milkさんのFX勉強会。

学習者のFXブログ

FX初心者がエントリーチャンスを逃すのを病的に嫌うワケ。結果論より本当のチャンスを掴め!

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten

f:id:gupio317:20200911162037j:plain

FX相場でレートがグン!と動いた瞬間。

FX初心者がエントリーチャンスを逃した時に何を思うのか。

「悔しい!エントリー出来ていればこんなに利益が取れたのに…」。

そのチャンスというのは本当にあなたのチャンスだったんでしょうか?

今回はそんなお話。

キーワードは「問題なし!

FXで初心者がエントリーチャンスを逃すワケ

f:id:gupio317:20200911162308j:plain

FX初心者でもプロトレーダーでもレートが動き出すタイミングがエントリーチャンスなのだとしたらどちらもでも逃すことはあります。

プロトレーダーであれば逃すというよりは見送るという言葉の方が正しいのですが。

ではなぜFX初心者がエントリーチャンスを逃すのかを私なりにお話します。

1日1回トレードしなきゃ気が済まない

f:id:gupio317:20200911163539j:plain

FXを始めた当初や勝てる手法を教わった時というのはとりあえずトレードしたくはなりますよね。

仕事をしながらFXの学習をしている方であれば相場に向き合える時間は限られます。

その相場と向き合える限られた時間の中で、せっかく相場をみているんだからトレードしたい。エントリーしたい。

結果として1日に1回はトレードをしなければ気が済まない。

相場は良い時であってもエントリーチャンスが都合よく転がっているわけではないので、しっかりと見極めなければいけませんし、いいエントリーチャンスを掴みたいのであればしっかりと待たなければいけない。

相場は私たちトレードの都合で動いているわけではないので、相場に私たちが合わせて向き合う必要があります。

焦った者から相場で敗退していく

本当のエントリーチャンスも見えてこない。

チャンスがチャンスではない

f:id:gupio317:20200911163917j:plain

FXではレートがグンと動いた時が必ずしもエントリーチャンスではありません

レートが動いた後にこれはチャンスだったんだーと単純に考えるのは無知。

これは正しい勝てる手法を持っているかどうかにも関わってくると思うのですが、ルール通りの手法に沿ったエントリーチャンスでレートが動いたのであればそれは正解。

でもそうでは無い場合にはそれは本当のエントリーチャンスなのかというのは疑問。。

要するに私たち学習者がその本当のエントリーチャンスを見極められるかどうか。

もちろん学習し始めの初心者の時はなかなか見極められない。

これは至極全うな話。

本当のチャンスを掴むための学習が必要なんです。

現段階でそれが一つも把握出来ないのであれば単純に学習不足なんだと思います。

しっかりと気合を入れて学習しましょう!

シンプルさの欠如

f:id:gupio317:20200911164430j:plain

エントリーチャンスを逃す理由としてFXの学習を続けられている方にありそうなのが、相場を複雑に見過ぎていませんか?ということ。

教わった勝てる手法を素直にルール通りに分かりやすく使えばそこまで複雑にならずに向き合えるのに、不安や焦りからあれもこれも相場に適用したくなる。

FX勉強会の参加者さんで勝てるようになっている方のトレード報告を拝見していると過去報告ではチャートにこれでもかというツールを適用させて本当に大事な値動きが見えなくなるくらいになっていたものが学習が進んで行くにつれて必要最低限なものしか表示させていないというのを良く見かけます。

もちろん先生が毎週末に配信される解説動画でも同様です。

必要最低限の効果のあるものだけを適用させてルール通りに余計なことをしない考えないシンプルさというのはエントリーチャンスを逃さない為には必要な事だと思います。

パターン

f:id:gupio317:20200911164912j:plain

エントリーパターン。

これは主にエントリータイミングを計る下位足での値動き。

4時間足や1時間足の大局的な値動きの方向性が分かっている時にどのタイミングでエントリーするかというのが必要になります。

小さくエリオット波動や3度目の正直など。

こういったパターンのタイミングを待って最適な所でエントリーをする。

ただ、最近個人的に思っていることはパターンに当てはめようとし過ぎるのは良くない。

私の場合は単細胞なので、パターンにばかり固執すると柔軟な対応が出来なくなるので、最後の最後のパターンはざっくりとしものをイメージして、あとは思い切ってエントリーする。

