milkさんのFX勉強会。

学習者のFXブログ

FXのチャート勉強にforextester不要!チャート検証するなら答えを先読みしてチャート勉強しよう!

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten

f:id:takumikogamiya:20200602103153p:plain

私はFX勉強会に入会させて頂く前は正直言ってFXトレードの仕組みがわからない。

FXのチャート勉強やチャート検証はどうしたら良いのかわからない。

FXの勉強方法が全くわからず途方に暮れていました。

FXのチャート勉強やチャート検証と言えばFXにはチャート検証ソフトがあります。

その中でもforextesterと言う名前は耳にしたことはありました。

1度過去に価格だけ調べてみたらビックリする程の価格で驚いた。

その頃の私は全くFXで勝てていない素人同然の初心者でした。

FXの勉強には高価なチャート検証ソフトを使わないとFXで勝てるようにならないのか?

結論から言いますFX勉強するのにチャート検証ソフトは一切必要ない。

forextesterを使わずとも簡単にFXの勉強が出来る方法を順番に解説します。

FXでチャート勉強やチャート検証のやり方が360度変わる!

f:id:takumikogamiya:20200602103159p:plain

forextesterが無くても大丈夫!FXチャート勉強やチャート検証は答えの先読みで解いていく!

私がFX勉強会に入れて頂き初めに圧倒的衝撃を受けた。

正直びっくりした。

FX勉強会ではFXのチャート勉強で先の見える状態でチャート検証をすることをケーススタディ(CS)と呼ばれています。

このFX勉強法を続けて実際にFXのトレードで勝てるようになった人は沢山います。

私もケーススタディと呼ばれるチャート勉強チャート検証方法をしています。

私もFXのチャート勉強方法を継続して続ける事によってFXトレードで勝てるようになりました。

FXで勝てないと悩んでいる方やFXのチャート勉強方法が全くわからなく路頭に迷っている方は先の見えるFXチャートでチャート勉強やチャート検証して行く事を推奨します。

この勉強法はやればやるほどFXでチャート勉強した分は自分に必ず帰って来ます。

f:id:takumikogamiya:20200602103212p:plain

FXチャートの先を隠してFXチャート検証をする事は絶対にNG。

FXのトレードでまともに勝てないFX初心者が先の見えないFXチャートを見てチャート勉強してもチャート勉強にはなりません。

私もそうでしたが何時間かかろうが先の答えは出て来ません。

f:id:takumikogamiya:20200602103208p:plain

FXでチャート勉強やチャート検証をする時にFXチャートの先っちょは一切包み隠すことはしません。

FXでチャート勉強やチャート検証する際は答えの先読みで解いていきます。

例えるのであれば学生時代の宿題で問題を解く前に答え合わせをする様なことです。

FXでチャート勉強やチャート検証の際もそれと解釈は非常に似ています。

私は先ほどFXチャートの先が見える状態でチャート勉強をすると言いました。

ですが単にFXチャートの先を眺めていてもそこからは何も生まれません。

FXチャートの先を見ながら相場が動くポイントやエントリー出来そうな場所に目星を付けて行きます。

ただ目星を付けるだけはダメです。

普段から使用しているチャート分析ツールを使用してFXのチャート検証を行います。

今から私が実際に先の見えるFXチャートを使ってチャート検証を行って行きます。

FXでforextesterが無くても簡単に出来る!チャート勉強とチャート検証方法を実践します

FXでチャート勉強やチャート検証するなら最初は下位足から見る

FXトレードで通常エントリーポイントを見つける時は、上位の日足や4時間足や1時間足から環境認識をしていき、最後に5分足でトレードするエントリーポイントを探していきます。

ですがまだFXで十分に勝てていない初心者の方でFXでチャート勉強やチャート検証をする時は上位足からチャート検証するのではなく、下位足5分足から見てエントリー出来そうなポイントを先に見つける必要があります。

