FXで勝率が高いエントリーチャンスを掴むための4つのステップ

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten
FX手法
  • FXで勝ちたいです。
  • コロナだし電車乗りたくない。会社行きたくない。。
  • どうやったら確実にFXで勝てますか?

みたいに考えている人はたくさんいます。ただ「確実」とか「絶対」なんて求めていると大抵うまくいきません。

FXでも同様です。高確率で勝てるパターンというのはありますけど、それが絶対にならない時もあります。

ただその高確率で勝てるエントリーポイントに絞ってトレードして、それで勝率6割以上で、ある程度どこまで取るとか諸々決まってれば十分仕事になります。もう電車乗らなくていいです。

ただこれは好みというか、できるできないはその人次第です。私は負けません。神の領域です。100%全知全能です。の人になるのか。

堅実に、「ここの負けは仕方ない。次。」と淡々と自分のエントリーポイントを無駄に感覚で忖度せずに月間+、でかければ一撃200、300pipsのホームラン狙えるタイプになりたいのか。好みです。

野球で言えば、イチロータイプか、松井タイプどちらを目指すのか?みたいな話です。※ちなイチローでも7割失敗しますけどね。←FXと野球は別物というのは、もちろんありますけど。

今日はFXで勝てる確率が高いエントリーポイントを掴むためのステップの話です。

FXで勝率が高いエントリーチャンスを掴むためのステップ

上位足の方向性・今の事実を正確に言葉にできるようにする。

当たり前のことですが、上位足の方向性に沿って相場は動きます。

上昇トレンドなら上へ、下降トレンドなら下へ。たったこれだけの事なのに、最初のうちって何故かめちゃやらかしますよね。

分かってるのにやらかす、このループがスゴイと思います。

ただそこのフェーズから脱却するためにはもっと細かく見ていかないといけません。

上昇トレンドなんだけど、

  • 今はレートがどこにあるのかとか。
  • 何波目を進行しているのかとか、
  • 近くに壁(抵抗帯)があるのかどうかとか、
  • それを抜けてるのかどうかとか、
  • どこから反発しそうなのかどうかとか、
  • その反発のサイン・パターンは何なのかとか、
  • 反発のサインは出たけど、ここではできない理由はあるのかとか、

色々考えることが増えてきます。

もちろん私自身も面倒くさがりなので、色々考えたくないんですけど、色々考えないと痛い目に合うのを身をもって理解しているので色々考えます。

シナリオ立てっぱとかはしませんし、常にチャートは変化し続けるモノなので、「ここでは朝一は買いで考えてたけど、抜けたから様子見。」とか。

それが経験で毎週増えていきます。自分は百発百中とかの人ではないので、小さいですが負けはあります。が、それがめちゃ勉強材料になりますし、毎週増えるのでありがたい話です。

「このパターンの時のこれは、ここまで考えとかないとダメなんだ~。べんきょうなる~。」って感じが毎週積み上げであります。

全く転びたくないんですけど、それは自分には無理なので、転んでもかすり傷で学んでいく方が精神的にもかなり楽でした。(失敗できないって辛い。)

転換する可能性がある場所は事前に目星を付けておく。

転換する可能性というのは、どこでもありますけど、大方それは「ここら辺。」っていうのは決まっています。

その「ここら辺。」の様子を見て、抜けるのか抜けないのか、そこまで戻さずにいっちゃうパターンなのかどうか。ここを見極めます。

その見極めは下位足です。1時間足とか、それ以下の足での転換サインやパターンをいつも通り探します。

これができてないと、頭の中が「今は上昇トレンドだから買いだ。」と頭の中にその思想がこだまして、それしかできないロボットトレーダーになります。

それしかできなくてもいいんですけど、それしかできないなら、どこで何をするのか?は明確にしておかないと5分足の値動きガン見でロクなことありません。

5分足は基本的にはトリガーなので、パッと今の状況を見ても?になる人の方が多いです。

で、それを考えようとして、「えっと、ここは○○を推移していて、だらだらしていて、伸びた先だし・・・」みたいなことを考え始める気がします。

Aにも見えるし、Bとも見える。よくみればCにも見える。←この状態でトレードを長く続けるのって気が気じゃないですよ。しんどすぎます。ゲ〇吐きます。

明確に今はこうだから、買い。どこでこうなったら買い。それ以外は見送り。逆張りの売りはここでこのパターンが出たら等。

で、この中のパターンも3分類くらいだけだったらできる気しませんか?この分類の仕方が人によって違うのでむずいですけど。

ようはみんながこぞって言っていることがズレているなら危険ってことです。分析方法然りですけど。

パターンは全て頭に入れて事前に「次に○○になったら、このパターンで入る。」と決めておく。

朝一にやるなら、前日夜から、当日トレードするなら、夕方までのエントリーパターンは決まっています。21時、22時以降は夕方からずっと見ていれば、そのままやるだけです。

