milkさんのFX勉強会。

学習者のFXブログ

FXの裁量トレードはルールが全くないと100%の確率で口座破綻してしまう件

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten

f:id:seiten0603:20200712102518p:plain

FXの裁量トレードは必ずルールがないと死にます。(※口座破綻という意味)

  • エントリールール
  • 自分ルール

は最低でも用意しておくべきです。

初心者の人ほど、「俺は大丈夫。」「私は問題ないです。」くらいに思っているかもですが、

裁量トレードはルールを守れないと、必ず自分に返ってくるものです。

面倒な話かもですが、FXを真剣に職業にしたい人だけ最後まで聞いてくれたら幸いです。

FXの裁量トレードはルールが全くないと100%の確率で口座破綻してしまう理由とは?

あやふやなトレードをただただ繰り返す

まずルールがないと、

  • 何となくここで買ってみた。
  • 何となくここで売ってみた。

のオンパレードになります。

全てがあやふや。勝っても負けても「なぜ勝てなのか?」「なぜ負けたのか?」も分からない状態。

勝てるFXトレーダーは厳格なルールを定めてトレードしています。

  • エントリー根拠
  • エントリーできないパターン
  • 見送るパターン
  • 損切位置
  • 苦手にしている値動き

これらが全て明確にあります。できるトレーダー程これが細かい。

私が所属している勉強会の凄腕の人達になればなるほど、このルールが細かい。

あやふやな所が1つもない。抜けがない。

例えば「月のエントリー回数はどれくらいですか?」なんて質問しても、「大体日平均で0.8回ですね。」とか、サラッと細かい単位の数字まで答えられるから驚愕するばかり。

それはもう自分のトレードを分析しまくってる証拠でしかありません。

逆を言えば、そういったあやふやさがどこにもないトレーダーになればなるほど、FXで大きな高みに行けるのではないかと感じています。

勝った負けたで万歳三唱(学びゼロ)

