milkさんのFX勉強会。

学習者のFXブログ

エントリー根拠がFX勝敗の分かれ道。石橋を叩きまくって渡れ!

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten

f:id:gupio317:20200812150255j:plain

FXでトレードをするなら絶対に必要なのがエントリー根拠。

なぜ売ったの?

なぜ買ったの?

根拠を明確に把握しているかどうかがFX勝敗の分かれ道になります。

今回はFXトレードにおける根拠についてと根拠のあるトレードとは何なのかというお話。

キーワードは「石橋を叩きまくって渡れ!

FXのエントリー根拠って何?

f:id:gupio317:20200812151842j:plain

FXのエントリー根拠で正しいのはひとつ。

そして間違っているのがふたつ。

またエントリー根拠はどこにあるのか。

正しい根拠=勝てる手法

f:id:gupio317:20200812152013j:plain

FXにおける正しい根拠というのは勝てる手法に基づいたもの。

FX勉強会であればフィボナッチリトレースメントやフィボナッチエクスパンション、トレンドライン、エリオット波動など。

なぜこれらが正しい根拠なのか。

それは実際にこれにより勝てているトレーダーが多くいるから。

これ以外に理由は要りません。

多くのトレーダーが実際に勝てていて、もちろん先生も勝てているという事実に基づいた根拠を使用する

間違った根拠=勝てない手法

f:id:gupio317:20200812152303j:plain

これは本当に危険なエントリー根拠。

素人が独学で考えたような手法を基にしたもの。

勝てていないトレーダーが使っている根拠って正しくないから勝てていないんですよね。

単純な話です。

いつまでも私は独学でもFXで勝てるようになる!って念じていれば夢は叶うなんていうことは完全なファンタジーであり現実逃避。

才能豊かな方であれば可能かもしれませんが、そういった方は世の中のごく一部の限られた方なのでご自身がそちら側では無いことはしっかりと自覚しましょう。

そして人生における大事な時間を無駄にしないためにも今すぐやめましょう。

間違った根拠=なんとなく

f:id:gupio317:20200812152713j:plain

勝てる手法を教わっているのに、そうではない自分の感覚をエントリー根拠になんとなく。

というのを結構トレードでやってしまっていないでしょうか。

私はさんざんやって来ましたし、失敗して来ました。

自分の感覚というのはFX相場には全く関係ありません。

これは値ごろ感にも通じる部分があるかもしれません。

ここまで上昇したからそろそろ下げるだろうとか。

それはエントリー根拠にはならないですね。

相場への単純な押し付けです。

私たち初心者が信じていい根拠はやはり1つ「勝てる手法」によるエントリー根拠。

これだけを相場で探しましょう。

上位足

f:id:gupio317:20200812152952j:plain

5分足ガン見でトレードをして失敗しました。

っていう経験はないですか。

これは上位足(4時間足や1時間足)での根拠も無いのに5分足の根拠だけでトレードをしているということ。

それでは勝てません。

勝てることもあるかもしれませんが勝ち続けることは出来ないと思います。

しっかりと上位足でのエントリー根拠を探さないといけません。

FX勉強会では1時間足に対して5分足という相性でデイトレードを行っているので、基本は4時間足よりも1時間足での根拠に目を向ける方が良いです。

FXのエントリー根拠の有無による違い

f:id:gupio317:20200812153255j:plain

では実際にエントリー根拠が有るのと無いのでは何が違うのか。

過去相場を例に見て行きましょう。

エントリー根拠有

f:id:gupio317:20200812154456j:plain

まずはエントリー根拠が有る良いトレード。

4時間足

f:id:gupio317:20200812154551j:plain

高値から結構急な下降があり、安値で何度も抑えられて上昇して来ました。

その上昇は下降のフィボナッチリトレースメント半値まで一気に上昇しています。

直近の値動きを考慮するのであれば買いの力が強いと判断出来そうです。

ただ、直前では上昇のフィボナッチエクスパンション161.8%に到達しているので、直ぐに買いをするよりは押し目を待ってから買いを狙っていきたいところ。

4時間足の総合判断としては上昇に対しての押し目中っていう感じですかね。

1時間足

f:id:gupio317:20200812154731j:plain

f:id:gupio317:20200812154740j:plain

直近の上昇を見るとエリオット波動3波っぽい値動き。

エリオット波動は今のところ定義には当て嵌まっていそうです。

1波の突発的な上昇、2波のジグザグ、3波で力強い値動き。

3波の高値から若干強めに下降が発生しています。

再上昇も高値を超えられずに下降して来ました。

上昇の押し目が失敗。

200MAからも反発せずに下抜けました。

そして直前では安値を若干切り下げ。

上位足での根拠を再度確認します。

  • フィボナッチエクスパンション161.8%という意味のある所からの下降で上昇の押し目中(4時間足)
  • 高値から強めに下げている(1時間足)
  • 戻しから再下降している(1時間足)
  • 200MAから反発せずに下抜け(1時間足)
  • 直近安値を切り下げている(1時間足)

