milkさんのFX勉強会。

学習者のFXブログ

FXは"簡単なエントリーポイントだけ"を狙いすませば利益を残せる。まずは自分だけの「鉄板エントリーパターン」を知ろう。

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten

f:id:hajime0707:20201115204350p:plain

ポンド円、買いで60pips取りました。

FXを真っ当に学んでいる人であれば誰でも取れる超簡単なエントリーポイントです。

FXはレバレッジをかけることができるので、たくさんFXトレードしなくても、たくさんpipsを獲得しなくてもお金を稼ぐことができます。

特にFXの才能がない人が獲得pipsを増やそうと躍起になると、逆に大損をぶっこいてしまう可能性が高くなります。

FXの才能がない人は「簡単なエントリーポイントだけを狙う」ただそれだけでお金持ちになれます。

"FXだけ"に専念できれば全てのエントリーポイントを掴めるのか?

FXで扱っている通貨ペアはポンド円のみ。

毎週末に専業FXトレーダーである先生がポンド円1週間分のチャート分析の解説を動画で配信されており、それを拝見して学習しています。

FXを学んで数年が経ちますが、FX勉強会参加者のレベルは年々上がっています。

一番の要因は、FXの先生自身がレベルアップされているからだと考えています。

数年前と現在のチャート分析の動画解説を比べて見ると、FXを学習中の私から見ても現在の方がかなり洗練されていることが分かります。

動画解説で紹介される高勝率で勝てるエントリーポイントは、平均して1日に2~3カ所くらい。

相場状況によってはエントリーチャンスがない日もあれば、それよりも多い日もあります。

私は先週はバタバタしていたのもあり、チャートを監視できる時間が少なくFXトレードは冒頭の1回のみ。

では、仕事等の用事が全くなく丸々1週間チャートを監視し続けることができたら全てのエントリーチャンスを掴めるのかというと、私にはできません。

FX勉強会内には1ヵ月に数十回FXトレードをして全勝という人もいます。

月間で数千pips取ってしまうような人もいます。

そんな方々と違って、私は凡人以下のFXの才能がない人間です。

実力もない癖にそういう人に倣って自分も全勝、数千pips…!となって取り組んでしまうと、逆にマズいFXトレードを連発して大損ぶっこいてしまう確率が上がってしまいます。

実際にそれで何度も調子を崩し、痛い目を見てきました。

そうではなく私のようなFXの才能がない人は、1週間のトレード回数が0、もしくは獲得pipsが少なくなってもいいから誰でも勝てるような簡単なエントリーポイントだけに絞って戦う方が結果がついてきます。

誰でも勝てるFXの超簡単なエントリーポイントって?

f:id:hajime0707:20201115202748p:plain

基本は「相場の流れに乗った押し目買い、戻り売り」ですね。

こんなことはFXをやっている人なら誰でもわかっています。

ここからさらに具体的に言うと「鉄板エントリーパターンを持つ」ということが重要になります。

もちろんこの「鉄板エントリーパターン」というのも、「相場の流れに乗った押し目買い、戻り売り」が基本になります。

私が学んでいるFX手法は裁量トレードなのですが、面白いことに全く同じ手法を学んでいるにも関わらずFX勉強会参加者によって鉄板エントリーパターンは違います。

なので、一概に「これが超簡単なエントリーポイントです!」と提示しても、その人にはあまり向いていない場合があります。

FXで自分自身の必勝パターンを持つ

ただ一つ言えることは、勝てるFX手法を根気強く学んでいると徐々に自分自身の傾向(得手不得手など)が分かってきます。

その中で「あっ、これ前にも似たようなパターンで勝ったぞ!」というFXトレードが出てきます。

こうなったらこっちのものです。

そのパターンをひたすら狙いすませばいいだけですね。

f:id:hajime0707:20201115204236p:plain

この記事の冒頭のFXトレードはまさにそれで、私の必勝パターンです。

トレンド相場での200MAファーストタッチというお手軽エントリーパターン、いわゆる進研ゼミと呼ばれるトレード方法もありますが、個人的には自分自身の必勝パターンを持つことが先決だと考えます。

超簡単なエントリーポイントの環境認識、エントリーを詳しく解説!

