milkさんのFX勉強会。

学習者のFXブログ

FX逆張りのコツはゴール地点の証拠からトレード。どんな時も最適な選択の訓練。

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten

f:id:gupio317:20200909150947j:plain

FXで勝つための王道はトレンドフォロー「順張り」

ではトレンドに逆らったトレード「逆張り」はしてはいけないのか。

逆張りが危ないのは確かですが、相場状況によっては良いトレードが出来る。

今回は逆張りのコツを実際のトレードを踏まえて詳しくお話します。

キーワードは「最適な選択をしよう!」。

FXで危険な逆張りのコツ

f:id:gupio317:20200909151153j:plain

逆張りには基本となる概念とそれによる戦い方で良いトレードは出来ます。

逆張りとは何なのかとコツをご紹介します。

逆張りとは

f:id:gupio317:20200909151242j:plain

逆張りとは相場の流れに逆らったトレードの事なんですが、これに疑問を持つ方も多いかもしれません。

まずトレードスタンスがどうなのか。

スイングトレードなのかデイトレードなのかスキャルピングなのか。

FX勉強会ではデイトレードを行っているので、今回はデイトレードでの逆張りの話をします。

4時間足では上昇トレンド、1時間足では下降トレンド。

この場合の逆張りは売り?買い?

デイトレードのスタンスとして1時間足をベースに5分足でタイミングを計るのが基本1時間足で下降トレンドなのであれば買いが逆張りになります。

相場状況によっても若干異なるかと思いますが、ここはこれくらいざっくりと捉えておきましょう。

ゴール地点

f:id:gupio317:20200909151658j:plain

逆張りトレードの際に重要な要素の1つが「ゴール地点」。

そのレートには何がありますか?ということ。

FX勉強会であればフィボナッチリトレースメントやフィボナッチエクスパンション、エリオット波動、200MAなど。

FX相場はいつまでもどこまでも同じ方向に進んで行くことは無いので、ある一定の所まで到達すると反発してその後はまた別の展開が訪れます

そのある一定の所の参考として持っている勝てる手法の何があるのかを確認する。

それがゴール地点。

ゴール地点だと思われる何かがあるからじゃあ逆張りトレードしよう。

というのはご法度。

もちろんピンポイントで作用する進研ゼミのような1時間足200MAやフィボナッチリトレースメント38.2%がある場合は可能ですが、基本的な逆張りは止まったのを確認してからのトレードになるので次の要素が必要となります。

証拠

f:id:gupio317:20200909152258j:plain

ゴール地点だと思われる何かがある所までレートが来たらやるべき事。

値動きがその地点で止まったという証拠を確認する。

証拠って何よ!と思われるかもしれませんが、先生のyoutube動画やブログを拝見している方なら分かるはず。

FX相場が大好きな3度目の正直(4度目の場合もありますが)。

またはドン!とレートが反発するなど。

こういった止まったという証拠を逆張りの際はしっかりと確認しましょう。

伸ばしすぎない

f:id:gupio317:20200909152452j:plain

FXの逆ばいトレードの際は基本的に利確は伸ばしすぎない。

トレンド方向に対して逆方向にトレードするわけですから、そのままトレンドが変わっていくような場合もありますが、その際はトレンドが転換してからその方向に付いて行けばいいだけなので、現状は逆方向に向かっていることには変わりないので、いつトレンド方向に反転するかが分からない。

であれば伸びるかもしれないから…というだろうで利を伸ばすのはおかしいですよね。

では伸ばしすぎないというのはどこまで伸ばしすぎないのか。

これはFX相場での経験値なども大きく関係してくるかと思いますが、分かりやすいのはフィボナッチエクスパンションやフィボナッチリトレースメント、前回反応したレートなどを利用して、一番近くにあるレートが反応しやすそうな地点を選択するのがいいかもしれません

