milkさんのFX勉強会。

学習者のFXブログ

FXの追っかけエントリー4つの対処法+上手な待ち伏せエントリーの仕方

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten

f:id:seiten0603:20200810144146p:plain

FXでトレードしていて、ローソク足が勢いよくビュンって伸びて「よし今だ!エントリーだ!」みたいな感じでエントリーして逆行した経験ありませんか?

言うまでもなくほぼ全員があると思うんですよね。

この経験がない人はたぶん天才です!あなたはすごい人!

そんなすごい人向けではなく、誰かに見張られているかも?と疑心暗鬼になっている人向けの記事です。

基本FXは下位足をいくら追っかけてエントリーしても一生勝てません。

今日はFXの追っかけエントリーへの対処法+上手な待ち伏せエントリーの仕方をご紹介します。

 FXの追っかけエントリーへの対処法とは?

5分足レベルのローソク足にいちいち反応しない

追っかけエントリーを無くすには5分足レベルの値動きにいちいち反応しないことです。

5分足レベルの挙動に惑わされてエントリーしていたら、いくらお金があっても足りません。

FX勉強会では5分足は基本的にトリガーにしか使いません。

4時間足・1時間足の環境認識ありきの最後の最後5分足で細かいエントリーポイントを決めます。

それ以外の時は無視でもいいくらい。

当然5分に1本ローソク足が確定するチャートを見ていたら気になります。誰でも。

人間も動物ですからピコピコ目の前で動いていたら気になりますし反応してしまう生き物です。

しかしFXでは、そういった大衆トレーダーから痛い洗礼を浴びせられるゲームです。

5分足ばかりを見るのは早めに卒業しないと癖になるので注意してください。

1時間足レベルのローソク足確定まで様子見

 「じゃあ具体的にどれくらい待てばいいの?」って話なんですけど、

1時間足レベルのローソク足確定まで様子見で待てばいいのかなと思います。

慣れてきて、もう絶対反応しません!と言い切れる人は5分足を見ながら器用にトレードしても構いません。

しかし、

  • 私いつもエントリー早いんですよね…。
  • 入ったらすぐ逆行します!!
  • 揉み合いにいつも巻き込まれて精神参ってます。

みたいな人は完全に5分足の奴隷化していると思うので、1時間確定足まで我慢する癖を付けるべきかと思います。

1時間の確定足がこの節目でこうなったらエントリーする!と決めておいて、後は見ない。もうそれだけ。

5分足は本当に最後だけ。1時間のローソク足が確定してからか、もしくは寸前まで見ない。(確定する寸前とか、いい形の時だけ見る。)