ポンド円4時間足

f:id:hajime0707:20201115215304p:plain

まず、このチャートをパッと見てどのような感想を持つでしょうか?

やはり目立つのは約1000pipsの下降ですね。

大まかに相場の流れに乗ったシナリオを立てるのであれば「目立つ下降の戻しから売りたい」と考えるのが自然だと思います。

f:id:hajime0707:20201115215323p:plain

次に、どこまで戻したら売れるのか?ということを考えます。

今回の相場であれば、フィボナッチリトレースメント(FR)が使えそうです。

目立つ下降にFRを当てると、このようなこのような感じになります。

主要な数値であるFR38.2%と61.8%に達して下がってきたら売ることができるかもしれない、という予測が立てられます。

①実際にFR38.2%で一度反応していることが分かります。

しかし、結局FR38.2%からは下がらずに再上昇して上抜けてしまいました。

では次の抵抗帯となりそうなのはどこなのか?ということを考えます。

②FR61.8%はまだまだ先なので、その間にある200MAでどうなるのかが気になります。

実際に200MAでも反応していることが分かります。

そこから下がってくるのかと思いきや、結局下がらずに上昇してきました。

この値動きで私は分からなくなってしまいました。

③まだ上昇するのかと様子を見ていると、直近高値付近で止まって下降してきました。

これはよくある値動きですね。

下降する前に、一度高値を確かめてから再下降していく値動きです。

④ここから下がっていくのかと様子を見ていると、またまた上昇してきました。

が、上ひげをつけて抑えられています。

f:id:hajime0707:20201115215421p:plain

ここはトレンドラインが引けますね。

直前の上昇が発生するまでは、トレンドラインに抑えられており、且つ直近は相場が大好きな3回目の抵抗となっているので下がってくるかもしれないと考えることができそうです。

1時間足

f:id:hajime0707:20201115215344p:plain

1時間足は、直前の強い上昇が発生するまでは方向性がよく分からない値動きだと思っていました。

4時間足のトレンドライン上抜けを狙った上昇があっという間に戻されてしまっています。

この時点では値動きが全く読めませんでした(方向性がハッキリしない)。

どちらかと言えば売りかな?という感想を持つくらいで、どのような値動きになれば売れるのか自信を持ってシナリオを立てることができません。

①とりあえず4時間足トレンドラインから下降してきたその戻しからの売りを考えていました。

FR61.8%には届かず相場の大好きな3度目の正直で上に行けませんという感じの値動きに見えたので、ここで売って少しだけ取りました。

が、結局そこでも下がりません。

かと言って上昇するような値動きにも見えないし…。

この時点では、完全にお手上げ状態。

私はへっぽこFXトレーダーなので、なーんにもできませんでした。

②「分かりやすい値動きにならねーかなー」と思っていると、これからの方向性を示す強い上昇が発生。

この値動きを見て「キタキタ…!」となりました。

後は鉄板エントリーパターンになれば買えばいいだけですね。

個人的にはこの上昇は取れなくてもいいと考えています。

予めシナリオを立てこの上昇を予測して取れたのであればいいと思います。

しかし、私はこの上昇が発生するまでは、上記の通り全く値動きが読めまていませんでした。

ここで買いエントリーして勝ったとしても、それは方向性が分かっていないのにたまたま勝てただけのFXトレードであって、ただの博打トレードです。

再現性がなく将来に全く活かせないFXトレードは、いつか身を滅ぼします。

5分足

f:id:hajime0707:20201115215413p:plain

環境認識でいい感じの上昇が発生したからといって、その後の値動きが悪ければエントリーすることができません。

上昇してすぐには何もしたくありません。

しばらく調整の値動きが続くことが予測されるので、そこは様子見です。

ダラダラといい感じで下降してきてくれました。

しかし、下降しているところでは手を出したくありません。

しっかりと止まったことを確かめてから買いたいです。

この相場状況では買い一択であることは間違いないので、止まったかな?と思われるところでエントリーしました。

チャートを監視し続けることができなかったので、4時間足のFR61.8%がすぐ上にあるのでそこに指値をいれておきました。

ちょっとエントリーが早かったですが、思惑通り上昇してきてくれて無事決済できました。