もちろん最初は1回のトレードで最低利益20pipsで利確しておくのも有りですね。

FX逆張り50pipsトレード

f:id:gupio317:20200909152832j:plain

2020年9月4日ポンド円。

逆張りトレードで50pips利確しました。

実は今回のトレードで私は失敗もしていますので、なぜ失敗したのかも踏まえて詳しく解説して行きたいと思います。

環境認識

f:id:gupio317:20200909153007j:plain

お付き合いするならお友達から。

FXやるなら環境認識から。

4時間足

f:id:gupio317:20200909153047j:plain

4時間足では誰がどう見ても上昇トレンド。

戻しも浅く強くグイグイと上昇。

ただ、安値からかなり上昇しており、FX相場は同じ方向にいつまでも上昇することが無いので、伸びた先というのはちょっと危険。

高値からも若干強めに下降が発生しています。

安易に買えないような状況と難しそうな局面です。

上昇の押し目から買うにしても目安が必要となるのですが、フィボナッチリトレースメント38.2%すら戻していないので4時間足での目安は無さそうです。

1時間足

f:id:gupio317:20200909153234j:plain

1時間足では直近を見ると高値から高安値を切り下げる下降トレンドのような値動き。

グッと上昇してきた上昇起点にフィボナッチリトレースメントを当てると50%付近。

ただ、フィボナッチリトレースメントのルールとしては4時間足での当て方が正解だと思うのでこれはあくまで参考程度。

現在は200MAで若干反応しているような感じ。

200MAは傾きのある上向きなので、下降に対してのとりあえずのゴール地点に成り得そうではあります。

まだゴール地点になるかな?という疑問形ではありますが。

シナリオ

f:id:gupio317:20200909153734j:plain

4時間足1時間足での環境認識を基にシナリオを立てます。

デイトレードとして基準となるのは1時間足なので、1時間足で現在は下降トレンドなのでまず考えるのは売り。

ただ、気になるのは下降のゴール地点になるかもしれない1時間足200MAで若干反応しているので、そこでどうなるかがこの日の分かれ道になるかなと考えていました。

  • 売るのであれば1時間足200MAをグッと割ってきた戻しからの売り
  • 買うのであれば1時間足200MA割れずに止められるのが確認出来たら買い
  • 横這いのような訳の分からない値動きになるのなら様子見

逆張りの基本を逸脱

f:id:gupio317:20200909154440j:plain

5分足。

1時間足200MAで反応して上昇しました。

その後再度200MAを試すも下降出来ずに強めの上昇が発生しました。

1時間足200MAで安値が2度止められた事実が出たので、買いのシナリオを優先して相場を確認していました。

買い目線で固定をしたことで私はある失敗をしました。

それはFX逆張りトレードの基本を逸脱したこと。

逸脱とは何かと言うと、1時間足200MAで3度目の正直で下降出来ないなら買いが基本なのですが、5分足での直前のちょっとした上昇にだけ目を向けて押し目からの買いを意識してしまったこと。

5分足では200MAも上向けているし、小さいですが下降FE161.8%付近までジグザグと弱弱しく下降しているようにも見える。

そしてそこらへんで出た小さな強めの陽線での買い。

本命

f:id:gupio317:20200909154751j:plain

その後どうなったかは当然買ったレートから下降しました。

レートが下降した辺りで「アッ!ここでのトレードは押し目買いはダメなやつだった!」と気付きました。

シナリオ通り1時間足200MAで3回止まったのを確認してからの逆張りトレードをしなきゃいけないと。

じゃあ損切りかと言えばそれはしませんでした。

売る根拠も無く、まだ分からない所だったのでビビらずに保有。

1時間足付近まで下降して、そこには5分足でも上向きトレンドラインで3度目の正直に当たる所でもあり、陽線でグッと上昇したのを確認して再度買いでエントリー。

利確は今回1時間足下降トレンドに対しての逆張りなので、この相場内で気になるのは直近の強く落ちたレート付近が上にあるのでそこまで保有。

逆張りトレード50pips。

FXでは逆張りだろうが何だろうが最適な選択をすることが大事

f:id:gupio317:20200909155052j:plain

今回紹介した逆張りトレードで確かに勝つことは出来ました。

ただ私は逆張りトレードにおいての最適な選択を取ることが出来ませんでした。

上昇トレンドにおける順張りでの押し目買いならばまだしも、1時間足で下降トレンドに対しての逆張りをするのにちょっとした上昇からの押し目買いはありえない。

逆張りでも順張りでもFXではその時々の状況に応じてエントリーポイントは最適な選択をしなければいけないのだと痛感しました。

最適な選択はエントリーポイントだけではありません。

環境認識でもシナリオでも利確でも同じことが言えると思います。

相場状況に合わせて勝てる手法を用いて最適な選択をする

とても複雑ではありますが、これは私たちがどれだけFXを素直に学習したのかによって変わってきます。

多く学習すればするほど気付きが早くなりますし、最適な選択をすることが多く出来るようになる。

ひとつのトレードだけでも多くの学習要素が詰まっているので毎日毎回が学習になりますね

さあ今日もFXの学習頑張りましょうね!