milkさんのFX勉強会。

学習者のFXブログ

【FX初心者向け】フィボナッチ・リトレースメント(FR)の正しい使い方

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten

f:id:hajime0707:20200923212552p:plain

フィボナッチ・リトレースメント(FR)の使い方【FX手法】

フィボナッチ・リトレースメント(FR)は、どのような場面で使うのか?

相場というのはどんなに強いトレンドであっても一直線に進むことはなく、押し戻しを繰り返しながら上昇、または下降していきます。

トレードの王道は順張りですが、ただ単に流れに乗って適当に買ったり売ったりするのではなく、押し目からの買い、戻り目からの売りを狙います。

そんなことはFXをやっている人であれば誰でも知っています。

が、分かっていても実行するのはなかなか難しいのが実際のところではないでしょうか。

そんな問題を解決するヒントになるのが「フィボナッチ・リトレースメント(FR)」です。

フィボナッチ・リトレースメントは、その相場の押し戻しの強さを測ったり、どこまで戻すのかという予測を立てたい場面で使います。

超簡単ですね。

フィボナッチ数列がどうのこうの、といった小難しいことは、FXにおいてはトリビアみたいなものなので覚えなくても大丈夫です。

では実際に、具体的な設定や使い方を紹介します。

フィボナッチ・リトレースメント(FR)で設定する数値(重視するべき割合)

フィボナッチ・リトレースメント(FR)を使うにあたって重要となる数値(割合)は、

FR38.2%

FR61.8%

この2つだけ。

補助的にFR23.6%や50.0%をまれに使うこともありますが、基本的には使わなくても十分FXで勝てるようになります。

特にFX初心者のうちは、下手にあれもこれも使うのではなくFR38.2%と61.8%の2つに絞ってチャート分析する方がいいです。

FX初心者にありがちなのが、インジケーターやラインなどばかりを見てしまうという失敗です。

フィボナッチ・リトレースメントの数値を無駄に多くしてしまうと、そればかりに目が行きチャート分析する上で最も重要な「値動きの意味を理解すること」が疎かになりがちです。

