milkさんのFX勉強会。

学習者のFXブログ

FX初心者でも簡単に実践できるフィボナッチ・リトレースメント38.2%・61.8%を使った相場の見方

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten

f:id:hajime0707:20201031102505p:plain

ポンド円で50pips獲得しました。

久しぶりに気持ちの良いFXトレードができました。

この局面は分かりやすい相場状況で、このエントリーポイントでは私だけではなく多くのFX勉強会参加者が取れていました。

実はこのFXトレード、フィボナッチ・リトレースメント(FR)を使って分析すれば誰でも取れたんです。

今回は、フィボナッチ・リトレースメントの使い方と、このFXトレードはどのように分析してエントリーしたのかを詳しく具体的に紹介します。

FXにおけるフィボナッチ・リトレースメントの使い方・使う数値

まずはフィボナッチ・リトレースメントの使い方と使う数値について説明します。

  • フィボナッチ・リトレースメントは、トレンドの戻しの強さを測るために使います。
  • 下降トレンドであれば最高値から最安値に向かって当てます。上昇トレンドであればその逆に当てます。
  • 使う数値は、38.2%と61.8%の2種類だけです。

フィボナッチ・リトレースメントの使い方と使う数値についての説明は以上です。

「ふぇっ!?たったそれだけ?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、小難しい理論等は全く必要なくて本当にこれだけで十分です。

稀に補助的に他の数値を使うこともありますが、基本的にはこの2種類の数値だけを使えば十分にチャートを分析をすることができます。

逆に下手に他の数値を詰め込みすぎると、特にFX初心者のうちは数値に振り回されて、一番重要な相場の値動きを蔑ろにしがちになってしまいます。

それではFXで安定して勝ち続けることは難しいので、まずは38.2%と61.8%だけを使って徹底的にチャート分析することをお勧めします。

FXでフィボナッチ・リトレースメントを使うにあたっての注意点

ポイントではなく“ゾーン

これ、すごく大事な概念です。

FXで安定して勝てない人がよくやる間違いが「毎度ポイント(ピッタリ)で効く」と思ってしまうこと。

フィボナッチ・リトレースメントだけでなく、トレンドラインやMAも同様です。

フィボナッチ・リトレースメントの38.2%と61.8%はよく効く数値ではあるのですが、毎度毎度ピンポイントで効くわけではありません。

ピッタリ効くこともあれば、少し下抜けてから反発することもあります。

最近のポンド円でも実際にそのような値動きになっていました。

f:id:hajime0707:20201031095204p:plain

2020年9月から10月にかけての4時間足の相場。

フィボナッチ・リトレースメントの38.2%と61.8%が効いていますね。

効いているといってもピンポイントで効いているわけではなく、その付近(ゾーン)から反発していることが分かります。

また、上位時間足のフィボナッチ・リトレースメントを下位時間足に反映させる場合も、同様に線ではなく帯として考えます。

f:id:hajime0707:20201031095226p:plain

例えば、4時間足では線でも、

f:id:hajime0707:20201031095240p:plain

このように、5分足では線ではなく太い“抵抗帯”として考えます。

なので、上位時間足の38.2%や61.8%といった意味のある数値に達したからすぐさま何かをしようと考えるのではなく、達した後にどのような値動きになるのか?ということを慎重に観察する必要があります。

f:id:hajime0707:20201031095302p:plain

こちらに関しても、直近の相場でそれを証明するような値動きになっていましたね。

4時間足では大したことがない下抜けでも、5分足ではこのまま下降していくのではないかと思わせるような値動きになっています。

ここで安易に4時間足のFR61.8%を下抜けてきたから売りだ!とすぐさま手を出してしまうと、痛い目にあってしまいます。

実際にこの局面でやらかしてしまった人もいるのでは?

