milkさんのFX勉強会。

学習者のFXブログ

FXで値頃感(値ごろ感)は禁物ですよ。大事なのはFXチャートの値動きを理解することです。

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten

f:id:hajime0707:20200801162555p:plain

「ここまで上昇したのだから、そろそろ下がるだろう

「こんなに下がったのだから、さすがにここからは下がらないだろう

いわゆる“値頃感(値ごろ感)”というやつですね。

ちょっとFXで勝てるようになってきた頃に、値頃感に頼ったFXトレードをしてしまいがちです。

なかなか安定してFXで勝てるようにならない人は、もしかすると値頃感でFXトレードをしていることが原因かもしれません。

FXで値頃感(値ごろ感)は禁物である理由

FXの相場は毎度自分の思い通りになんて動いてくれない

当然のことですが、FXの相場は毎度思い描いた通りには動いてくれません。

100%正確な未来が予測できるのであれば、誰でもあっと言う間に大金持ちになってしまいます。

もちろんプロのFXトレーダーと素人FXトレーダーでは立てるシナリオの精度は違うでしょうが、プロFXトレーダーといえど100%正確な未来を予測できる人はこの世に存在しません。

当てにならないと言いますか、「この辺りから下がる(上がる)だろう」という値頃感は危険だ、ということです。

FXの相場というのは、簡単な相場と難しい相場が交互に訪れます。

簡単な相場というのは、自分の立てたシナリオの通りに動いてくれる相場です。

何も迷うことはありません。

躊躇することなくエントリーできるでしょうし、利益も伸ばすことができます。

問題は難しい相場です。

難しい相場というのは、自分のFXの手法に則ったシナリオが立てにくい相場、もしくは自分の立てたシナリオに反する値動きをする相場だと考えます。

もしくは売りと買い、どちらの目線でもとらえることができるような相場だったり。

少し話がそれますが、人間は否定されると大なり小なり反発するものです。

特に意固地になりやすい人ほど、その傾向は強くなります。

その傾向というのは、FXでは気を付けなくてはいけません。

自分の描いたシナリオの通りの値動きの相場であればイケイケで乗っていけるでしょうが、全く逆の値動きになったときが危険だからです。

この自分が立てたシナリオと全く逆の値動きになるというのは、自分を否定されていることになります。

相場様からしたら「そんなこと知らんがな」という感じでしょうが。

そして冷静でいられなくなり「ここから下がる(上がる)だろう」という安易な値頃感でFXトレードをしやすくなります。

もしかすると逆行してもナンピンナンピンナンピン・・・口座破綻というパターンになるかもしれないですし、損切が許せなくて塩漬けして耐え切れなくなり口座破綻というパターンかもしれません。

いずれにせよ相場を冷静に分析できなくなり値頃感に頼り始めた時点で、死へのカウントダウンが始まります。

買うなら明確な上昇の押し目から買う、売るなら明確な下降の戻り目から売るのが真っ当な王道FXトレードです。

FXにおける値頃感は逆張りの発想にもつながる

「もうそろそろ上がる(下がる)だろう」という値頃感は逆張りの発想にもつながります。

先ほどの話とも多少被る部分がありますが、値頃感でFXトレードをしてしまう人は素直にトレンドに乗れていないことが往々にしてあります。

FXというのは、基本的にトレンドに乗ったトレードさえすれば勝つことができます。

トレンドに乗りさえすれば、多少エントリーポイントが悪くても下手に損切りさえしなければそのうち利益になります。

素直にトレンドに乗れない人は、起こってもいない事実に不安を感じています。

上昇トレンドだけど上昇した先っぽだからもう下がるかもしれない、買うのは危ないと、適当な理由をつけてエントリーを躊躇します。

例えばフィボナッチの数値があるから売り、とか直近高値に達したから売り、と形式的なことばかりに目が行きがちになります。

上昇トレンドであれば素直に流れに乗ってトレンド転換するまで買い続ければいいだけなのですが、それが意外と難しい!