チャートに表示するものは必要最低限なものだけにして、しっかりと値動きを見て分析することがFX初心者を脱する第一歩です。

フィボナッチ・リトレースメント(FR)の当て方

基本的には、1本の波(トレンド)に当てるようにします。

チャート内の最高値から安値に向かってFRを当てます(もしくはその逆)。

実例を挙げます。

f:id:hajime0707:20200923211308p:plain

直近ポンド円の4時間足です。

この相場であれば、どのようにFRを当てるのが正しいでしょうか。

上昇トレンドに対してはこのように当てることができ、

f:id:hajime0707:20200923211424p:plain

直近の下降トレンドにはこのように当てることができます。

f:id:hajime0707:20200923211409p:plain

ポンド円の日足はどうでしょうか。

下降に対しては迷うことなくFRを当てることができます。

f:id:hajime0707:20200923211451p:plain

しかし上昇に対してはちょっと難しいかもしれません。

f:id:hajime0707:20200923211505p:plain

最安値から高値に向かって当てると、いくつもの波を挟んでしまうことになります。

主観的な部分も入ってしまいますが、きれいな1本の波(トレンド)なのか?と言われると「うーん」という感じに思えます。

そのような場合は無理やり当てる必要はないと思います。

当てたとしても、強い根拠ではなく参考程度に考えるのがいいです。

重複しますが、大事なのは無理やりFRを当てようと(使おうと)することではなく「どのような値動きなのか」ということを知ろうとすることなので、そこは注意が必要です。

FX初心者がよく間違えるフィボナッチ・リトレースメント(FR)の使い方

下位時間足レベルのフィボナッチ・リトレースメント(FR)の当て方をしてしまう

FX初心者がよくやってしまう間違った使い方を紹介します。

説明するより見たほうが早いと思うので、さっそく先ほどの日足のチャートを使って実例を挙げます。

このような使い方。

f:id:hajime0707:20200923211549p:plain

日足なのに4時間足レベル(下位時間足)の使い方をしてしまっています。

間違いではないのかもしれませんが、4時間足レベルのFRを日足に反映させる意味がないですし、相場を近視眼的に見てしまっているようにも思えます。

また、一番大事な値動きを蔑ろにしてFRというツールに振り回されているようにも見えます。

相場の値動きを把握し俯瞰して分析するという観点からも、それぞれの時間足に合わせた使い方をする必要があります。

実際にフィボナッチ・リトレースメント(FR)を使ってチャート分析をする

f:id:hajime0707:20200923211632p:plain

買いで合計約75pips獲得できました。

このFXトレードは、チャート分析にフィボナッチ・リトレースメント(FR)が活躍してくれています。

どのようなチャート分析をしたのかを具体的に紹介します。

4時間足

f:id:hajime0707:20200923211704p:plain

赤の縦線の位置がトレードをしたポイントになります。

直近はとても下降の力が強いですね。

大きな戻しなくグイグイ下がってきています。

「もしかすると、上昇トレンドから下降トレンドへ移り変わったのかもしれない」と考えていました。

冒頭でも述べたように、相場というのは一直線に動くことはありません。

押し戻しを繰り返しながら上昇、または下降していきます。

直近の戻しのない下降がどこまでも続くことは考えにくいです。

このまま下降していくとしても、どこかでは一旦落ち着くのではないか?ということが考えられます。

それじゃあどこで落ち着くのだろうか?

そんな時に使うのがフィボナッチ・リトレースメント(FR)ですね。

f:id:hajime0707:20200923211751p:plain

この局面であればこのようにFRを使うことができそうです。

FR38.2はあっという間に下抜けていますが、FR61.8では露骨に反応していることが分かります。

この値動きを見て、一旦戻すのであればここかもしれない、という予測が立てられます。

上位時間足のフィボナッチリトレースメント(FR)を下位時間足に反映させる場合の注意点

続いて1時間足を見てみます。

f:id:hajime0707:20200923211808p:plain

4時間足のFR61.8(赤い水平線)に達してからは、横ばい(レンジ)のような値動きになっていることが分かります。

ここで一つ注意点が。

上位時間足のFRを下位時間足に反映させるときは、「細い線ではなく、太い抵抗帯である」ということに注意する必要があります。

どういうことか説明すると、4時間足では細い線ですが1時間足ではこのように太い抵抗帯であるということです。

f:id:hajime0707:20200923211824p:plain

実際にピッタリ効いているのではなく、4時間足FR61.8を中心とした横ばいになっていることが分かります。

意味のあるポイントに達した後の値動きというのは強く反発することもありますが、今回のようにもみ合って横ばいのような値動きになることもあります。

こういう時にトレードするときのポイントは、「できるだけ上限から売って下限から買う、真ん中では余計なことをしない」ということです。

また、エントリーするのであれば絶対にモタモタしないこと。

今回の相場も直近は下降の力が強いとはいえ、4時間足のFR61.8に達して明らかに反応しているので、下手に売ると逆行して損失を出してしまいます。

逆にここからの上昇を狙って買うことも考えられるわけですが、その場合は逆張りになるのでできるだけ下限へ引き付けてから買うことが重要になります。

そういったことを踏まえて、最後に5分足を見てみます。

5分足

f:id:hajime0707:20200923211920p:plain

パッと見は上にも下にも行けない値動きに見えます。

環境認識上は買いを狙っていたので、できるだけ下限に引き付けてから買いたいと考えます。

何度も下抜けを狙っていますが、抵抗が強くて下抜けることはできない値動きに見えます。

中央付近に位置している強めの下降も、時間をかけずにFR61.8まで戻されています。

これらの値動きを見てタイミングを見計らって買い。

しかし、エントリーポイントが悪くて目標地点に達するまでしばらく含み損を抱えてしまいました。

f:id:hajime0707:20200916232632p:plain

もしこの局面で買うのであれば、このようにトレンドラインを引いて買うのが良さそうです。

このトレンドラインの引き方であればピンポイントで飼って利益を上げることができそうです。

実際に、FX勉強会にはピンポイントで買って利益を上げていた人が大勢いました。