milkさんのFX勉強会。

学習者のFXブログ

FXで挫折(失敗)したっていいじゃないか。そこで諦めなければ挫折はFXトレーダーとしての力となる。

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten

f:id:hajime0707:20201007224748p:plain

FXでようやく勝てるようになってきましたが、山あり谷ありのFXトレーダー人生だなとつくづく実感しています。

私はFXの才能がなく不器用なのでしょうがないのかもしれませんが、振り返ってみると上手くいったことの方が少なくて圧倒的に挫折(失敗)ばかりです。

上手くいきそうだ!と思ったらどんでん返しがあることもしばしば。

実は先月もちょっとやらかしてしまったのですが、それでも諦めるという選択肢は絶対に取りません。

FXで「安定して勝ち続けること」の難しさ

FXで安定して勝てるようになるということは、とても難しく奥深いと感じています。

勝てるFX手法を手に入れているのであれば、一時的に勝つことは比較的簡単にできます(私は時間がかかりましたが…)

しかし、1年、数年、それ以上の年月安定して勝ち続けるというのは、難易度が別次元であると実感しています。

FXを学び始めた当初と比べると成長してはいますが、まだまだ未熟で好不調の波があります。

安定して勝ち続けられるFXトレーダーは程遠いです。

なぜ好不調の波があるのか?

それは、自分が苦手な相場にぶち当たった時に余計な損失を出すからだと考えています。

やらかした後に出来上がったチャートを振り返り、ようやくその時に「いつもやらかす苦手な相場だったんだ・・・。」と気が付くパターン。

しかし、最近は毎度やらかすわけではなく、気が付かずに損失を出す時もあればそれに気が付いて回避できる時もあるようになりました。

安定して勝ち続けているFXトレーダーは、自分が苦手とする相場でも上手く立ち回れているはずです。

その頂に近づくためには、自分の苦手とする相場を明確にし立ち回り方を覚える必要があります。

相場というのは全く同じ形のものは二度と訪れないので、過去チャートで似たような形の相場を分析して未来に活かすことしかできません。

苦手な相場が明確であれば、それに類似した相場を徹底的に分析する学習が必要です。

しかし、それだけでは不十分です。

日常生活とFXは切り離せない

FXを学ぶ上で一番都合のいい環境は、生活費は全て自分以外の誰かが負担してくれて、自分はFXだけに集中できる環境ですね。

そんなストレスフリーの環境でFXを学べる人はごくごく少数で(いるのかな?)、大半の人が仕事、もしくは他の用事と兼務しながらFXを学んでいると思います。

そうなってくると、超絶ブラックの企業に勤めている人よりもホワイト企業に勤めている人の方が余計なストレスなく時間的なゆとりをもってFXの学習ができるでしょうし、トレードチャンスも掴みやすくなります。

仕事も阻害因子の一つですが、それ以外にも家族に不幸があったり自分が病気になったりその他諸々の事情も大きく影響してきます。

ただ、履き違えてはいけないのは、FXで勝てないのは会社等の周りのせいではないということ。

クソ忙しい会社に勤めながらもFXで勝てるようになる人もいるでしょうし、ホワイト企業に勤めていても勝てない人はいつまでたっても勝てない。

もしかすると、そういった「自分以外のせいにする考え方」がマズいから勝てるようにならないのかもしれません。

忙しくてチャート分析が疎かになったので負けました、みたいな。

重要なのは正しくチャートを分析することに加え、その環境下でどうすればFXの学習ができるかを考えることです。

言うのは簡単なのですが、意外とこれが難しい!

FXの学習に専念したいのに次から次へと邪魔が入るんです。

FXが上手くいかないと、余計に邪魔と感じてしまったり。

あれやこれやとやっていると1週間があっという間に過ぎてしまい、今週も何もできませんでした・・・。となってしまいます。

充実している1週間と思えばありがたいかもしれませんが・・・。

こういった障壁を「FXの神様に試されている」と勝手に呼んでいるのですが、多くの人はこの試練に耐えきれずに諦めてしまいます。

FXで安定して勝てるようになるために一番大切なことは・・・?

色々書きましたが、FXで安定して勝てるようになるために一番必要なことは何でしょうか?

「FXで上手くいかなくても、正しい学習を諦めずに続けること」ですね。

世の中の大半の人がちょっと上手くいかないからといって、すぐにFXを学ぶことを諦めてしまう。

これはFXの才能がない人には朗報ですよね(笑)

私のような凡人以下の人間のところにもチャンスが巡ってくるということですから。

あとは努力してそのチャンスを掴むだけです。

FXは正しい努力は報われる世界です。

どんなに才能のない人間でも、挫折を嫌というほど繰り返しても諦めずに正しいことを続けていれば、少しずつ上手くなっていきます。

才能がある人に努力されるとさすがに敵いませんが、FXで大事なことは自分自身がどう変わったかということです。

一発で改善点を修正し上昇FXトレーダーになることは難しいかもしれませんが、何度も何度も失敗をするうちに失敗をする頻度が減っていきます。

そしてチャンスを掴むことができるようになる。

FXはレバレッジをかけることができるので、月に1000pipsも取らなくてもお金持ちになれます。

FXの先生は、安定して月間200pips取れるようになれば専業レベルと仰っています。

私が入会しているFX勉強会では、実際に月間200pips獲得できている人が大勢います。

正しい努力を諦めなければ、このくらいの結果は思ったよりもあっという間に達成できます。

後は安定して毎月獲得し続けるだけですね。

FXを学んで3年が経ったけれど、分かっているようで分かっていないことがまだまだたくさんある

FXを学んで3年が経ちましたが、ようやく先生が常々仰っていることが最近少しだけ分かるようになってきました。

FXの手法や分析云々の話ではなく、FXを学ぶ上で大切な姿勢の話です。

分かるというのは表面的な理解ではなく、腑に落ちる経験というか、そういうことを感じるようになりました。

たとえばこの投稿。

「独学の罠」は、FX勉強会に入会しても起こりうることなのだと改めて認識しました。

というのも、私自身が「独学の罠」に片足を突っ込んでいたからです。

FX勉強会に長く在籍してちょっとFXで勝てるようになってきたからという慢心から、初心を忘れてFX勉強会に参加したりしなかったりと独りよがりな学習をしていました。

FXの神様はそれを見ていたのでしょう。

調子に乗るなと罰を与えていただきました(笑)

よくよく振り返ってみると、先生の教えから逸れたこともやっていたことに気が付きました。

FXトレードを見返しても、ルールから逸脱したものが散見されました。

当然の結果だったということですね。

私は愚かなので、実際に経験(失敗)をしないと分からない人間です。

しかも、経験したからといって全てすぐに修正できるわけではなく、性懲りもなく同じような失敗をしてしまうことも多々あります。

が、FXに関してはどんなに失敗しようと先生に罵られようと諦めるという選択肢は取りません。

そのお陰で、本当に少しずつではありますがFXで結果を残せるようになってきています。

最後にFXトレードを紹介

このブログ記事を書きながら30pipsピッタリ取りました。

振り返ってみると、我ながらクソみたいなエントリーポイントですね。

売り目線で相場を見ていたので損切りせずに責任をもって保有。

5分足だけを見て売りのエントリーポイントを掴むのであれば、FE261.8で止まって下降してきたことを確認して、エリオット第5波まで終了までじっくりと待ってから売るのがいいですね。

f:id:hajime0707:20201007223719p:plain

エントリーが早すぎる傾向にあるので、焦らず落ち着いてエントリーすることを意識した方が良さそうです。