milkさんのFX勉強会。

学習者のFXブログ

『FXトレードノート』で書くべき内容。効果のある『FXトレードノート』の書き方。

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten

f:id:hajime0707:20200620154138p:plain

私が学んでいるFX手法は、

  • 1時間足と4時間足で環境認識をして、5分足でエントリーから決済までを行う
  • フィボナッチ、トレンドライン、200MA、エリオット波動等を使ってチャート分析をする
  • 1回のトレードで20~30pipsを狙う高勝率損小利小スタイル

簡単にはこのような内容だ。

今回は、私が学んでいるFX手法に沿って記事を書いていく。

FXトレードノートを書く前に必要なこと

FXトレードノートを書く以前に、再現性のある勝てるFX手法を手に入れていることが前提条件となる。

そこがクリアできていないと、どんなにトレードノートを書いてもFXトレーダーとしての成長はない。

当たり前の事だが、再現性がなければ振り返りの仕様がないからだ。

再現性のある勝てるFX手法というのは、素人FXトレーダー自作のFX手法のことではない。

実際に勝てているプロのFXトレーダーから教えてもらった、本当に勝てるFX手法のことを指す。

もちろん、私はプロの専業FXトレーダーとして活躍されているFXの先生に、再現性のある勝てるFX手法を教わり学んでいる。

そして、FX勉強内には実際にFXで勝てるようになっている人が大勢いるという事実がある。

FXトレードノートに書く内容

環境認識(1時間足・4時間足)

必須。

どのような環境認識をして、売買の判断をしたのかを書く。

例えば、

  • 1時間足はどういう値動きで現在に至っているのか?トレンドなのか、それともレンジ(もみ合い)なのか?全体的には?直近は?
  • 1時間足だけでは判断が難しいようであれば、上位時間足の4時間足はどのような値動きになっているのか?
  • フィボナッチの意味のある数値には達しているのか?もしくは達してからどのような値動きになっているのか?
  • トレンドラインは引けるのか?
  • エリオット波動の第何波にあたるのか?
  • 200MAとの位置関係、または200MAの傾きはどうなのか?

等々。

実際にトレードをするに至った上位時間足の根拠を記載する。

エントリーポイント(5分足)

必須。

FXはエントリーポイントが超重要。

良いポイントでエントリーするから予測した方向に動くし、余計な含み損を抱えることなく利益を上げることができる。

私が学んでいるFX手法はルールが明確に決まっているので、上位時間足で意味のあるポイントに差し掛かかったら、5分足で細かくエントリータイミングを計りパターンになればエントリーするだけ。

  • FX手法のルールに則り、どのエントリーパターンに当てはまるのか?
  • エントリーポイントに、どのような値動きで至っているのか?
  • 上位時間足同様に、フィボナッチの数値、エリオット波動、トレンドライン、200MAはどうなのか?

等々。

FX手法のルールが明確とはいえ、5分足のように短い時間足になると微妙にエントリーが早かったり遅かったりする場合がある。

早すぎてしばらく含み損を抱えたり、待ちすぎてチャンスを逃したり。

それらをトレードノートを書くことで振り返り、どのように値動きを分析すればより良いエントリーポイントを掴めたのか?ということを考える。

決済根拠、獲得pips

書いてみてもいいかもしれない。

基本的にエントリーポイントが重要で、決済に関してはそこまで重要ではない。

値動きを見て伸びきったと思うポイントで利確してもいいし、直近高値・安値、フィボナッチの数値等を利確目標にしてもいい。

基本的にはFX手法のルールでは1回のトレードで20~30pipsを狙うからといって、何も考えずに20~30pipsで毎度利確というのも良くない。

例えば、とても強い上昇トレンドで環境認識上も5分足でも最高のポイントでエントリーできたにもかかわらず、何も考えずに20~30pipsで利確するのは間違い。

トレンドに乗って無理なく利益を伸ばすことができ、1回のトレードで100pips取れるならその方が良い。

決済はそれほど重要ではなく、まずはエントリーポイントを厳選できるようになることが先決。

それがある程度できるようになれば、次はなぜそこで決済をしたのか?ということも考えてることで、安定して勝てるFXトレーダーに近づくことができる。

メンタル、その時の心理状況など

不要。

勝てていないFXトレーダーは、メンタル云々以前に勝てていない原因が山ほどある。

安易にFXで勝てない原因をメンタルのせいにするのではなく、過去のFXトレードを振り返ることで見えてくる課題(自分の癖、傾向)を克服することの方が先決。

価格

不要。

FXチャートの値動きや学んでいるFX手法のルールに則り環境認識、エントリーができていたのかということが重要。

また、それが自分都合の解釈になっていないかということを振り返る。

正直、チャートに価格表示がなくてもFXトレードにはほぼ影響しない。

指標発表、要人発言等

不要。

トランプ大統領、北朝鮮、その他諸々、ほぼ関係ない。

FXは100%テクニカル分析だけで十分に勝てる。

ただ、雇用統計とFOMCはお祭り騒ぎになりやすいので、その時間は避けるのが無難(それすらまともに把握していないのは内緒)

FXトレードノートは手書き?PC?アプリ?

FXトレードノートは手書きがいいのか、それともPCで入力するのがいいのか。はたまたアプリを利用するのか。

結論から言うと、どの方法でもいい。

FXで安定して勝ち続けられるようになるためには、長期戦を覚悟でとにかく諦めずに学習を続ける必要がある。

なので、自分が無理なく続けられる方法を選べばいいと思う。

色々試してみたが、個人的にはPCで管理するのが続けやすいと感じている。

初めはノートに手書きでやっていたが、達成感とかきれいに書くというFXトレードには関係のないところに拘ってしまい、途中で書くのがしんどくなってしまった。

その点PCは、チャート画像の保存からコメント入力まで手っ取り早く済ませられ、且つきれいに保存できるのがいい。

実際のFXトレードノート

FXトレードノート実例①【環境認識】

f:id:hajime0707:20200620152624p:plain

1時間足は上昇トレンドから下降トレンドへ移行したかもしれないという値動き。

もう少し広い視点で見ると、

f:id:hajime0707:20200620152723p:plain

現在は上昇4波にあたると思われる。

このまま下降し続けるということは考えにくく、上昇5波まで終了してから本格的に下降するのではないかという予測が立てられる。

上昇3波の押し目からの買いを狙いたいが(5波狙い)、直近の下降(4波)が強めなので迂闊には手を出せない。

しかし、上昇3波にフィボナッチリトレースメントを当てると、

f:id:hajime0707:20200620152744p:plain

FR61.8という意味のある数値で反応していることがわかる。

f:id:hajime0707:20200620152807p:plain

さらに、直前でFR61.8下抜けを狙うが失敗に終わっている。

FXトレードノート実例②【エントリー、決済】

f:id:hajime0707:20200620152834p:plain

全体的には下降の力が強い。

直近の値動きを見ると、下降の力が削がれるような値動きになり、1時間足FR61.8下抜けを試すがとても強い上昇で覆された。

200MAも上抜けている。

この値動きを見て「ここから上昇するかもしれない」という考えが強くなる。

良い形になれば買いたいので、細かくエントリータイミングを計る。

フィボナッチエクスパンションとフィボナッチリトレースメントを当てると、

f:id:hajime0707:20200620152853p:plain

FE161.8・FR38.2付近で反発上昇してきた。

そこで買い。

利確は適当でいいが、

  • 1時間足5分足ともに直近は下降の力が強い
  • 1時間足上昇5波狙いなので、3波程の大きな利益は狙わない

これらから、5分足直近高値を目安に利確した。