milkさんのFX勉強会。

学習者のFXブログ

FXで負け続けている負け組が連敗癖を克服する5つの方法

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten

f:id:seiten0603:20201010102942p:plain

  • FXで勝てない。
  • FXで負け続ける。
  • FXやめようかな。

みたいなループに陥って辞めていく人、挫折する人が多いのがFXというゲームです。

そういう人は諦めたくなる気持ちも分かりますが、逆にチャンスな気もします。

というのも負け続けているということは逆に勝率ってほぼ0%とかは言い過ぎかもですけど、そのレベルだと思うんですよね。

なので、その脳みその考え方を180度変えることに成功すれば勝率100%になれると思うんですよ!(めちゃよく言えばの話)

中途半端に勝っている人よりかは連敗続きくらいの人の方がキッカケさえあれば大きく飛躍する気がします。

そこで今日はFXで負け続けている負け組が連敗癖を克服する方法をご紹介します!

初心者が簡単に勝てるほど甘い世界ではないので、そんな簡単に諦めちゃだめですよ。

FXで負け続けている負け組が連敗癖を克服する方法

建値で逃げない、名人様しない

f:id:seiten0603:20201009085413p:plain

負け続けている人は負けや含み損に異常なくらい憶病になっているケースが目立ちます。

しかし、FXは負けたり失敗したトレードがあるからこそ、未来に勝てるようになるゲームです。

転ばずして上手くなることはありえません。

なので浅い損切りで逃げたり、何度もここかなここかな?で買ったり売ったりせずに、

  • 今日は自分はこういうシナリオを考えていて、
  • ここの値動きを見てここでエントリーすると決めたから、
  • ここの安値までレートが下がらない限り絶対に損切しない。

と決めておいてください。(というかストップ置いとけばいい話です)

で、利確もどこを目標としているのかも事前に決めておけば、チキン利食いみたいなこともなくなります。

最初からうまくトレードする必要はありませんけど、ビビりすぎてちょっと伸びたら利確も何も考えない癖ができますからね。

伸ばせる所は伸ばした方が、トレード回数は少なくなりますから。

トレードをたくさんしないためにも、そういう工夫は必要です。

5分足見ない(極論の荒治療)

極論なんですけど、5分足のチャート画面を見ないという選択肢も負け続きの人はありかもです。

5分足見てると、最初のうちはとにかく値動きに振り回されまくります。

5分足レベルで見ると急激に上昇したら付いていきたくなる人たくさんいるので。

で、そういう人達から相場の餌食にされてお金をむしり取られます。

5分足見てると値動きももちろん5分に1本ローソク足が形成されて値動きが激しいので、ついついエントリーしたくなってしまいます。

それで無駄にポジポジしてしまっていては本末転倒というか、一向にお金は増えていきません。

ここも違う、ここも違うで気づいたらどんだけナンピンしてるんですか!私は!みたいな状態になる人も少なくありません。

そういうトレードをすると変な癖も付きますので、本当に困っている人は1時間足をベースに相場を観察しておきましょう。

それで明らかに今のタイミングだと買いだ!みたいな時があったとして、ここでは1時間足の確定タイミングで入ると追っかけになっちゃう…みたいな時だけ5分足を見ればいいんです。

