milkさんのFX勉強会。

学習者のFXブログ

FX独学者のチャート分析添削から学ぶ、FX独学者が勝てるようにならない理由

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten

FX独学者がFXで勝てるようにならない理由。

それは、間違いに気が付くことができないためです。

特にそのFX手法を完成させるに至った思想に関しては、恐らくほとんどの人が気が付くことはできません。

今回、先生のブログや動画を見て学ばれている方々のチャート分析を添削する機会をいただきました。

恐らく皆さん、自分ではブログや動画で配信されている通りにやっている"つもり"なんです。

しかし、独学ではどうしてもズレが生じてしまいます。

FX学習者である私の目から見てもいくつかの間違いが見つかりました。

以下にFXを独学されている方と私のチャート分析を載せています。

敢えて厳しめに添削させていただきました。

見るだけでなく、是非ご自分でも分析してみてください。

AさんFX過去チャート分析紹介(ポンド円2019年6月26日)

f:id:hajime0707:20201104193042p:plain

f:id:hajime0707:20201104193048p:plain

f:id:hajime0707:20201104193053p:plain

f:id:hajime0707:20201104193058p:plain

まず最初に、PCの解像度を先生と同じくらいまで上げて分析することをお勧めします(1920x1080程度)。

解像度を上げることで俯瞰して相場を分析することができます。

日足

f:id:hajime0707:20201104204524p:plain

全体的に下降の力が強いことが分かります。

直近もとても強く下降してきています。

どこまで下降する可能性があるのかを考えなくてはいけません。

直近の上昇にフィボナッチリトレースメント(FR)を当てると、確かにFR78.6%付近で反応しているようには見えますが、重要な数値は38.2%と61.8%なので78.6%はあまり気にしなくてもよいと考えます。

それよりもトレンドライン付近に抵抗帯があるように見えます。

ここから下降していくようであれば、トレンドライン・直近安値付近までは下降するのではないか?という予測が立てられそうです。

ただ、日足はあまりにも規模が大きいので参考程度に捉えます。

下位時間足(特に1時間足)を注意深く分析する必要があります。

4時間足

f:id:hajime0707:20201104204538p:plain

とても強い下降トレンドです。

「下がった先っぽで、売りは危険」なのではなく、この下降トレンドで逆張りの買いを考える思考が危険です。

かく言う私も、トレンド相場で逆張りをやって大損をぶっこいたことが何度もあります。

本題に戻ります。

日足のFR78.6%は重要な数値ではないので、買いの根拠としてはかなり弱いです。

とは言え、

  • 下がった先っぽなので、戻してから売りを狙いたい
  • 直前は一時的に止まっているように見え、しかも3回止まっている
  • 下降するのであれば、小さな上昇エリオット第5波まで終了してから下がる可能性がある

これらより、下位時間足の状況次第では買うことができるかもしれません。

1時間足

f:id:hajime0707:20201104204727p:plain

チャート中央に位置する下降が時間をかけずにFR61.8%まで戻されました。

確かに直近はレンジのような値動きに見えます。

FR61.8%を上抜けることができず、200MA付近にも抵抗帯があります。

下側にはトレンドラインを引くことができ、200MAとトレンドラインの間を行き来するような値動きに見えます。

さらに直前の値動きを注意深く観察すると、歪ですが小さな下降エリオットが数えられます。

第5波まで終了しても、下ひげをつけるにとどまりトレンドラインを下抜けることができませんでした。

レンジ相場の基本戦略は「上から売って下から買う、真ん中では余計なことをしない」

このレンジ戦略に則ると、現時点では売りではなく買いですね。

なので、もしかすると5分足の値動き次第では買うことができるかもしれません。

5分足

非常に気になることが一点。

5分足の上側のトレンドラインは何のために引いたのでしょうか?

まさかとは思いますが「トレンドラインをブレイクしたから買い」とかやっちゃってるわけではないですよね?