下がり始めたのを確かめてから、そこで初めて売りを考えればいい。

ここからは余談です。

FXを学び始めて自覚したのですが、自分は融通の利かない頑固な性格なんだなぁ、と感じるようになりました(笑)

自分の意見のない毒にも薬にもならない人間だと思っていたのですが、変なところ(興味があるところ)に拘りが強い性格というか・・・。

大きな損失を出してしまう背景には、こういう性格も影響しているのかなと思っています。

まだ明確な答えは出ていませんが、ここでメンタルトレーニングに逃げるのではなく、そういった自分を受け入れて向き合い、そしてどのようにFXに取り組んでいくかを考えることが大事なような気がしています。

値頃感でFXチャート分析をした結果・・・

f:id:hajime0707:20200801160759p:plain

2020年7月最終週のポンド円は、買いの相場でした。

当然、素直に買い目線でシナリオを立てていた人は爆益を上げることができています。

出来上がったFXチャートを見ると、

「こんな相場で売るのはありえねーよ!笑」

と思えるのですが、

f:id:hajime0707:20200801160558p:plain

売っちゃいました。

「そろそろ下がるだろう」という値頃感から、売り目線でシナリオを立て続けた結果、

このようなクソトレードをキメてしまいました。

クソトレードをキメた後もしつこく売り目線でFXチャートを分析し続け、売りではないと気付いた時には時すでに遅し・・・。

もちろん買いでエントリーすることもできず。

7月はそれまでに十分利益を上げることができていたので、そこまでがっついてはいなかったというのもありますが、それで終わってしまうとFXトレーダーとしての成長はありません。

どのようにFXチャートを分析すればよかったのか?

値頃感を持たず、100%テクニカル分析だけで振り返ります。

ポンド円4時間足・1時間足の環境認識、シナリオ

f:id:hajime0707:20200801160901p:plain

赤い縦の点線が週の始まりです。

4時間足の直近は上昇の力が強いことが分かります。

しかし、やっぱり気になるのはチャート真ん中の大きな山。

1000pipsを超える強い上昇が発生し、「このまま上昇していくのか!?」と思いきや、直後にとても強い下降が発生・・・。

「アレ???」となってしまいましたが、その後の値動きを観察しているとダラダラ上昇しているように見えるので、どこかではこの下降の続きが来るのではないか?と考えていました。

f:id:hajime0707:20200801160918p:plain

続いて1時間足。

1時間足の値動きは、分かりやすいエリオット波動でした。

少し大きな視点でチャートを見ると、エリオット波動第5波まで終了しているように見えます。

f:id:hajime0707:20200801160931p:plain

チャートを元の大きさに戻すと、第5波終了後にやや強めに下げてきています。

200MAに止められていますが、反発上昇する力はこの時点ではないように見えます。

f:id:hajime0707:20200807070242p:plain

この時大まかに考えていたシナリオは、

・小さなエリオット波動のような値動きでしばらく揉んで、第5波終了後に下降していく

というもの。

f:id:hajime0707:20200801160951p:plain

さらに、

・FR61.8付近まで引き付けてから売れたら尚良し

で、結果はどうなったのか?

f:id:hajime0707:20200801161005p:plain

200MAで3回止められた後、FR61.8を一時的に上抜ける上昇が発生しました。

先ほどのFXトレードはここの局面で売ったものです。

振り返ってみると、FR61.8だけでなく直近高値も一気に上抜けているので、様子を見ないといけない局面でした。

値動きは無視して「下がるだろう」と思っているわけですから、そんなものは見えちゃいません。

結局最終日の強い上昇が発生するまで売り目線。

全く相場についていくことができず、1週間終了。

最初は売り目線でもよかったのかもしれません。

ただ、あくまでシナリオはシナリオ。

その通りの値動きになるとは限りません。

想定しているシナリオに反する値動きになった時点で、意固地にならず柔軟に目線を切り替える必要があったかなと思います。

その目線を切り替えるポイントとしては、2カ所ほど挙げられそうです。

f:id:hajime0707:20200801161048p:plain

早ければココ。

一度下降しようとするのですが、一瞬でそれが覆されてしまいました。

この値動きを見て、「まだ下には行かないんだ。第5波高値くらいまでは狙えるかもしれない。」と判断することができそうです。

f:id:hajime0707:20200801161106p:plain

遅くてもここでは売りはないと気が付かなくてはいけません。

1時間足の直近高値(第5波高値)を上抜けてきて下がらない。

もう買うしかないですよね(まだ売り目線だったのは内緒)

実際にここで100pips以上獲得した人も大勢いらっしゃいました。

まだまだFXトレーダーとしては未熟ですね・・・。

精進します!