milkさんのFX勉強会。

学習者のFXブログ

FXで勝つ為のコツ・ポイントとは?上手なトレーダーのエントリーポイントを徹底考察!

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten

f:id:seiten0603:20200928102133p:plain

FXで勝つ為にはコツがあります。

勝つポイントをシッカリ頭で理解して、そこだけでトレードを繰り返すだけです。

そこには手法ごとのルールと、個人の相場観・スキルによっての裁量が入ります。

今日は上手なトレーダーさんのエントリーポイントを徹底考察します。

人のエントリーポイントを見て考えることはとても勉強になるので、ぜひ一緒に考えてトレードスキルを向上させる為に活用しましょう。

FXで勝つ為のコツ・ポイントとは?【初心者向け】

無駄なアレンジを加えない

まず大前提として、無駄なアレンジを加えてはいけません。

例えば、

  • 不必要なインジケーターをあれこれ入れたり、
  • エントリールール無視でエントリーする

ようなことを指します。

アレンジというのは基本ができた人が取り組む次の工程の話なので、早々と自分のオリジナルを加えていてはいつまで経っても勝てるようにはなりません。

まずは基本の教えてもらっている、「ここはこういう風に考えたらエントリーできますよ!」をひたすらなぞって、その考えを脳みそに定着させる作業が大切です。

変に最初からアレンジすると、元に戻すのも困難な状態になりかねないので注意しましょう!

5分足ばかりをガン見しない

とりあえず最初の初心者の壁としてありがちなのが、5分足の値動きに翻弄されてしまうということです。

確かにエントリーするのは5分足ですし、細かいタイミングを決めるのは5分足です。

だからといって5分足ばかり見ていて、上位足の値動きを軽視してはいけません。

5分足でめっちゃ上がった!みたいな形で追いかけてエントリーすると大抵逆行に合います。

基本的には待ち伏せてエントリーするのが、勝つ為には必要です。

飛び乗りとかは基本危険しかありません。経験者なら身に染みて分かっているはずです。

上位足の環境認識でどこでエントリーすれば有利なのか、危険なのかを把握して、そこで最後の最後に5分足を見て、値動きを確認してはいる。この順序が一番性格です。

5分足はそれまで見なくてもいいくらいです。

特に最初のうちは、ポジポジ病になりやすいですから、最低でも1時間足の確定を待つなり、5分足でも買える形、売れる形を明確に自分の中で練習で落とし込んでおくのが大事かと思います。

どの波を取りたいのか事前に想定しておく

あとエントリーと同時に意識したいのは、どの波を取りに行きたいのかという話です。

  • 上位足レベルの上昇3波とか5波を捕まえに行きたいのか、
  • 調整の波の中の少しの戻しを捕まえに行きたいのか

これだけをエントリー前に考えておくだけでも結果は大きく変わると思います。

例えば一律20pipsで利確します!10pipsだけ抜きます!みたいな人だったら、別にあまり関係ないと思うのですが、

エントリーポイントは良くても結局、今のエントリーポイントからどこまで伸びるのかを想定していないと、利確しようにも利確できなくて結局建値、もしくは損切みたいなケースもよくあります。

「あーれー?」のパターンです。

もちろんエントリーポイントが全てと教えられていますから、エントリーポイントは大事なんです。

けど、じゃあそれ以外は適当でいいのかと言われたら、そこは細かく考えないと建値貧乏というか、エントリーポイントは良くても毎度毎度微益とかで終わって、ネガティブな気持ちになります。

あまり何も考えられない人は大きく狙わず、本当に思考停止気味ですが20pipsとか、伸びた先で利食う癖を付けましょう。

この辺りは相場の理解度によって大きく結果は変わると思います。

自分の理想のトレードスタイルに合わせて、そこは考えて工夫しましょう。

1時間足レベルの順張りを意識する(デイトレの場合)

