milkさんのFX勉強会。

学習者のFXブログ

FXの勉強の仕方で専業トレーダーもやっているオススメな方法あるから教えます!

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten

f:id:seiten0603:20201104181242p:plain

FXの勉強の仕方は手法や人によって様々です。

どれが効果的とか、どれが最短とかも一概には言えませんが、私が所属している勉強会で流行っている効果的な勉強の仕方があります。

先生や月間何千pipsとか取っちゃうトレーダーもこの練習方法を使っているので効果は折り紙付きです。

「動画・ブログバトル」ならぬイベントの課題でもあるので、それを今日は見ているあなたに伝授したいと思います。

実際に頭の中で考えながら、私なら~とか、僕なら~的な感じで一緒にやってみると更に効果的かと思いますよ。

FXの勉強の仕方で専業トレーダーもやっているオススメな方法とは?

他人のCSを添削するコト!

勉強会ではお馴染みのCSという勉強方法があるのですが、それは基本的に個人プレーの練習方法です。

一人で黙々とやる作業です。野球で言えば素振りみたいなモノです。

しかし、最近「これ、いいよ!」と言われているのが、他人のCSをCSするという練習方法です。

自分の素振りを目の前で見て、「ここ、こうした方がいいよ。」的なことを他人に言ってもらえるので、そりゃ効果当たり前のようにでますよねー。

CSって何?って人はココをチェック!

11235813213455.net

CSって何?って人も中にはいると思うので、とりあえずCSを分かってる前提でこれから話を進めていくので、分からない人は先生が書いた上の記事を見てください。

ただのCSをやるだけでも効果的ですし、この新しい練習方法をするにしてもしないにしても、FX攻略の近道になることは間違いないので覚えておきましょう。

一人でやってもかなり効果的!

 この新しい練習方法は、一人でももちろんできます。

  • だれかがやったCSの画像(各時間足の分析画像)
  • トレード報告(各時間足の分析画像)

があれば、すぐにできます。今からできます。

ぶつくさ一人でサイコパス的にしゃべりながら、自分だったら~的なことを相場分析すればいいんです。

あくまでも正解はもう出てるので、その答えに対しての自分なりの公式を喋ったり書いたりひたすらアウトプットすればいいんです。

大勢の前でやると更に効果抜群!!

 例えばこれを一人でやるのも全然ありなんですけど、

人の前で発表会形式でやったり、説明したりすると脳みそへの定着率が更に倍増します。

先輩トレーダーとか、先生がいる場合は、直接変な考えをしている所を直してもらうこともできますからね。

そういう意味でも、コミュ障の人は大変だと思いますが、勉強会の座談会に参加して大勢の前でCSをしたり、誰かのCSを添削する、またはしてもらう勉強方法をやりましょう。

恥ずかしい経験しても、それでお金が未来に稼げるようになるなら儲けもんです。

恥ずかしさをBETして、お金を取りに行きましょう!

そもそもの目的がお金の人が大半だと思うので。

※注意 答えが既に出ているモノに対しての議論なので正解はない

あと、このCSの添削にも注意点はあります。

それは「答えはもう既に出ている。」という点です。

ようするに何を言おうと、もう答えはAであるモノに対して、

  • こうやってAを導き出します。
  • 私はこうしてAになりました。
  • ここではAかどうかは分かりませんけど、ここの時点でAだと判断しました。

など、

それぞれのAに対する公式が裁量トレードなので出てきます。

その公式に対しての「答え」はないに等しいですし、これから答えが出るモノじゃなく既に出ているので、公式が違うモノ同士が議論すると変な感じになります。

なので、お互いの意見を尊重する大人な聞き方で「こういう考えもあるんだー。」と聞くと、自分と別の見解がたくさん聞けて楽しいと思います。

「いや!私の公式では、そんな考えでAにならない!」とか言い出すと変な感じになりますのでご注意を。

一般トレーダーのCSを実際に添削してみた ~その1~

日足の環境認識(AさんのCS)

