milkさんのFX勉強会。

学習者のFXブログ

FXトレンドの見方「1時間足と何があるのか」超簡単勝てる思考法

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten

f:id:gupio317:20201209151351j:plain

FXトレードで勝つためにはまず「トレンドフォロー」。

王道の順張り。

初心者であればまず相場の自然な流れに乗ることを覚える事が最優先。

ではトレンドはどうみればいいのか。

今回はトレンドの見方を誰にでも分かる簡単な方法でお話します。

キーワードは「以上でも以下でも無い」。

FXトレンドの見方で抑えるべき3つ

f:id:gupio317:20201209151537j:plain

まず前提としてトレードスタンスとしてはデイトレード。

4時間足、1時間足で環境認識をして5分足でエントリータイミングを計る。

これを基本としてトレンドの見方で抑えるべき3つをお話します。

トレンドとは

f:id:gupio317:20201209151639j:plain

相場には大きく分けて上昇トレンド、下降トレンド、レンジの3つの状況があります。

ではトレンドとは何なのか。

上昇でも下降でも1方向に向かっていく値動き

その方向に向かってトレードをすることがトレンドフォロー。

単純にはこれだけなんですが、これが難しい。

FXにはいくつもの時間足があるのが原因。

4時間足、1時間足共に上昇トレンドであるならば分かりやすい。

押し目を待って5分足でタイミングを取って買っていけばいいだけなので。

ただ4時間足は下降トレンド、1時間足では上昇トレンドなんてこともよくある。

ここがトレンドの難しさ。

じゃあどのトレンドに乗って行けばいいんですかって。

トレンドの見方①シンプルに1時間足

f:id:gupio317:20201209152828j:plain

前提でお話した通り4時間足と1時間足で環境認識をして5分足でタイミングを取るんですが、4時間足と1時間足のどっちを優先的に見るのか。

それはデイトレードの相性の問題

4時間足と5分足では時間軸に差異が結構あるので相性が悪い。

なので1時間足の流れに沿って5分足でトレードする

これは先生がお仰られていることでもあるんですが、1時間足と5分足だけでもFXは勝てる

ということはシンプルに1時間足のトレンドを把握すれば良いと考えるのが妥当なんじゃないかと思います。

1時間足で上昇なのであれば押し目買い。

1時間足で下降なのであれば戻り売り。

4時間足はこうで1時間足はこうでと多くの事を複雑に考えすぎても最初は上手くいかない事が多いと思いますので、まずはシンプルに1時間足での流れに乗って行きましょう。

トレンドの見方②高安値切り上げ(切り下げ)

f:id:gupio317:20201209153228j:plain

トレンドというのは実際の値動きとしてどうなっている状態のことなのかと言うとシンプルに高安値が切り上がっているか切り下がっているかということだと思います。

高安値が切り上がっているのであれば上昇が強くて下げられずに波を作ってどんどん上昇していく値動きなのでもちろん押し目買い。

戻り売りなのであれば逆。

もし直線的に強く下降(上昇)したとしてその後に高安値を割っていかないのであればまだトレンドは発生していないと考えます。

あくまで1時間足視点でどうかということ。

もし1時間足である程度小さな波でも高安値を切り上げ(切り下げ)ているのであればトレンドが発生している

その分かりやすい高安値切り上げ(切り下げ)を待ってからトレンドに乗って行くというので決して遅くは無い。

トレンドの根っこを取っていくのは難易度が高いので、誰にでも分かる状態になってからの方が簡単ですからね。

トレンドの見方③意味のある所は注意をする

f:id:gupio317:20201209153722j:plain

FX相場には意味のある所があります。

例えばフィボナッチリトレースメントやフィボナッチエクスパンションなど。

これらが誰にでも認識出来る分かりやすいものであればある程意味がある。

これはトレンドを追っていく際に必ず注意しなければいけません。

なぜ注意しなければいけないのか。

単純にレートが反応しやすいから。

意味のある所まで来ているのにトレンドだからと乗って行くともちろんその付近ではレートが反応しやすいので逆行したりする。

当然反応せずにスルッと抜けて行くことはありますが、それは結果論であり危ないケースの方が多い。

トレンドが出た際に押し目戻り目からトレードする時は事前にそこには何が有るのかをチェックしておきましょう。

FXトレンドの見方を相場解説

f:id:gupio317:20201209154741j:plain

FXトレンドの見方を実際の相場で確認して行きましょう。

2020年9月25日~10月9日付近のポンド円。

f:id:gupio317:20201209154830j:plain

1時間足のトレンドはどっち?