最後のコツ・ポイントとしては総括的なことですが、やっぱり1時間足レベルの順張りを意識することが大事かと思います。

特にデイトレードの場合は。

1時間足レベルで下降トレンドを形成しているのなら、当然売り目線でトレードを組み立てて、

上昇トレンドなら買い目線でトレードを組み立てる。

あとは、細かい調整の波や買えない売れない形などを見極められるようにしたり、意味のある節目部分などを事前に予測しておくなどの作業を徹底すれば大きく負けることは防げるはずです。

初心者によくありがちなのがお祈りタイムで、いつまでも自分のポジションを信じ続けて持ち続け、そのポジションのせいで口座破綻というのがよくあります。

なので例え環境認識的に自分の正解が合っていても、ここまで落ちてきたら違うなという最終ボーダーラインは決めておかないとお金は増えません。

お金を増やすためにFXやっているのに、自分の考えは間違ってないんや!みたいな何と戦っているのか意味不明なことになります。

戦うのはこういった所でもつくづく自分自身なんだと気づかされますね。

FXが上手なトレーダーのエントリーポイントを徹底考察!

2020年の9月第3週目のポンド円で上手なトレーダーのエントリーポイントを考察してみました

こういう所で入れる思考が大事という考えを言葉にしてみたいと思います。

4時間足の環境認識

f:id:seiten0603:20200928094817p:plain

まずは4時間足の環境認識です。

4時間足は上昇の起点となる場所にFRをあてると、61.8%の水準まで下降してきました。

で、その水準で上に上がるのか下に上がるのかよく分からない値動きを続けています。

直前で一旦勢いよく下に長い陰線で下げたのですが、それを全戻しする値動きも見て取れますので正直難しいです。

売り優勢だとは思うんだけど、直前の値動きを見るとまだどちらもありえるそんな値動きでした。

ただ高値は切り下げているので、売り比重は強め。

直前で売れない形になったら、調整の上昇として一旦買いを取ったり工夫しなければいけません。

1時間足の環境認識

f:id:seiten0603:20200928094830p:plain

 続いて1時間足の環境認識です。

1時間足は直前のⅤ字上昇が気になりましたが、結局直前の高値を更新できずに再度下降してきました。

どこから落ちるのか?というのは値動きを見ていないと分からない場面なので、それは下位足で良い場所を見つけないといけません。

とりあえずは一旦上がるのかなと思っていたが、高値更新できずに下げてきたので売れる形になれば売りたい。という結論です。

あとは細かくエントリーポイントを下位足で吟味していきたいです。

横ばいが続いていますので、見極めないと保有時間が長くなりますからね。

5分足の環境認識

f:id:seiten0603:20200928094842p:plain

最後に5分足の環境認識です。

直前で安値が切りあがり少し上昇の形になりかけたのですが、結局気になる高値付近を更新できずに下降の形に。

その後再度安値を試して一旦上昇の形になったので、「買いになるのか。」と見せかけて高値更新できずに直前上昇全戻し。

このケースは5分足陰線確定で追っかけて抜けた方についていくという方式を取った方が安全ではないかと思われました。

というのも直前までは分からない値動きをしていて、上を試しに行った値動きも結果としてありましたからね。

なので、あの最後の勢いのある陽線の先っぽで売るよりかは、抜けを確認して追っかけてついていく方が安全ではないかと思われました。

直前の安値更新できるかはまだ分からなかったので。

で、こんなに伸びるかどうかは神様だけが知っているので超ラッキーな相場でしたね。

ここまで伸びた後の相場は、一旦は調整として少し戻ってくるのがセオリーです。

もちろん安易に逆張りをするのではなく、確認しての逆張りで少し取るトレードです。

明らかに売りが強いのは誰でも分かりますからね。

で、最後の最後追っかけ売りをした人たちが、直前の勢いの強いV字上昇で損切を余儀なくされる場面でエントリーです。

逆張りなので直線で利食って終了です。ここは逆張りと分かってやる安全な逆張りポイントでした。

基本的には多勢の勢いに動かされるのが相場です。多勢というのはこの中で追っかけて売っている負けている人達です。

その人たちが直前でどのような行動を考えてトレードするのかを考えてエントリーポイントを決めるのも楽しいですから是非やってみてください。

ここまで勉強お疲れ様でした。