定めましょう。

もっと言えば、売るラインも抜けているので、買い圧力が強いとも言えます。

で、直前の上昇に対して、現レートまで落ちてきた下げは綺麗でしょうか汚いでしょうか。

汚いと思うなら、そういうことです。ただ買うにしてもパターン確認は必須です。

波形の直前の波が切り替わっただけでは根拠としては浅いので、それ以外の優位性をもう一つくらい見つけた方が負けにくいです。

4時間足の環境認識

4時間足の環境認識です。

4時間足だと、方向感無しですね。直前は下降波継続ですが、全体的には上昇の押し目とも取れます。

ただ基本上位足であればあれほど、その方向への力は強いので日足の方向感を優先します。

現在値は丁度反発ポイント付近でレートが止まっているので、エントリー足で転換の形、パターンが出れば買いたいポイントでもあります。

ただそうならなければ、もう一段下の反発ポイントまで下げてきます。

一度上昇して、青ライン付近で再度止められて下降のパターンもありますけど、結局はそこまでの値幅を取れたら、あとは優位性がある所から入ったら抜ければラッキー。

抜けなければ、またその後の買いシナリオを立て直す方がいいです。

現在は直前の日足レベルでは下降波継続なので、買いだと逆張りなんですけど、もし買いをするなら転換狙いなので、それは上位レベルの順張りなので狙いに行きたいポイントです。

ただ青ライン付近での売りは到達したら逆張りなので注意が必要です。

※そこまでレートが上げたら意味合いが変わってくる。

1時間足の環境認識

1時間足の環境認識です。

1時間足は現在は汚い波ですね。ただ買えるパターンにならなければ、これがズルズル継続していくので注意です。

買うにしても、どの優位性を取るのかによってトレードは変わってきますので。

個人的には前日安値を割ってから、真ん中の赤ライン付近でパターンが出て欲しいとおもっています。※希望ですけど、そうならなかったらスルー。

ローソク足の形状で入れなければ、その上昇を見送って、小さい波形の1時間の3波ができるなら入ります。

とりあえず来週はいい感じになりそうなので楽しみです。

今日はこの辺でお疲れ様でした。

↓↓↓FX勉強会やってるよ!↓↓↓

書いている人
seiten

0になるのよりも、自分で1を作れない方が恐怖だと感じFXに挑戦。将来的には専業FXトレーダーになり完全なるノマド生活を満喫したく、勉強会で修行させて頂いております。未来で悔いなく「FXをやり切った。」と言える自分になるべく、ほぼ引きこもり状態で勉強中。おじいちゃんネコと一緒にゆるーく生活しています。趣味はアコギ、お寿司、日本酒がぶ飲み等。

seitenをフォローする
FX手法
seitenをフォローする
milkさんのFX勉強会。
タイトルとURLをコピーしました