結局、勝った負けただけのトレードで一喜一憂していても学びはありません。

もちろん人間ですから、勝ったら嬉しいし、負けたら悔しいですよね。当たり前の話ですけど。

しかし、FXではその人間的な気持ちを無視して機械的に立ち回らなければいけない場面が多くあります。

例えば、

  • 大きく逆行しても、ここの安値までは損切せずに保有しようとか、
  • ここのフィボの数値に来たら利確しよう。戻ってきたら建値で切る。

など、

「損したくないな。」とか「早く利益確定させたいな。」みたいな人間的な感情は抜きで相場に向き合わないと成長しません。

いつまでも感情に支配されているということは、それはすなわち「ルールがない」とも言えます。

もし現時点で勝った負けたで万歳三唱しているようなら、自分のレベルがまだまだなんだと自覚し、厳格なルールの元トレードに徹する自分になれるよう努力をしましょう。

ルールがないとひたすらポジるのがお決まりのパターン

あと現実的な問題として直面するのがポジポジ病です。

ルールがないと、ひたすら「ここかな?」「ここかな?」を繰り返しポジションを持ちまくって口座破綻。

初心者口座破綻のAコースと呼ぶべきお決まりのパターンになるのがオチです。

それもそのはず。ルールがないので。

ルールがないトレードは、正直言ってお金を相場に捨てに行くようなモノです。

とにかくトレードはルール通りに行うことが大前提。

ルールを破って後で痛い目を見るのは自分ですから肝に銘じましょう。

負けたら熱くなりギャンブル脳にスイッチ。

そんなルール無用のトレードを繰り返していると、いつの間にかギャンブル脳にスイッチしてしまいます。

やられたらやり返す倍返しだ!的な発想になり、倍々倍返しくらいで相場に叩かれるのも、これまたお決まり。

トレードは熱くならずに冷静に行うモノ。

熱くなる場合は、熱くなった時用の自分ルールを決めておくこと。

  • 連敗が続いたらPCの電源を落とす。
  • 1回負けたらすぐにエントリーしない。
  • ドテンしない。
  • 1日20~30pips取ったら満足する。

など。

とにかく自分をコントロールできるようルールをこまめに変化させて対応していきましょう。

「大丈夫。大丈夫。」なんて思ってる人こそ、絶対に大丈夫じゃないので半泣きになる前に細かくルール設定しておきましょう。

油断する心があると、いつか必ずやられます。

エントリールールもマイルールもFXでは必ず必要。必需品。

エントリールール・マイルールはFXにおいての必需品です。

ないと成り立たないモノ。

とにかくルール通りルール通り行い、「この時どうすればいいんだっけ?」みたいな変な抜けがないように細かく細かく詰めていきましょう。

それは今あなたがふわっとした感じで決められることではないので、

  • 日々の練習
  • 日々のリアルトレード
  • トレードの振り返りの時

などに、細かく決めていきましょう。

「いつもこういう所でやらかすんだよなー。」って、絶対あると思うので。

じゃあ、あとはそのやらかしを少なくする工夫をするだけです。

とにかく工夫工夫。全部工夫工夫で解決可能な事ばかり。

FXでルールを厳守し手堅く安全に勝つトレードをご紹介

それでは最後にルールを厳守し手堅く安全に勝つトレードをご紹介します

2020年7月第1週のポンド円の相場になります。

4時間足の環境認識

f:id:seiten0603:20200711151637p:plain

全体上昇のFR半値付近で値動きが止まり急上昇してきた場面になります。

明らかに「買い有利」の相場ではありますが、既に上がった先ではあるので確認が色々必要な場面ですね。

なんだか200MAに乗っかっているような値動きにも見えるので、ますます現在のトレードの方向性としては買いが安全な場面になります。

こういうとこで下手に逆張りをすると危険です。

しかし直前で高値が何かのラインで押さえられて下げてきているので、1時間足レベルでもう少し細かく見ていきたいです。

1時間足の環境認識

f:id:seiten0603:20200711151650p:plain

続いて1時間足の環境認識です。

全体はエリオット波動3波かな?と思う強い上昇です。

とりあえずこの上昇がどこまで上昇するかは不明ですが、目安としていつものフィボナッチエクスパンションを目立つ最安値からの山にあててみます。

まだ161.8%まで距離があるので「確認」が色々できたら買えそうですね。

しかし、直前でその強い上昇の流れが下降のFR61.8%で再度効いて下落してきました。

ここで「うん?」とは思うのですが、

その下降の勢いは強くはありませんね。

何故なら、

  • 上昇の勢いに対しての下降の時間軸(横軸)が少し長いコト。
  • だらだら落ちてきている。
  • 直近の安値は、まだ切りあがっていること。
  • 全体で見れば大した下げではないこと。(なんとかチン〇の話

を色々トータルで考えると売りっていうよりも、まだ買いかなーというような相場ですね。

ただもう少し細かく見て確認しないと何とも言えないので、最後に5分足を確認しましょう。

5分足の環境認識

f:id:seiten0603:20200711151701p:plain

最後に5分足の環境認識です。

5分足で見ると直前は下降の勢いが強くないことが分かりますね。

横軸が長ーいだらだらとした下降が見て取れると思います。

しかし200MAが邪魔ですね。って思いながら見ていれば、最終的に乗っかる値動きに。

で、最後に直前高値更新のV字上昇が出ました!

その戻しから入ると綺麗に取れるポイントでしたね。トレンドラインもいい感じに引けるところですし。

ただ直上には2回実際に効いていた下降のFR61.8の節目があるので、怖い人はそれを抜けてから値動きを確認して流れに沿っていつも通り入っても大丈夫です。

ただこの値動きの意味を考えれば、明らかに買いの方が優勢な相場ですし、上に抜ける期待値の方が大きいのでそのまま保有してたくさん取っちゃってもいいようなポイントでした。

ここまで全て勉強会のルール通りです。

  • トレンドの流れに乗る。(トレンドフォロー)
  • 止まった確認は入念に。
  • なるべく右側。
  • 値動きの意味を考察しながらトレードする。

基本通りの相場分析です。

何も難しいことはなくルール通りに見れば、こういう風に見えます。

「値動きの意味」が一番大事なのですが、それは日々の練習によって培われるモノなので分からない人は練習しましょう。

FXは練習あるのみ。練習をとにかく頑張りましょう。

今日もここまで勉強お疲れ様でした。