そうじゃないときっと反応してしまうから。自分の癖を理解しないと一生ピコピコ動くローソク足に翻弄されて負け続けるだけです。

なのである程度対策を打たないといけないので、手っ取り早く1時間のローソク足が確定するまで様子見をするスタイルでもいいのかなと思います。

曖昧なルールでエントリーしない。細かくが原則。

f:id:seiten0603:20200810143153p:plain

 結局追っかけエントリーをする時は決まってルールなんて皆無です。

  • 陽線が勢いよく伸びたからつい…
  • この長い陰線を見たら…

みたいな感じです。ほとんどの人が。

ルールはあってないようなモノになっていたり、とにかくその時のトレードを振り返ってみると分かると思うのですが、曖昧は曖昧。

このFXの世界では「なんとなく」とか「たぶん」「だろう」とかは御法度です。

根本的なルールはなく自由な世界だからこそ自分で規律を持つか、使っている手法のルールを必ず守ることに徹す必要があります。

ルールもここら辺とかざっくりしていい時と、細かくこのローソク足確定で入る時など色々相場状況によって使い分ける必要があります。

いずれにせよ細かすぎるくらいで丁度です。

曖昧な人ほど、エントリー理由・根拠も曖昧なので勝っても負けても次に繋がりません。

それであれば、「エントリールールに合致しなかったので見送りました!」と胸を張って言える方が健全です。

待て!ができたお利口さんの自分を褒めてあげましょう。

基本的には上手な人は「待ち伏せ」ができる。

f:id:seiten0603:20200810143403p:plain

FXがうまい人は基本的に待ち伏せエントリーができる人です。

大衆の人たちがワーッて動いたのを見て、

  • その人たちが決済するであろうポイントや
  • どのパターンがあったら損切するのか、
  • どこで新規の注文が入りやすいかなど

を細かく頭の中で組み立てながらトレードしています。

追っかけエントリーではなく基本的には全て「待ち伏せ」です。

5分足の突発的な値動きの後の挙動の方を気にしている人の方が多い印象があります。

  • この5分足の陽線を否定したから勝負ありとか、
  • 一旦下げて再度高値抜けを試すが無理でとか、
  • 上に抜けようとしたけど、それを否定してとか、

最後の最後のアクションパターンを正に待ち伏せている感じの人がFXうまい人には多いですね。

5分足の値動きで決めているのではなく、5分足で上位足の自分が考えてる方向性に合致した確定のパターンを待っている感じです。

この辺は難しいですが、あなたも私も練習あるのみな気がします。練習しましょう!

FXの上手な待ち伏せエントリーの仕方を簡単解説!

「FX動画・ブログバトル」のお題でもある

ポンド円2019年12月3日付近の相場で待ち伏せエントリーの仕方を解説します。

4時間足の環境認識

f:id:seiten0603:20200810094658p:plain

まずは4時間足の環境認識からです。

4時間足は誰がどう見ても買い有利の相場ですね。

気になるのは直前の高値が同じレート付近で止められているので、なんだかその壁が固そうだなーくらいです。

買いたい意志は明確なものですが、買うポイントに注意したい所ですね。

もう「上げた先」なので、これからこの相場がもっと上がるかも知れませんし、下がるかも知れませんが現在の相場状況では「上げた先」なので、戻しを待つのがセオリーです。

先っぽでは買えませんからね。お決まりの押し目買いです。

押し目買いをするために待ち伏せたい場面です。

1時間足の環境認識

f:id:seiten0603:20200810094712p:plain

続いて1時間足の環境認識です。

直近の値動きをエリオット波動に当てはめると結構綺麗な上昇のエリオット波動がカウントできますね。

しかも、エリオット波動の特徴でもある「4波は1波の高値に止まりやすい。」という性質がモロに効いていますね。

しかもFR38.2上でピタッと同じ安値付近で止められて揉んでいます。(分かりやすすぎる値動き)