例えばこんな感じにする。

f:id:takumikogamiya:20200602103204p:plain

ポンド円 2020/03/19 5分足。

先程説明した通り先の見えるFXチャートを使用してFXチャート検証をして行きます。

上記の5分足の赤丸部分で売ればストレスなく利益が取れます。

先の見えるFXチャートを使って赤丸部分から売ると言う目星を付けました。

今度は赤丸部分で売る為にはどうすれば良いのかを5分足より上の時間軸で4時間足や1時間足を使って考えて行きます。

4時間足を使って下位足で目星を付けた所の根拠を探します

f:id:takumikogamiya:20200602103235p:plain

現在地は赤色の縦線部分。

先程5分足で売ると決めて目星を付けました。

今度は上位足でエントリー出来るか根拠を探して行きます。

4時間足は戻しも無く大きく下降して来ています。

エリオット波動的下降波で見れば下降3波です。

エリオット波動3波と言うのは最も強いトレンドが出ている所です。

次に下降の戻しを見る為にフィボナッチリトレースメント(FR)を使います。

直近下降に対して戻し売りの候補となるFR38.2%やFR61.8%までの戻しは無く下降の勢いが強い事もわかります。

次にフィボナッチエクスパンション(FE)を4時間足レベルの下降起点の谷に使います。

FE161.8%を下抜けてFE261.8%まで到達しているのがわかります。

フィボナッチエクスパンション(FE)でチャート検証をすると下の下まで来ている事がわかります。

FE261.8%と言うのは本来売るにはもう遅い地点です。

状況によっては買いを考えなければいけません。

ですがその他のチャート分析ツールでエリオット波動やフィボナッチリトレースメント(FR)でチャート検証した結果は直近下降の売りの値動きが強い所です。

っと言う事は売りの勢いが強い場面で買いと売りどっちを選びますか?

難しい事を考えてもFXでは勝てません。

当たり前の事ですが相場の流れに従って戻り売りを狙います。

次に1時間足を使ってチャート検証をしていきます

f:id:takumikogamiya:20200607141505p:plain

続いて1時間足の先が見える状態のチャートを使ってチャート検証をして行きます。

上位足同様にチャート分析ツールを使用して1時間足もチャート検証をします。

上位時間の4時間足では下降エリオット波動3波でありました。

1時間足レベルのエリオット波動で見ると現在地は下降5波地点にも見えます。

1時間レベルでの3波の安値を抜けています。

いずれにしても売りの力が強い事がわかります。

1時間足も下降起点の谷にフィボナッチエクスパンション(FE)を使います。

FE261.8%を大きく下抜けている事がわかります。

1時間足レベルのフィボナッチエクスパンション(FE)は使えない事がわかりました。

次にフィボナッチリトレースメント(FR)を使います。

フィボナッチリトレースメント(FR)で見ても4時間同様に戻しの無い強い下降です。

参考程度に上側にトレンドラインも引けそうです。

最後に5分足チャートを使ってチャート検証の答え合わせをします

f:id:takumikogamiya:20200602103225p:plain

上位足のフィボナッチエクスパンション(FE)261.8%から上昇して来ています。

5mレベルでの上昇起点の山にフィボナッチエクスパンション(FE)を使います。

上昇FE261.8到達から長めの陰線で出て下降しています。

長めの陰線を目印として戻しを待って上がらない事を確認してから売りたい。

小さな戻しを見る為にフィボナッチリトレースメント(FR)を使う。

戻し売り候補であるFR38.2%から上がらない所で下に抜けて行く所で売りエントリーをします。

デイトレードの利確は主に波1本で行います。

ですのでチャート検証時も考えは同じで波1本の伸びた先で利確する事を考えます。

4時間足、1時間足、5分足の各時間足でチャート検証した事を画像に書き込みいつでも見返せるようにPCに保存して行きます。

FXのチャート勉強やチャート検証は1回だけでは意味が無い

実際にチャート検証をやりましたがチャート検証は1回だけで覚えられる物ではありません。

何度も何度も繰り返し直近期間のFXチャートでチャート検証やチャート勉強をします。

何度も繰り返して練習する事で、自然と先の見えないリアルチャートでもチャートパターンであったり自分の得意パターンや苦手パターンが見えてきます。

自分の頭の中で先のチャート形状が見えてくればお手の物です。

後はチャート検証でやった通りにエントリーする根拠を見つけて、リアルトレードで実践するだけです。

そうすることでFXのトレードで誰でも簡単に勝てるようになります。

私も日々が繰り返しのチャート勉強です。

今日も1日チャート勉強とチャート検証頑張りましょう!