それは実戦で養われるモノなので注意深く、そういったポイントを観察しましょう。

上位足の確定ベースのエントリーは時として追っかけになる時もありますので。

上位足の方向に逆らわない

当たり前の話ですがFXはトレンドフォローが王道です。

簡単な話で上位足の進んでいる方向を見て、その方向にトレードするのが基本です。

なんとなく今は上がってるから買い!みたいな理由でも最初はいいですが、そのなんとなくはいずれ致命傷になる時もきます。

  • どこから流れが変わったとか、
  • 今は伸びる波・修正の波どっちなのかとか、
  • 今は戻しを待ってのエントリーなのかどうかとか

そういう細かい部分に気づけないと大まか正解でも、1回のミスで今までの利益分全部パーなんてこともなくはないです。

そういう部分は追々やっていくとして兎にも角にも、まずは上位足でどっちに向かって進んでいるのかをシッカリ把握するようにしておいてください。

追っかけエントリーは絶対にしない

FXで追っかけとか、飛び乗りのエントリーは危険行為です。

確かにこの場所は飛び乗りでしかエントリーできないみたいなポイントもありますが、基本は戻しを待ってのエントリーが基本です。

そのまま自分が思った方向に進んでしまっても、とりあえずは一旦スルーして、その後の値動きを見て入ります。

もちろん戻しなく行ってしまう時もありますが、その時はその時で諦めた方が勉強になることが多いです。

飛び乗りとか追っかけエントリーの勝率って計算したら結構低いと思うので、その辺りは皆様も自分の勝率と向き合ってやられた方がいいと思います。

飛び乗りとか追っかけが絶対いけないとかではなく、場所によるって感じですね。

トレンドの初動を捕まえに行く場所とかなら良いかもですが、それがもうトレンドの先の先で上に抵抗帯が山盛りあるみたいな所だったら危険しかありませんしね。

その辺りも練習で色々培っていくしかありません。

ラインをごちゃごちゃ引いて判断材料を増やし過ぎない

ラインをごちゃごちゃ引いて、判断材料を増やすのも負け癖が付く行為の一つです。

あれもこれも気になる気になるといって、

  • トレンドラインは引きまくる
  • フィボも引きまくる
  • 指標発表も・・・・

なんてチャート分析をしていると、いつか歯車が狂います。

結局何が効いていて何が効いていないのかの判別も難しくなってしまい、最終的に手に負えなくなるのがオチです。

毎回決まった法則で引くから効くのであって、全てに適応しようとするのは無理があります。

病気と似ていますよね。それがどんな病気なのか分からずにとりあえずこの薬飲んでおけば大丈夫でしょ!的な安易な考えだと手遅れになったり、悪化することだってあります。

現在の相場分析にはこれが効く!という自分なりのものさしを決めておくことが大事です。

FXで連敗を脱出するトレード実践編!建値で逃げない!名人様しない!!

 FXで連敗続きの方は、ここの相場で一緒に勉強しましょう!

見るだけなら2分も時間取りません、見て「へー。」って思うだけでも勉強ですからね。

楽ちん。

 2020年10月第一週目のポンド円です。

4時間足の環境認識

f:id:seiten0603:20201009091448p:plain

まずは4時間足の環境認識です。

4時間足は一旦大きく下げてから、下降の波が日足・4時間足レベル共に上昇の波になる可能性が強まったところです。

というのも、直近の最安値を作った起点を明確に上抜いてきましたからね。

で、その後も安値切りあがりで上昇継続。

直前の下降は調整の波として捉えるのがベタなところです。

調整の下降の波なのですぐには買えません。じゃあどこで買ったらいいの?って話なんですけど、それは下位足に落とし込んでいけば答えは見つかります。

200MAがあるから!とか、何とかのラインがあるから!という見方でもいいのですが、それは上位足レベルだと反応が遅かったり、ゾーン(帯)として捉えないといけないケースが多いので、今回は参考にしません。

とりあえず直近は買い有利。だけど下降の波が続いているのですぐには買えないという所。

1時間足の環境認識

f:id:seiten0603:20201009091501p:plain

続いて1時間足の環境認識です。

一応フィボナッチリトレースメントあててみたのですが、これが使い物になっているのかと言われたら疑問な場面ですね。

丁度反応している訳ではないですし、まぁなくても分析できます。

ここの場面で重要だと個人的に思ったのは、前回安値付近の目立つ急なⅤ字上昇付近です。

あそこで当然この相場の中では追っかけ売りをしている人達がたくさんいる所です。

で、その人達が頑張って含み損を耐えていたのにも関わらず建値まで戻らずに、切り上げてきた所が狙い目です。

その人たちが絶望して損切する所はレートが伸びる所ですからね。

直前までは下降の波だったんですけど、直前からは切りあがりの上昇の波に変わっていますし、超おすすめポイントです。

利確は前回揉み合った付近まででいいと思います。

もちろん突き抜ける未来もあったと思いますが、一旦はポジションを決済するべき所です。

そこまで有利な位置で入っているポジションでもないので、細かく切っていくほうがいいような場面でした。

 5分足の環境認識

f:id:seiten0603:20201009091513p:plain

最後に5分足の環境認識です。

1時間足の上昇の波の切り上がりが見にくかったら、5分足で分かりやすい所で入りましょう。

もちろん根っこで買える方がいいに決まっているのですが、それを5分足レベルで見ていると何時間も無駄にポジションを持ち続けないといけなかったりするので、遅いくらいで丁度です。

値動きに翻弄されちゃう人は1時間足の確定足もしくは切り上げを見てはいるとか工夫した方がいいと思います。

その人の癖によって直し方が異なります。

5分足でもびたびたで入れるぜ!みたいな天才の人は参考にならないと思うのでスルーでどうぞ。

ただこの相場状況ではとりあえず分かりやすい買いができる所でした。

その後の売りの値動きもあるなと最後の最後で思いましたが、下の反発する可能性があるラインも怖いのでノーエントリー。

でも、このトレードだけでも60pipsくらい取れましたからね。

これ月に4回たやったら240pipsですよ!すごいですよね!

てな感じで、あまり無理せずにできる所だけトレードしましょう。無理せず長く続けるのが大事です。

ここまで勉強お疲れ様でした。