過去チャートで実際にフィボナッチ・リトレースメントを使ってみる

過去チャートのいくつかの局面で、実際にフィボナッチ・リトレースメントを使ってみます。

フィボナッチ・リトレースメントの使い方【具体例①】

f:id:hajime0707:20201031095850p:plain

ポンド円4時間足2020年1月~4月にかけての相場。

チャート中央に位置する下降が目立ちますね。

この下降の戻しを測りたい場合は、どのようにフィボナッチ・リトレースメントを当てればいいのでしょうか。

f:id:hajime0707:20201031095901p:plain

何も難しいことはなく、このようにフィボナッチ・リトレースメントを当てることができますね。

この相場であれば、38.2%で強く反していることが分かります。

このポイントは1時間足の200MAもあるので、売りの根拠が揃っています。

実際に私はこのポイントで売って300pipsくらい取りました。

フィボナッチ・リトレースメントの使い方【具体例②】不適切な使い方も説明

f:id:hajime0707:20201031102058p:plain

続いては、ポンド円4時間足2018年7月から11月にかけての相場。

大局的には、チャート中央の上昇の戻しから買っていきたいと考える局面です。

f:id:hajime0707:20201031102157p:plain

こちらの例も特に難しいわけではなく、このようにフィボナッチ・リトレースメントを当てることができます。

実際に38.2%と61.8%の両方で反応していることが分かります。

ここで一つ、FX初心者がよくやらかす使い方を紹介します。

f:id:hajime0707:20201031102224p:plain

このような当て方は不適切です。

間違い、とまでは言いませんが、そもそも4時間足でこのような当て方をする意味があるのか疑問です。

近視眼的にしかチャートを分析できていない印象を受けます。

このような当て方は1時間レベルのそれですし、大局的に相場を見るべき時間足の4時間足では不適切だと考えます。

冒頭のFXトレードのチャート分析、エントリーから決済までを詳しく紹介

4時間足

先ずは4時間足から。

f:id:hajime0707:20201031111231p:plain

赤い縦線がエントリーポイントです。

大局的には、チャート中央の下降の戻しから売りたいと考えていました。

FR38.2%は上抜けており何度か上を試す値動きが確認できますが、結局FR61.8には達することなく下降してきました。

この値動きを見て、「4時間足レベルでも戻し売りを狙う局面に突入したのかな」と考えることができそうです。

1時間足

f:id:hajime0707:20201031111253p:plain

直近は明らかに下降の力が強く、直近安値も下抜けてきています。

FXの基本通りに立ち回るのであれば、下手に買いは狙わずどこかで売りを狙うのが自然な考えです。

f:id:hajime0707:20201031111309p:plain

続いて、どこまで戻せば売れるのかということを考えます。

当然、フィボナッチ・リトレースメントを使いますよね。

この場合であれば、このように当てることができそうです。

まずはFR38.2%までの戻しから売りが考えられます。

後は5分足で細かくエントリータイミングを計ります。

5分足

f:id:hajime0707:20201031111336p:plain

直近は上昇の力が強いように見えますが、上位時間足の環境認識上は1時間足のFR38.2%に達してからの売りを狙う局面です。

実際にFR38.2%ピッタリに達してから下降してきました。

ここでの売りがベストですね。

残念ながら、この時間はチャートを監視していなかったのでエントリーできず・・・。

  • 環境認識上は売りの力が強い。
  • 5分足でも意味のあるポイントから強めに下降してきている。

これらより、上記の下降の戻しからの売りを狙うことができそうです。

実際にいい感じで戻してきてくれたので売ることができました。

f:id:hajime0707:20201031111409p:plain

ただ、どこまで下降するのか?ということも考えておかなくてはいけません。

この局面であれば、4時間足にそのヒントがありました。

もう一度4時間足を見てみると、直近上昇のFR61.8%が下方に控えています。

その付近までは狙うことができそうです。

欲張って下抜けは狙わない。

ただ、フィボナッチ・リトレースメントはポイントではなくゾーンで考えるので、そこに達するまでに反発するかもしれません。

f:id:hajime0707:20201031111434p:plain

実際に5分足前回安値はギリギリ達することなく反発上昇してきています。

なので、欲を出さずに少し手前で決済しました。