仲間探しは不要。FXで勝ちたいなら「先生(師匠)」を探せ!

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten
FX勉強会

先生を探してFXを学ぶのが一番手っ取り早い

FXだけでなく何かを学ぶ上で手っ取り早く上達する方法は、その道の先生に教えを請うことです。

仕事でも勉強でもスポーツでも同じ。

基本をきちんと身に着けるためには、誰かに教えを請うことが近道です。

趣味や片手間仕事程度の感覚でFXに取り組むのであれば、先生に教えを請う必要はないかもしれません。

しかし、FXは独学で勝てるようになるほど甘くありません。

これまでとてつもない数の人が、独学でFXに取り組み大損を抱えて退場しています。

中には自ら命を絶ってしまう人もいるとかいないとか・・・。

ここで言う”独学”というのは、自作のFX手法を作成して学習することだけでなく、FXの本や動画を見て一人で学習することも含まれます。

なぜFXの先生を探し、教えを請う必要があるのか

FXの独学では気が付くことができない「本質からのズレ」

FXの先生は、2020年からYouTubeやブログでFX手法を無料で公開されています。

FX手法を無料で公開され始めた時は、正直「ええっ、こんなに大っぴらに手法を公開しても大丈夫なの!?」と思っていました。

「これでFXで勝てるようになった人が続出した暁には、FX勉強会に参加している意義が・・・」とも正直思っていました(笑)

もちろん、公開されているFX手法を見て「FXで勝てるようになりました!」という方からお便りもいただいているという事実もあります。

その反面、それらを見てもFXで勝てるようにならない人もいます。

実際にFX勉強会には「無料で公開されているFX手法を見て1年ほど一人で学習していましたが、勝てるようにならなかったのでFX勉強会に入会しました。」という方もいます。

