milkさんのFX勉強会。

学習者のFXブログ

FXにメンタルトレーニングはいりません!それよりも大事なことを教えます。

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten

f:id:hajime0707:20200818225957p:plain

「また待てずにエントリーしちゃいました。メンタルを鍛えなければいけません!

「ビビッて微益で決済しちゃいました。メンタルを鍛える必要があります!

「損切貧乏なんです。メンタルを鍛えて含み損を許容できるようにならなければ・・・!

これらは全て幻想です。

FXで上手くいかない本当の原因に目を向けて学習を続ければ、

f:id:hajime0707:20200818223611p:plain

これくらいのFXトレードは余裕でできるようになります。

FXで勝てていない人は、メンタル本を何冊読んでもFXで勝てないまま

FX界隈では「FXで勝つためにはメンタルを強化することが必須」と、まことしやかに言われています。

しかしFXで勝てていない人の大半は、メンタル本を何冊読んでも勝てるようにはなりません。

それはなぜか?

メンタル云々の前に、FXトレーダーとしての腕が未熟であることが原因で勝てていない場合が多々あるからです。

ここで言う「FXトレーダーとしての腕」にはメンタルは含みません。

FXの手法・ルールが曖昧だったり、そもそも環境認識上はFXトレードをするべきではない相場を判断できなかったり、原因はたくさんあります。

FXでも生まれもった才能は影響するけれど・・・

努力だけでは埋めようがない、生まれついてもった才能はあります。

スポーツなんかは典型的ですよね。

努力だけではどうにもならない壁は存在します。

FXにも才能は関係してきます。

FXを始めた大半の人が相場から退場していく厳しい世界の中、誰からもFXを教わることなく自分の力だけで勝てるようになってしまう人もいます。

ただスポーツとFXで違うのは、FXは努力次第で勝てるようになるというところです。

勝てるFXの手法を学び、正しいFXの学習を地道に続けることで勝てるようになります。

もちろん個人差はあります。

結果が出るのが早い人もいれば、結果が出るまでに時間がかかる人もいます。

ただ、そこにメンタルを鍛えることは入っていません。

メンタルが弱い人間が"真面目に"FXに挑戦するとどうなるのか?

私はFX勉強会の落ちこぼれ、且つメンタルが弱い生徒代表のような人間です。

FXの才能がないので、真面目にFXの学習に取り組んでも中々結果が出ませんでした。

またFXの先生には「ウジウジしてないでまともな振り返りをしろ!」と何度も叱られました。

そのような出来の悪い生徒の私ですが、諦めずに続けた結果月間プラスで終えられるようになってきました。

今年は7月まで毎月月間プラス、8月は今現在のところは全勝です。

FXを学び始めた頃(全く勝てなかった頃)と、今現在のメンタルは変わっているのか?

メンタルに関しては、今も昔も根本的なものは何も変わっていません。

小心者のままです(笑)

メンタルトレーニングの類はこれまで一度もしたことがないですし、メンタル本も読んだことはありません。

ただ、勝てるFX手法を学び、効果のあるFXの学習を地道に続けることで勝てるようになりました。

FXで勝つためにはメンタルを鍛えることよりも大事なことがある

FXで勝てるようになるためにまず必要なことは「勝てるFX手法・ルールに則り、正しい学習を続けること」です。

この最初の段階で躓いている人の多いこと!