f:id:gupio317:20201209154938j:plain

この付近のエリアを全体的に見ると誰がどう見えても上昇トレンド。

高安値を切り上げて上昇している。

これは結果論なので誰にでも分かります。

では実際に順を追って考えるとどうなるのかを考えないと実際のトレードでは対処出来ません。

エリアの最初から順を追って見て行きましょう。

トレンドの見方③意味のある所は何があるのか

f:id:gupio317:20201209155119j:plain

4時間足を見ると高値から直線的に強く下降しています。

そして安値で何度か抑えられて上昇していますという下降の戻しのような局面。

では下降の戻り目はどこなのか。

もちろん下降の戻り目にならずグイグイと上昇して行く未来も無くは無い。

とはいえまずは困った時のフィボナッチリトレースメントですね。

当然高値から安値に使っておきます。

そしてフィボナッチリトレースメントで大事な数値は38.2%と61.8%なので表示させておきます。

また4時間足を見ると上向きから下向きにいなっている200MAもありますね。

ここも意味のある所ではあるので随時確認しておきます。

f:id:gupio317:20201209155346j:plain

次に1時間足。

上昇している起点の山を見つけたら当然フィボナッチエクスパンションを使います。

こちらの数値は161.8%と261.8%を抑えておきます。

そしてもう一つあるのが4時間足と同様に下向きの200MAですね。

とりあえず意味のある所は全体的にこれくらいでしょうか。

順を追ったトレンドの見方①

f:id:gupio317:20201209155519j:plain

エリアの最初から見て行きます。

安値で何度か止められて小さいながら高安値を切り上げて来ています。

ということはこの時点で1時間足では上昇トレンド。

安値からの上昇にが槽のようなトレンドラインが引けそうです。

ただ意味のある所え見ていた下向き200MAがあるのでそこでどうなるかを見なければいけない。

トレンドに沿った押し目買いとしては200MAから下げないなら買い。

その後は強く上昇しました。

f:id:gupio317:20201209160156j:plain

順を追ったトレンドの見方②

f:id:gupio317:20201209161106j:plain

下向きの200MAからは下げずに強く上昇した後。

どこまで上昇したのか。

それは意味のある所でチェックした上昇FE161.8%。

しかもFE161.8%から反応して下げている。

フィボナッチエクスパンションの意味をおさらいしましょう。

  1. 利確する所
  2. エントリーする所
  3. エントリーしてはいけない所

でしたね。

1時間足では上昇トレンドなので王道は買い。

でも意味のある所でエントリーしてはいけない所まで到達しました。

ということは?

様子見ですね。

様子見とは?

f:id:gupio317:20201209161457j:plain

様子見とは具体的にどうするのか。

例えば今回FE161.8%まで上昇して来たとしたら、狙うのは買いなのでFE161.8%から下降しないのを見るもしくはFE161.8%を超えた後で下げないのを見る。

f:id:gupio317:20201209161612j:plain

その後はFE161.8%付近で3度抑えられて下降するも下げられずに上昇して高値を更に切り上げました。

この時のトレードとしてはFE161.8%から3度目で下降して5分足で下降出来ない値動きから買いでも良さそうです。

これも押し目買い。

順を追ったトレンドの見方③

f:id:gupio317:20201209161738j:plain

上昇FE161.8%から下げずに高値を切り上げということは1時間足上昇トレンド継続。

そして次にある意味のある所は4時間足下降FR38.2%。

その付近まで上昇した後は値動きがかなり激しい事になっています。

ドンと下げてドンと上げてドンと下げるみたいな。

こういった所では無暗やたらにトレードはしない方が良い。

確かに一気に動くので値幅は大きいんですが難易度がかなり高い。

初心者であればもっと簡単な相場を選ぶべきです。

ではどうするか。

下降FR38.2%到達から明らかに強く下げていますね。

ではここから下降トレンドかと言えばそんなことは無いですね。

もし戻り目から再下降して安値を抜けて行くような値動きであれば考えられるかもしれませんが、現状ではまだそうなっていない。

ということでこの時点ではどうなるかを見る=再度様子見。

ここでの様子見とはもちろん下げないのを確認出来れば押し目買いですね。

でその後は?

f:id:gupio317:20201209162119j:plain

もし下降するのであれば単純なパターンは2つ。

下降のFR61.8%付近までの値動きで上昇出来ずに落ちるもしくは高値付近を再度試してどうしても上昇出来ずに落ちる。

ということはそこまでの値動きを見れば良いですね。

結局FR61.8%まで一気に再上昇してその後V字気味に高値まで上昇。

しかも高値から下げられないのを確認して買う。

これも押し目買い。

FXトレンドの見方に以上も以下も無い

f:id:gupio317:20201209162323j:plain

FXトレンドの見方は1時間足の高安値切り上げ(切り下げ)を確認して意味のある所をチェックしておく

単純な話ではあるんですが、大きくはこれ以上でもこれ以下でも無いと思います。

また相場解説でもお話しているように明確にトレンドで分かる所と分からない所がありました。

トレンドの見方をするとそういった場面も分かるようになりそうですね。

もちろん毎日チャートを見て「ん~」とあれこれ考えたりするんですが、考えて行く中で自分に都合の良い事を考慮して相場を見てしまうこともあるので、基本は抑えて出来るだけシンプルに分かる所が来たらトレードをする

誰にでも分かる所だけトレードをするからお金が増えて行く

毎月200pipsでも100pipsでも取れればいい。

シンプルに出来る事だけやって分かる所だけで謙虚にトレードするって意外と難しいと思いますが、これも訓練ですね。

さあ今日もFXの学習頑張りましょうね!