FXで勝てるようにならない原因の一つとして「教えられていることからズレていることに気が付いていない」ということが挙げられます。

時が経つほどズレは大きくなる

 f:id:hajime0707:20210125212911p:plain

図のように、初めは小さな誤差でも1年、2年、3年と経つにつれ、どんどん差が開いていきます。

青い矢印に沿って学習を続けなければ成長はないのに、ズレに気が付くことなく続けてしまってもいつまで経っても成長はなく、無駄な時間だけを過ごすことになります。

FXの先生は、「作り上げたFX手法には、素人FXトレーダーには分からない思想が多分に含まれている」と仰います。

それらは一朝一夕に理解できるものではなく、長い年月その手法を学び続けることで少しずつ理解できるものであると考えます。

そのFX手法の表面的なことすら同じようにできないのに、どうしてその思想を理解することができるでしょうか。

例えば、初歩中の初歩である“チャート設定”。

「なんだ、そんなことくらい」と思う人もいるかもしれませんが、逆に「そんなことですら」同じにできない人が、先生に教えてもらったことを実践できるでしょうか。

一事が万事ということわざの通り、どこかで

以前、FXの先生が配信されている動画を見て独学されている方のチャート分析を添削する機会をいただいたことがあります。

どの方も熱心に学ばれているのだと思いますが、チャート分析云々の前に先生とはチャート設定等が微妙に違っていました。

敢えて違う設定にしてやろうという邪な考えをもっていたわけではないと思います。

ただ、知らず知らずのうちに“ズレてしまっていた”というだけで。

チャート分析添削で自分のズレを認識することができたと思いますが、恐らく独学では気が付くことができないままだったのではないでしょうか。

ズレは早ければ早いほど修正しやすいですが、時間が経つにつれ修正が難しくなっていきます。

そのズレた状態が身についてしまっているから。

FXの先生に教えを請い学べば“ズレ”を防ぐことができる

その点、FXの先生(師匠)に教えを請い学んでいるのであれば、ズレがあれば修正していただくことができます。

ただ注意しなくてはいけないことがあります。

それは、受け身になるのではなく、しっかりと先生にやっていることを報告するということ。

積極的な学習をするということですね。

例えば私が所属しているFX勉強会であれば、トレード報告をする、勉強したことをアウトプットする、毎月のお便りを出す等々。

FX勉強会に入っても居るのか居ないのかわからないような学習態度では、FX勉強会に入った意味がありません。

もちろん先生から手厳しい指導をいただくことがあるかもしれません。

でも死ぬわけじゃないし、お金を取られるわけでもありません。

FXの先生からの指導を素直に実践できれば、FXで安定して勝てる(お金持ちになる)という目標に一歩一歩近づくことができます。

そう考えると、これほどありがたいことはないですよね。

今週のポンド円振り返り

f:id:hajime0707:20210128223609p:plain

今週のエントリーポイントここだと思います。

FXの先生も

f:id:hajime0707:20210128223603p:plain

とヅイッターでつぶやかれていました。

このエントリーポイントを振り返ってみます。

4時間足

まずは4時間足から。

f:id:hajime0707:20210128223618p:plain

誰がどう見ても上昇トレンドですね。

基本的な戦略として押し目からの買いを狙いたい局面ですが、かなり上方まで上昇してきているので怖い局面でもあります。

さらに、上位時間足の日足を見てみると、

f:id:hajime0707:20210128223621p:plain

前回売りが入ったポイント付近に達しています。

ここから上昇していくとしても、もしかすると一旦ここから戻すかもしれないということも考えられそうです。

とは言え、日足も上昇が強い相場状況です。

押し目を待って買いを狙うのが相場の流れに乗ったトレードであると考えます。

1時間足

f:id:hajime0707:20210128223628p:plain

1時間足は、上位時間足ほど方向性がはっきりしないように見えます。

直近の値動きを見てみます。

どちらかといえば直近は上昇の力が強いように見えますが、日足レベルの前回売りが入ったポイント付近で抑えられています。

しかも、実際に相場の大好きな3回目の正直で下降してきました。

この時点では「これはもしかするとトレンド転換・・・!?」と思っていましたが、予想に反してそれほど伸びず・・・。

それどころか、前回買いが入ったポイント付近で強めに反発上昇してきました。

もしトレンド転換したのであれば、一気に前回買いが入ったポイントを下抜けていくでしょうし、このように反発上昇してくることもない場合が多いです。

ということは、まだまだ上昇の力が強い、ということが考えられます。

5分足

f:id:hajime0707:20210128223632p:plain

最後に5分足を振り返ります。

5分足レベルの直近下降の大半を戻す上昇が発生しました。

この上昇の根元からエントリーする必要はないと考えます。

この上昇が発生し、その後の値動き次第でエントリーするかどうかを判断します。

ここで200MAを表示させてみると、

f:id:hajime0707:20210128223637p:plain

200MAに抑えられています。

そのため、環境認識上は上昇の力が強く5分足でも直前で上昇してきたとはいえ、すぐに買うことはできません。

ちょっとした押し目から買い!とやっちゃうと、痛い目を見る可能性があります。

ここで我慢してしばらく様子を見ていると、お馴染みのエントリーパターンになっていることが分かります。

エントリータイミングを計るエリオット波動ですね。

まさに鉄板エントリーパターンです。

ちょうど第5波まで終了してから再上昇しています。

良い感じの陽線が出たところで買うことができそうです。

利確は、環境認識上はかなり上方まで上昇してきているので20~30pipsで決済してもいいでしょうし、余裕があるなら直近高値付近まで狙ってもいいと思います。

↓↓↓FX勉強会やってるよ!↓↓↓

書いている人
はじめ

経済的・時間的自由が欲しくて専業FXトレーダーを目指して学習しています。FXの才能がなく不器用なので、初月はマイナス300pips、次月もマイナス200pipsのどん底からスタート。その後もしばらくは鳴かず飛ばずの状態が続きました。そんな感じで紆余曲折ありましたが、それでもFXの学習を諦めずに続けたことで2019年にはリアルトレードで資金2倍を達成できました。

はじめをフォローする
FX勉強会
はじめをフォローする
milkさんのFX勉強会。
タイトルとURLをコピーしました