上位足でこれだけの根拠があれば後は5分足の細かな値動きを確認して売れそうです。

5分足

f:id:gupio317:20200812155232j:plain

1時間足での安値を若干切り下げた後。

安値から小さく上昇エリオット波動5波での上昇。

下向きの200MAから上昇出来ない。

直前の値動きでのトレンドライン3点目もあります。

以上の根拠から矢印付近から売り。

これは余談ですが、この時の相場解説で先生は「この下降はとてもしっくり来ますね。」と仰られていました。

このトレードの根拠などを踏まえてこのコメントを深ぼって他の過去相場を見ると良い成長が出来るかもしれませんね。

エントリー根拠無し

f:id:gupio317:20200812155449j:plain

次に根拠が乏しい悪いトレード。

4時間足

f:id:gupio317:20200812155525j:plain

今回は相場を広くみるために日足も見ます。

日足では高値から強く下降した起点から当てたフィボナッチリトレースメント61.8%付近になります。

f:id:gupio317:20200812155614j:plain

4時間足では安値からかなり強く上昇して来ている上昇トレンド。

強い上昇トレンドではあるもののかなり上昇した先っぽであり、前回下降した起点となる高値付近でもあります。

前回強く下降上昇したレートというのは反応しやすい。

上昇した先っぽで前回落ちたレート付近で日足でも意味のある所なので買うにしても警戒が必要な場面であることが分かります。

1時間足

f:id:gupio317:20200812155757j:plain

明らかに強い上昇トレンド。

直前でも直線的にグイっと上昇しています。

そこから日足、4時間足での意味のありそうな所から若干下げてきた所。

意味のある所から反応している時にここで押し目として買いが出来る根拠があるかどうか。

フィボナッチリトレースメントはどうか。

上野画像のように当てますか?

そうすると該当箇所というのは38.2%にはなるんですが、その前にグイグイ上昇して来ている安値が他にも沢山あるのに果たして正しいのかどうかは疑問なのであまり根拠としては信用性が無い。

トレンドラインも引けそうにない。

1時間足ではここで買いが出来るという根拠がとても乏しい。

それであれば5分足で本当に買いが出来る根拠が上位足での根拠が無いのを補えるくらい沢山あれば可能性が無くもない。

5分足

f:id:gupio317:20200812160053j:plain

高値からの下降にフィボナッチエクスパンションを当てると161.8%までまだ距離がある。

下降の値動きとしてはジリジリと下げており、小さなエリオット波動なども使えない。

200MAまでも届いておらず浮いている。

上位足で根拠が無いのを補えるほどの買いの根拠が無い。

なのでこの局面というのは何も出来ない。

様子見です。

決定的な違い

f:id:gupio317:20200812160231j:plain

悪いトレードの方も買えば勝てるじゃん!

確かにその通りです。

結果として勝てますよね。

でもそこに意味がありますか?

今後も同じようなトレードをして勝ちを重ねることが出来ますかね。

きっとどこかで痛い目を見る時が来ると思います。

その時はどういう反省が出来ますかね。

たまたまだよ。次は大丈夫勝てるよ。ではまた痛い目を見る。

では良いトレードと悪いトレードでは何が違うのか。

FXの学習の今後の質や成長が変わってくると思います。

いつでも淡々と勝てる手法に沿ったトレード根拠を集めてトレードする。

負けたのであれば何が抜けていたのか。

何が足りなかったのか。

勝てたのであれば次また同じような相場が来れば同じようにエントリー根拠を集めてトレードして勝ちを重ねる。

そうすれば自信にもなりますし、正しい反省も出来る。

悪いトレードではこれが出来ないんです

これは恐ろしいことです。

エントリー根拠は点を線に繋げてこそFXで勝てる

f:id:gupio317:20200812160727j:plain

エントリー根拠はFXトレードをするにあたって必須のもの。

根拠も無いのにトレードするのは博打やお遊びと変わりません。

では単一時間足だけにエントリー根拠があるからといってトレードして勝ち続けていけるのかと言えばそれも難しいと思います。

4時間足で根拠があって、1時間足でも根拠があって5分足でも根拠がある。

だから自信を持ってトレードする。

4時間足でも1時間足でも根拠が無い、5分足ではちょっとした根拠がある状況ならばトレードしない

という感じです。

エントリー根拠の点を線に繋げていく。

そうした訓練を日々続けて根拠の精度や信用度を上げて行く。

意味のある事を続けるのがFXの成長に繋がりますし、成長も早くなると思います。

石橋を叩きまくるためのFX道具がエントリー根拠

f:id:gupio317:20200812161250j:plain

FXでトレードするということは1万円だろうが10万円だろうが100万円だろうが自分の大切なお金を相場に晒すわけです。

出来れば大切なお金を失いたくないですよね。

であればトレードする際には慎重になりますよね。

もちろん勝てる手法を持って先生から指導を受けて日々FXの学習と実践を続けるというのは大前提であり当たり前。

買うのであればエントリー根拠を探して下降しないのを確認してからじゃないとトレード出来ない。

あっこれはもう上昇しそうだな~と曖昧なものでトレードをしてはいけない

とにかく石橋を叩いて叩いて叩きまくって安全を確認してトレードする

エントリー根拠というのはその為のひとつの大切なFXで勝つための道具なんだと思います。

FX学習中で石橋を叩きすぎて慎重になりビビッてトレード出来ないということもあると思いますが、そこは負けても学習の一環として失敗を恐れずに積極的にトレードして正しい反省をするということも必要です。

自分と向き合って今の自分に出来ることからまずやっていきましょう。

さあ今日もFXの学習頑張りましょうね!