f:id:seiten0603:20201025105409p:plain

分析は画像に記載されているモノになると思うのですが、

まずこの日足のFR78.6をどこまで信用するの?問題があります。

フィボが効かないとは全く思わないのですが、重要な数値(38.2、61.8)などのテクニカル的に効きやすい数値以外はあくまでも目安な気がします。

で、揉み合っているのは事実で、今からこの状況を見てどこで何をしたいの?という結論的な部分が必要です。

ただこれもその方が「私はこれで勝ててます!」という感じだったら、余計なお世話になるので、私なりの添削をさせて頂きます。

 日足の添削

f:id:seiten0603:20201028090610p:plain

まず日足にはフィボをあてるべき箇所?が自分的にはありません。

エクスパンションで下降の目安?を測るのも人によってはアリかもですが、見るべきは直前の値動き(波)です。

日足レベルで言えば大きな下降の波の中で、落ちきったか落ちきっていないかはこの段階では判別できません。

ただ前回大きくひげを付けて戻しているレート付近なので、テキトーに「えいや!」で入るのも危険です。

しかしそのラインも抜けてるので、売りの方が期待できる相場です。

あくまでも目線は売りが安全。買いは短期勝負かなと思う相場です。

※あえて細かく日足を見てみます

f:id:seiten0603:20201028090635p:plain

あえて日足の直前の値動きを細かく見てみます。

直前までは下降の波だったのですが、一時的に切り上げが確認できます。

ただここでの買いというのは本当に短期的な買いを狙うトレードになるので、個人的には無視でもいいのかなと思います。

なんならもっと短いローソク足をみないと、ここでの初動の買いは掴めないですからね。

※この日が終わらないと切りあがったかどうかが確定しない。

やらなくてもいいとか言われたら、そこでお終いなのですが、やるとしても本当に短く5分足レベルの値動きを見てちょっと取るだけの相場かと思います。

というかそれ以外は結果論になっちゃうような。。。

4時間足の環境認識(AさんのCS)

f:id:seiten0603:20201025105422p:plain

「下降した先っぽで売りは危険」と記載があります。

確かにこの段階での先っぽという意味では、先っぽですが、それというのはかなり右側の展開が分かった上での答えの出し方?なような気もします。

あと、ここでも人それぞれですが、FR78.6?で3回止められている?という判断をされたみたいなんですけど、止まったかどうかというのは、この垂直線のある部分では確認できません。

なんなら、この日足レベルのFR78.6を重要視するのであれば、4時間足レベルでは更に広めに見ないといけません。

日足レベルのラインですからね。

4時間足の添削

f:id:seiten0603:20201029124031p:plain

私なりの4時間足の環境認識です。

フィボはここでもあてません。あてる必要?というかあてた場合は、ここまで戻って来てほしいみたいな希望観測的なトレードをする可能性があるので、ここでも直前の値動きを重視して見ます。

全体的には誰が見ても大きな下降トレンドの中ですね。

それは日足レベルでも確認できるので、本命は売りなんですけど、値動きを細かく見ないといけません。

※あえて細かく見ます

f:id:seiten0603:20201029124532p:plain

4時間足レベルでは直前までは下降への転換的なパターンで下がってきています。

で、この垂直線の一つ左のローソク足が確定した所ではじめてレベルで上方向の値動きになりました。

それともう一つ、赤い水平線は前回下降トレンドから一時的な上昇トレンドへ切り替わった攻防があったラインでもあるので注意して見る必要があります。(別に気にしない人は見なくてもいいです)