勝てるFX手法というのは、探せば教えてくれる人がいます(詐欺師も多いけど・・・)。

多少の授業料を払ってでも、勝てるFX手法を教えてもらってサッサとFXの学習に取り組む方が勝てるようになるまでの近道なのですが・・・。

なぜかFXの手法を自作したがる人が多いように思います。

何百人、何千人に一人くらいは自作のFX手法で勝てるようになるのかもしれませんが、大半の人はFXで勝てるようにならないまま相場から退場してしまいます。

また独学はおススメしません。

独学でFXの学習を続けていると、どうしてもズレが生じてきます。

自分ではその通りにやっているつもりでも、気づかないうちに少しずつズレてきて最終的に全く別のことをやっていたということになってしまいがちです。

それではやってきた努力が水の泡になってしまいます。

そうなる前に軌道修正してもらう環境に身を置くこと。

これもFXを学ぶ上では重要なことであると考えます。

FXにメンタルは関係ないけれど、自分自身を知ることは大事

個人的には、凄く興味深い記事でした。

FXには関係のないことのように思えますが、「自分自身を知る」ということは大事であると考えます。

例えば、自分がどのような姿勢で歩いているかを自覚している人は少ないと思います。

歩いている姿勢は人それぞれですし、「正しい姿勢で歩きなさい」と言われても、自分自身がどのような姿勢で歩いているかを自覚していないと修正はできません。

身体的なことだけでなく、心の強さも同じです。

例えば、戦場に赴き心を病む人もいればそうでない人もいます。

FXで例えると、何百pipsの含み損にも耐えられる人もいれば

人間には持って生まれたバランスというのがあります。

外見だけでも同じ人間は誰一人として存在しません。

FXにおける心の強さに関しては、無理に鍛えるのではなくてそれを理解し受け入れて上手く付き合っていくことが大事だと考えます。

心の場合は目に見えないものなので、特にそこが理解しにくい。

逆に無理に鍛えてしまう(バランスを崩してしまう)ことで、ひずみが生じる場合があります。

身体的なことを例に挙げると分かりやすいです。

ウェイトトレーニングをし過ぎて体重が増加してしまうと、関節等に負担がかかって壊れてしまう場合があります。

FXの場合であれば、身の丈に合っていないロット数でトレードをしてしまうとハラハラドキドキして正気を保てなくなってしまったり。

無理にどうにかしようとするのではなく、自分自身と向き合い少しずつ慣らしていくことが大事です。

FX界隈で「メンタルが問題」と言われていることの大半が、実は工夫次第でどうにかなります。

自分自身の性格や癖を把握し理解する。

そういう自分を無理に変えようとするのではなく、受け入れてうまく付き合っていけるように工夫することが大事です。

私自身のFXにおけるメンタル(笑)の体験談

FXで安定して勝つことができなかった頃の話です。

私を悩ませていた課題の一つに、

感情的なFXトレードで要らない損失を出す。

というものがありました。

博打みたいなFXトレードをして、これまでの利益をパーにする。

これで口座破綻もやらかしました。

口座破綻をやらかしてしばらく頭が真っ白になった後、「これではいかん!」と改善するべく振り返ることに。

よくよく振り返ると「感情的なFXトレード」の原因が見えてきた

この「感情的なFXトレード」をやらかすようになった時期というのは、全くFXで勝てない⇒少しFXで勝てるようになってきた頃でした。

とはいえ安定して勝つというレベルには程遠いわけで、チャートを監視していたにもかかわらず絶好のエントリーチャンスを逃してしまうこともあったわけです。

1回や2回見逃したくらいであればいいのですが、何度も繰り返しエントリーチャンスを見逃すと余計なことをしたくなることに気が付きました。

そうなると上昇した先っぽか、下降した先っぽで悪あがきをしようとする。

上手くいけばいいですが、大体が大損をこくことになる。

このようにFXで上手くいかないことが続いた時に、感情的なFXトレードをしてしまいがちになることがわかりました。

悪いのは相場ではなく、FXトレーダーとして未熟な自分自身

相場様が悪いのではなく、FXトレーダーとして未熟(チャート分析ができていない)からエントリーチャンスを掴めないんです。

いくら駄々をこねても相場様は聞いてくれません。

上昇した先、下降した先で手を出したら負ける!というのは頭にあっても、どうしても手を出してしまうんです。

何回かは見送ることができても、そのうちまたやらかす。

チャートを閉じても、10秒後には開けるというアホっぷり。

FXの勉強をしていると、どうしてもリアルタイムのチャートが気になってしまうんです。

何か新しいゲームをして気を紛らわそうと思ったこともありますが、モンハンを1年で1500時間プレイしてしまうような人間です。

それはちょっと危険かなと・・・。

どうしたものかと考えていましたが、危ない日はFXに関わることは何もせずサッサと寝る、ということをやってみたところ効果抜群だった。

朝は早く起きて勉強できるし、気持ちはスッキリしているし、いいことしかない。

個人的には寝てリセットするのは非常に効果的でした。

そういったクソみたいな失敗を何度も繰り返して、そして何度も痛い目を見て、ようやく感情的なFXトレードをしなくなってきました。

あくまでもこれは私の例ですが、各々で対処の仕方は変わってきます。

そこは自分自身と対話して、最適な方法を見つけるしかありません。

余談ですが、ポンド円7月は比較的簡単な相場でしたが、打って変わって8月は少し難しい相場のように感じます。

このような相場状況の時は、高勝率で勝てるエントリーチャンスは必然的に少なくなりますし、下手に手を出すと要らない損失を出す相場でもあります。

メンタル(笑)に逃げたくなりやすい相場です。

FXトレーダーというのは、簡単な相場・難しい相場どちらでも、しっかりとチャート分析をして自分が分かるエントリーチャンスだけを虎視眈々と待ち構える仕事です。

メンタル(笑)に惑わされず、サボらずに正しい学習を続け毎日チャートに向かっていると、そのうちエントリーチャンスを掴むことができるようになります。

f:id:hajime0707:20200818223611p:plain

ということで、このブログ記事を書きながら頂いたFXトレード。

珍しく先っぽで利確ができました。