気になるのは直前の下降の勢いが少し強いので確認はしたいですね。

でもその下降も勉強会でよく言う「何とかチンぽの話」ですから買い目線はもちろん継続です。

この下降があったら待ち伏せて買いのタイミングを探るのが王道です。

売るとしたら※番外編

売るなら、それこそ直前の下降が今のレートなんかで止まったらダメなんですよね。

1波の高値なんかで止まらずにもっとガツンと下げないといけません。

で、そこからの形を見て路線変更するとかになります。

直前の3波にあたる上昇全戻しで、200MAとかに上値が抑えられるような値動きとかがあれば。

とりあえず下げたとしたら3波の上昇の起点である場所では何らかのアクションがあるので、それ次第で「売り」も考えてもいいのかなという感じです。

しかし、この今の形状は4時間足も1時間足も間違いなく買いです。

長く横ばいのレンジ相場が続いて、ようやく明確に上に抜けてトレンドが出始めた所ですからね。

基本的には明確な上位足レベルでの下げ(外国人の下降)がない限り買いです。

あとは買う場所だけ。

それでは最後に5分足でエントリーポイントを細かく探っていきます。

5分足の環境認識

f:id:seiten0603:20200810100453p:plain5分足の環境認識です。

左側の逆張りの売りポイント※おまけ

本命は間違いなく3日の「買い」なんですが、5分足の左側の「売り」はよく見てる人は取れるポイントです。

買い相場ではあるんですけど、直上にある高値付近の壁を中々越えられないので一旦助走を付けに下に下がるパターンです。

みんな買いで見てるからこそ、やられちゃう時の典型パターンですね。

この値動きは大きく上げた先(バイーン直後)とかによく見られます。

シグナルとしては、

  • 上昇してから高値付近で横軸長く停滞していることだったり
  • 直前の高値を更新できずに切り下げる値動き

が警戒の合図です。

そんなことを諸々考慮したら逆張りで、なるべく高い所・有利な所から仕掛けたら取れちゃうポイントですね。

てっぺんからは一応5分足レベルのFE161.8がありますが、突き抜けてきたら損切しないといけません。

なので、そういうの恐怖症の人は少し遅めに入って20pips抜く。とかでもいいかもです。

性格的な問題なのでお好みです。あと先生もよく言う自己責任な所です。そもそもが買い有利の相場なので。

本命は間違いなく3日の「買い」!!

色々考えるのが難しい人は「上がった先だから戻しを待つ。」で良いと思います。

仮にそのまま上がってもまた戻しを待って買えばいいですし、結局追っかけてエントリーしたら逆行に飲み込まれるのがオチですからね。

ここは器用に逆張りで取れなくても「買い有利」の相場に変わりはありませんので「下がった!戻し来たー!」でいいです。

本命はこっちの値動きですから。

メリハリ付けるのもポイントです。ちゃんと上に抜けたのを確認してからの戻しか、今のレートから戻すのを待つか。

で、

  • 実際に戻してきて1時間足の1波高値付近で停滞しているのを確認して、
  • 安値切りあがりの形を確認して、
  • 上がった先だからなるべく下からエントリーする。

これでその先の上昇はいただけます。

  • 神経質な人は一旦上がったのを確認して、
  • 200MAを抜けたのも確認して、
  • エリオット的な5波カウントして

入るのもいいかもです。

しかし、ここの相場はもう上がった先なのでなるべく下から入らないと不利です。

直前でガツンと下げた場所もあるので、

そこで

  • 買いの利確と
  • 新規の売りが入りやすい

ことも考えると伸ばすのは怖いかなーと思います。

買い有利だけど途中から入った人は責任としてちょっと取って終わりにしないといけません。

上昇エリオット5波狙いなんですけど、5波は3波の高値を超えるとは限りませんからね。

結果論として越えたらラッキーですが、越えるかどうかは相場が決めることなので。

  • 伸ばす前提ならもっと下から入らないといけないし、
  • 伸ばさないなら途中乗りでサクッと利食う。

メリハリをつけてトレードしないといけない場面ですね。

過去にもこの「買い」は取れていました!余計な知識なくても勝てることを再認識。

f:id:seiten0603:20200812092931p:plain

今よりも知識も経験もない状態の自分でも、この3日の「買い」は取れていました。(過去報告参照)

というよりも、余計な知識を入れない方がシンプルに相場を見て取れていた感じのチャート画像でした。(一般の方にはモザイクで分からないと思いますがすみません。)

正直画像見たら「あー。インジケーターとかラインでぐちゃぐちゃだなー。」とか、「謎の所から番号数えてる。」と思いましたが、

  • 直近は上昇してるから買いたい。
  • 4波は1波の高値で止まりやすい。

くらいの情報だけでたぶんトレードしたんだと思います。

それ以外当時の自分に聞かないと分かりませんが、チャート画像を見る限りそんな感じのトレードをした印象を受けました。

で、ちゃんと取れてるしちゃんと勝ててます。少し不用意かなーと思う部分はありますが、今よりも思い切りが良いトレードをしているので少し気持ち的には初心に帰りたいと思わされました。

とりあえず全部が全部取れなくても、「買い有利の相場で、上がった先だから、押し目を待って、なるべく下から買う。」だけ頭にあったらいい所一つは掴める気がします。

この思考が前提にあれば、この先にもおいしい上昇があったのでそれも取れます。

二兎追うものは一兎も得ずということわざもあるので、器用に全部取れなくてもメインは結局買いですから、そのメインを確実に仕留められるように技術を向上させましょう。

ここまで勉強お疲れ様でした。