そこを下に抜けず、切りあがったということは?一時的な買いができるかもという環境認識が立てられます。

ただあくまでも一時的です。

その人のトレードスタイルにもよるので、基本20、30pipsをその場の値動きを見てスパスパ取ってきますみたいな人はそれでいいと思います。

自身のトレードがリアルで勝てるトレードであれば、裁量トレードなので自己責任です。

ただここを伸ばす理由とここを伸ばさない理由がないのに、縦横無尽に大きく取ったり、小さく取ったりするのはルールがないのでいつか破綻する気がします。

とりあえずここは私の場合はやるとしても「短気の買い」値幅は前回高値付近と伸ばすならその次の高値くらいまでで全部決済するトレードをします。

1時間足の環境認識(AさんのCS)

f:id:seiten0603:20201025105435p:plain

ここでもAさんはFR78.6を意識して使われているようですが、これは日足レベルのFR78.6なので太い帯として認識しないといけません。

先生がよくいう「4時間足の200MAタッチで売るんじゃねえよ!」的な話に近いです。

上位足のラインは基本的にゾーンとして捉える必要があります。

で、ここに関してのトレンドラインは完全に後付け感?が否めない気がします。

というより、こんな完璧なトレンドラインをリアルで引けたら皆様FXで苦労しませんからね…。

なので私なりの添削をさせて頂きます。

これをリアルで使えるなら、全然参考にする必要はありません。

1時間足の添削

f:id:seiten0603:20201029130351p:plain

1時間足は一応目安が分からない?人もいるかもなので、フィボナッチリトレースメントを引きます。

で、引き方は基本的には最安値から引くのがルールです。(上昇の波の押し目を見る場合は)

重要な数値は38.2と61.8です。

直前の値動きを見ると61.8付近で、上昇の波に転換するパターンが出ています。

+αで、4時間足で引いたラインもしっかり1時間足でも機能しています。

1時間足でもここか、もう少し下くらいにずらして引くので、この辺だと個人的には思います。(ここは裁量の所)

なので、ここでの短期買いのエントリーポイントは現段階で2か所かなーと個人的には思います。

5分足でたくさんエントリーできる人は、もっとあるのかも?知れないです。

5分足の環境認識(AさんのCS)※添削もセット

f:id:seiten0603:20201025105449p:plain

5分足に関しては、その人のルールや感覚?的な部分もあります。

私に関しては1時間足の入りたい場所で入ったら丁度5分足もいい形になっているということが多いです。

というか、それしか入れないと自分で決めています。

特にポンド円に関しては、エントリーポイントを厳選しないと、ここもダメここもダメ。みたいなハズレくじばかり引かされることも多いです。

なので、この画像中に記載の4回目でエントリーというのは、この相場ではそこがベストなタイミングですが、どう使い分けてるの?という問題も浮上します。

ここは3回でここは4回の理由は?

確定足で入るの?それとも確定足前?という細かな問題を解決して、このパターンは4回目じゃないと入れないという明確なその人なりの何かがあればいいと思います。

ただいつもは3回なのに、今日は4回なのみたいな気分でトレードしたらブレますからね。

なので、5分足エントリーを極めたい人はとにかく練習して、上位足のこのパターンの時の5分足集みたいなのを作って自分なりの答えを抽出しておくしかないかも知れません。

5分足に関してはかなりパターンも多いので、難しいと思いますが、、、

神経質な人はハマりやすい罠も多いので注意。

一般トレーダーのCSを実際に添削してみた ~その2~

4時間足の環境認識(BさんのCS)

f:id:seiten0603:20201025110012p:plain

4時間足の環境認識に関しても、この相場が終わった後だとエリオット波動の4波からの5波目を取りに行くセオリーのトレードだと思いますが、その下降はどこから始まるの?問題があります。

画像中の2波目の初動からフィボをあてたら半値が効いているようにも見えますが、これをリアルで使えるのか?というと疑問が残ります。

毎回フィボもあてる場所が違うとトレードブレてしまいますからね。

今日はココ!今日は調子いいからココ!みたいな感じでやってると、どこが効いていて何が効いていないのか分からなくなり混乱します。

日足の環境認識

f:id:seiten0603:20201030104305p:plain

日足に関しては下降の調整の波に該当する部分のトレードかと思います。

直前の流れとしては上方向。

なので下降の伸びる波を捕まえに行くのであれば、高値掴みをしないためにももう少し短い時間足での確認が必要な場面です。

この時点では上方向の値動きなので。

要するに、下に落ちることを期待しての早めのエントリーをしたい所です。

早めとは言っても、5分足の速めとかそういう話ではありませんよ!