・・・すみません、疑ってしまいました。

f:id:hajime0707:20201104204742p:plain

本題に戻ります。

全体的には下降の力が強いので、上昇し始めたところでモタモタとエントリーしたくない局面だと考えます(できるだけ下から買いたい、ブレイク狙いはもってのほか)。

買う根拠は、

  • 直近上昇FR61.8%で止まっている
  • しかも3回止まっている
  • 下降エリオットの第5波まで終了

ここでいい感じの陽線が発生したところで買えるかもしれません。

環境認識上、買いは逆張りなので欲張らずに20pips(5分足直近高値)くらいで利確するのが望ましいのです。

伸ばしてもフィボナッチエクスパンション(FE)161.8まで。

BさんのFX過去チャート分析紹介(ポンド円2020年1月2日)

f:id:hajime0707:20201104213129p:plain

f:id:hajime0707:20201104213214p:plain

f:id:hajime0707:20201104213147p:plain

4時間足(日足)

f:id:hajime0707:20201105063751p:plain

f:id:hajime0707:20201105063759p:plain

4時間足なのに1時間足レベルのフィボナッチの使い方をしており、近視眼的なチャート分析のように思います。

間違いではないですが、4時間足では俯瞰して全体の値動きを観察することが大事です。

4時間足は上昇トレンドです。

日足では上昇エリオット第3波に当たると考えられます。

基本戦略としては「押し目からの買い」を狙いたい局面です。

しかし、日足の前回高値からの下降が強めであることが気になります。

もしかすると、ここから日足レベルの上昇エリオット第4波へ移行するのかもしれません。

4時間足では直近の下降がエリオット第1波で、現在は第2波にあたるのかもしれません。

1時間足

f:id:hajime0707:20201105063836p:plain

このトレンドラインは意味があるのでしょうか。

また、FRを使うのであれば、チャート中央に位置する下降全体に当てるのが自然ではないでしょうか。

1時間足レベルではかなり強い下降で、200MAも一気に下抜けてしまっています。

直近の値動きは、上昇エリオットのような値動きで第5波まで終了したように見えます。

しかも、下降FR38.2%に抑えられており、さらにトレンドラインも引くことができます。

複数の根拠が揃っており、値動きを見てもこのまま上昇してくとは考えにくいので(一旦下げそう)、5分足の形次第では売れるかもしれません。

5分足

まず5分足チャートの注意点があります。

上位時間足レベルのトレンドラインは5分足には表示させません。

上位時間足のトレンドラインやMAは、線ではなく帯(抵抗帯)として考えます。

なので下位時間足に表示させてもあまり意味がありません。

それよりも下位時間足レベルでトレンドラインが引けるかどうか、もしくはMAはどうなのかということを注意深く観察することが大事です。

f:id:hajime0707:20201105194057p:plain

この相場は実際に見ていましたが、上では売れませんでした。

才能がある人であれば売れるのかもしれませんが、私はへっぽこFXトレーダーなので直近の上昇が気になって乗っていけませんでした。

なので、売るのであれば実際に下降したその戻しからの売りを狙いたいと考えていました。

実際にそのような値動きになってくれたのですが、想定していたよりも早く下げてきて結局乗っていけず悔しい思いをしたのを思い出しました(200MAもしくはFR38.2%

くらいまで戻してほしかった)。

振り返ってみるとトレンドラインで抑えられ、且つ3度目の正直で売っていけたなと思います。

FX勉強会の座談会でアドバイスを頂いたのは良い思い出です。

Cさん過去チャート分析紹介(ポンド円2019年10月28日)

f:id:hajime0707:20201105200255p:plain

f:id:hajime0707:20201105200258p:plain

f:id:hajime0707:20201105200301p:plain

まずパッと見で「ん?」と思ったことがあります。

チャート分析云々の前に、トレンドライン、フィボナッチの設定している数値、ツールバーから得られる情報などから、FXを学ぶ(教えていただく)にあたって大事な「○○さ」が欠けている印象を受けました。

※○○に入る言葉は先生のブログで何度も出てくる言葉です。

先生が公開されているFX手法で本気で勝てるようになりたいのであれば「FXの学び方」に意識を向け、再度先生のブログや動画を拝見されることをお勧めします。

4時間足

f:id:hajime0707:20201105202251p:plain

上昇トレンド。

上昇エリオット的な値動きに見えるが、第5波がとても強く定義からは逸脱した値動き(通常は第3波が最も力強い値動きになりやすい)。

どちらにせよ、買い一択の値動きです。

1時間足

f:id:hajime0707:20201105202249p:plain

強い上昇トレンドですね。

押し目からの買いを考えればいい簡単な相場です。

200MAを割っており、それに伴い傾きも緩やかになってきていますが、オレンジライン付近の価格帯から下がってきません。

5分足で良い形になれば買っていけそうです。

5分足

f:id:hajime0707:20201105202246p:plain

トレンドラインに乗っかるような形になり下がりません。

しかも、エリオット波動のような値動きで第5波まで終了しています。

買うしかないですね。

最低でもFE161.8までは保有したいです。