FXはエントリーポイントがすべて。

大局的な環境認識が間違っていないのであれば、最後のエントリーポイントは学習を積んで徐々に微調整をして行くしかない。

FXエントリーチャンスを逃した1日の流れ

f:id:gupio317:20200911165427j:plain

2020年9月7日ポンド円。

この日私はノートレード。

大局的な環境認識は間違っていなかったように思うのですが、トレード出来ませんでした。

エントリーチャンスを逃したわけです。

1日を振り返って、環境認識からシナリオその時に考えていたことまで詳しく解説します。

環境認識

f:id:gupio317:20200911165557j:plain

いつも通り。

お付き合いするならお友達から。

FXやるなら環境認識から。

4時間足

f:id:gupio317:20200911165636j:plain

誰がどう見ても上昇トレンド。

戻しも浅く上昇の勢いがあります。

ただ、上昇がどこまでも続くことは無いので、グイグイと上昇して行った先っぽはいつドスンと落とされるのか分からないので買うにしても慎重に確認してからでないといけない。

直前では高値から実際に若干下降もしているので、買うのであればある程度の押し目候補くらいまで待つかもしくは値動きを確認するしかない。

押し目候補となりそうなのは近いところでは200MAもしくは上昇FR38.2%ですかね。

1時間足

f:id:gupio317:20200911165843j:plain

直近は高安値を切り下げる下降トレンド。

200MAで停滞し3度目の正直で上昇しましたが、直後に全部戻すどころか安値を切り下げて200MAも下抜けました。

ただ直後にその下降分をほとんど戻す上昇が発生。

この地点というのは1時間足で見る直近の上昇起点のFR61.8%付近ではあるのですが、このFRは本当に正しいのかというのはルール的には不明ですし、実際にはまだ到達していないので、そこまで意味のある所からの上昇ではないんじゃないか。

トレンドラインを引くと下向きのラインが効いているようにも見えます。

ということはこの時点ではまだ買いをするための根拠が特に無いように思えるので、トレードとして考えるのであれば売りなんじゃないか。

シナリオ

f:id:gupio317:20200911170358j:plain

この日のトレード目線としては売りのみ。

買いは特に考えていませんでした。

買いを考えるのであれば何か根拠が出た後で問題ないのでそうなったら考えようかなくらい。

売りのみを考えたいのですが、1つ気になっていたことがありました。

f:id:gupio317:20200911170506j:plain

それが4時間足でこの相場を見た時に1時間足200MAからの反発の下降の部分が長い下髭で全部返されて安値を割っていないんじゃないかということ。

これを踏まえてシナリオを立てました。

4時間足でしっかりと安値を割っていくようなら戻しを待ってから売る。

タイミングが取れない

f:id:gupio317:20200911170648j:plain

今回は4時間足、1時間足、5分足を1画面に表示させています。

4時間足で安値を抜けなかった所に水平線を当てておきます。

V字の上昇からジリジリと下げて来ました。

そして当てていた水平線も抜けて来ました。

今この時点で後は売りのタイミングを取るだけだと準備をしていたんですが、タイミングはどうするか。

小さくエリオット波動5波などで上昇出来ないのを確認してとか5分足の200MAくらいからとこの時考えていました。

その後はどうなったのか。

f:id:gupio317:20200911170851j:plain

小さなエリオット波動とも見えずに、ジリジリと上昇した後にストン!と強く下降しました。

私はこのタイミングを取れずに見事にエントリーチャンスを逃しました。

だからと言ってその後の戻しからエントリーすることを考えるかと言えばそれはもう既に下げた先なので、多くの人が利確を考える所で売ることになるので危険ですし、ルールでも無いので結果としてこの日の相場はエントリーを逃して見送りとなりました。

FXでエントリーチャンスはいくらでもあるから問題ない

f:id:gupio317:20200911171059j:plain

エントリーチャンスを逃して悔しかったのか。

確かに残念だとは思いましたが、そこまで気にはしていませんでした。

今回の相場での感想としては、下降の勢いが強い時は大して戻し(パターン)無くストン!と下降していくことがあるんだ!ということ。

展開が早い相場は難しい。

エントリーチャンスを逃して悔しくない理由としては、別に他の日でも十分にチャンスは訪れるので、また次の日にチャンスがあってタイミングが取れればトレードする

ただそれだけ。

通貨ペアはポンド円だけですが、それだけでも1週間に何回もエントリーチャンスはあります。

また、エントリーチャンスを逃したということはそこには今回の私のように学習不足でもあるので、今回を踏まえて展開が早い相場での対処方法を学習しなきゃいけないんだということにも気付けました。

本当にFXは学習要素が満載で毎日何かしらの課題を突き付けられますね。

いやー面白いですよ。やりがいありますよ。

さあ今日もFXの学習頑張りましょうね!