4時間足の添削

f:id:seiten0603:20201030104410p:plain

4時間足に関しては、フィボを仮に引くなら最高値から引いた方がいいのではないかと個人的には思います。

で、効くと言われている38.2を少し抜けて効いているように見えます。

あくまでも私の場合は、これは参考です。ここに38.2があるから売ります!みたいなことしてると普通にやられますからね。

とりあえずは1時間足レベルの値動きを見て売るなら売れる所で、なるべくリスクが低い所で入る。ただそれだけです。

数値とかインジケーターはオマケです。気休め程度な感じ。

あまりごちゃごちゃ引きすぎると結局どこを意識しているのか意味不明になりますからね。

一応転換のパターン的なモノも出ているのですが、日足がまだ上方向なのでもう少し短い時間足で確認したいです。

なので1時間足!

1時間足の環境認識(BさんのCS)

f:id:seiten0603:20201025110025p:plain

1時間足に関して、エリオット波動4波の中を別の上昇の波で進行しているという見方は私もすると思います。

もっと細かくカウントした方がエントリータイミングはズレないので、私個人としてはそうしますが、それはお好みです。

自分が勝てる方法を追求したらいいと思います。

勝率が高くなるやり方を追求して、このトレンドラインもエリオットの数え方もゆるぎないものであれば、それがその人にとっての答えなので、他人がとやかく言う筋合いはないですからね。

ただこのトレンドラインは取って付けたような感じに見えなくもないので、参考程度の位置づけで見た方がいいのかなと思います。

なんならいらないか、それよりも直前の値動きがもう売りをしていい合図でてますから、「おー!」って感じです。ようやく来たか的な!

ずっと数えてるみたいに上昇の波が変わったと明確に言える所が大事ですからね。

テンション上がっちゃう奴です。

1時間足の添削

f:id:seiten0603:20201030104552p:plain

1時間足は少し私のヒストリカルデータと違うみたいなので、若干エントリーポイントは調整しないといけません。

ただ大まかな環境認識は一緒です。

日足レベルで見れば直前は調整の上の流れ(下降の大きな波を期待して売り場を見つけたい)

1時間足は下降の波が続いていたが、突発的な急上昇が発生。

この天井からは売れないのですが(日足レベルの方向とは違う逆張りなので)、切り下げを確認したら入ってもいいポイントだと思います。

この私のデータでもよくよく見ると切り下げを確認できますし、やって頂いたCSではもっといい形になってますから、入りやすいポイントだと思います。

天井からは無理ですが、確認をして入るのは全然アリです。

5分足の環境認識※添削とセット(BさんのCS)

f:id:seiten0603:20201025110039p:plain

もっと細かくエントリーポイントを見極めたい人は5分足を見ましょう。

さすがに矢印が付いているてっぺんからは中々難しいというか、えいや!で入って、当たった感があるので、最低でも切り下げは確認しないと怖い所な気もします。

トレンドラインもこういう風に長く引くと5分足では特に使い物にならないので、それぞれの時間足ベースの引き方で引くのが良いと思います。

※過去に私はこういうライン引いて先生にキレられたご指導して頂いた記憶があります。

200MAに関しても参考なので、裏タッチ的なことをどこまで信用するかなどは、過去検証して色々測るしか方法はありません。

ただ1時間足で見ても売るならこの辺なので、あとはパターンを色々自分で見つけて、こうならないと入れないみたいなモノを自分の中で持ってルールを守ってトレードするしかありません。

それをゲームみたいに感覚でやるのか、厳密なルールに従ってトレードするのかは、その人の才能とか能力によっても変わるので、色々試してみるのが良いと思います。

私は神経質なので、ルールにそって全てエントリーしないと勝っても不安になりますし、練習が好きな方ではないので、無駄に難しいことはしないように努めています。

私が教えてもらっている先生もそういうの大事だよ!的なことを言われていたので、たぶん間違いないのかなと思います。

長くなりましたが、ここまで勉強お疲れ様でした。