今のチャート形状で○○になったらエントリー。これができないと、いつまでもハズレくじを引かされ続けられます。

この○○は人によって違うかもですが、その○○も明確にしておかないと、「これってどうなんだろう?」になります。

エントリーパターンだけど、見送る時と見送らない時の違いを明確にしておかないと、「あれ?これってあれなのになー。」のぐだぐだの展開になります。

例えば、有名なダブルトップ・ダブルボトム。三尊・逆三尊なども、それだけ知っていても勝てないのは分かると思います。

どこでそれが成立する可能性があるのか、逆に崩れる時はどこなのかを事前に分かっていないと、その波形見たらもう完全に頭がそのパターンに固定されちゃうのが危険ってことです。

それに固定されると、しつこくその方向にナンピンしたり、無駄打ちするのがオチですからね。

感覚的なエントリーはしない。トリガーが複数あるなら、それは初心者には悪癖。

感覚でこの辺から入りました。は初心者には無理です。

それでやってうまいこといってちゃんと+収支でやり続けられているならいいですけど、そうじゃない人の方が大多数だと思います。

昔は「この辺かなー。」みたいな曖昧なコトいってましたけど、いまは「ここだけ。他は無理。」と自分の説明書があります。

それが他の人がエントリー出来ていたとしても、自分はここだけという説明書があります。

それは勝っても負けても同じです。だから安心感が違います。勝っても負けても、「ここが良かったのかなー。本当は。」みたいなことにはなりません。

言い出したらキリないですし、そりゃ5分足のこの陰線で入れたらー。っていう希望を言って、それって成長に繋がりますか?って話です。

その希望を叶えるのに努力とかそういう類のモノで埋まるものじゃない所を掘ろうとしていて、そもそも計画の段階で無理だから、そっちには行かないと決めるべきモノはあります。

「この辺。じゃなくて、ここ。理由はここではじめてこれがこうなったから。それ以外はまだ何もできない。」と説明して、「それってAにもBにも見えませんか?」と思われたら、そういう感覚の分析だから真似できません。で終了です。

FXで楽に勝つ。勝てる所でシッカリと勝つトレード実践編

2021年4月後半のポンド円です。

日足の環境認識

日足の環境認識です。

日足は前回の下降起点を少し抜けて再度下降する展開となりましたね。(個人的には現在はこれで再度上昇波に転換した認識。)

しかし来週、再来週はどっちにいっても、それぞれの思惑が重なるポイントなので大きく伸びそうです。

売り手としたら、有名な三尊で下降ズドンのパターンだし、買い手としては再度調整下降からの再度大きく上昇するのを期待している場面です。

現在としては売り方向への波形なので、下方向に素直に短く取っていくのがいいのかなーって思ってます。

だけど逆張りなので決済は短くするのがいいです。可能性として伸びるかも?と思えば、小ロットだけ残しておくとか。

4時間足の環境認識

4時間足の環境認識です。

4時間足も一緒ですね。前回下降起点を越えて、そっからの調整下降。

抜けたので、その前の最高値試しに行くのかと思いきや失速してきました。下から入れなかった人は、これでチャンス!押し目買いや!と思っている節もあると思うので、しっかりその可能性がどうなろうと意識すべき場所は意識しましょう。

下のラインは反発するなら、反発する可能性が高いゾーンです。※日足レベルのライン

しっかりと押すのか、そのまま抜けるのか、中途半端な所から前回みたいに上昇するのかは未来の事なので分かりません。

ただ目標点が一旦はないと、そこからのシナリオも組み立てられないので目安として置いておきます。

1時間足の環境認識

1時間足の環境認識です。

あのてっぺんから売れるというのは正直、自分にはできません。なんならここってまだ上まで伸びる可能性があるので、この時点では逆張りなんですよね※矢印時点の話。

その追っかけ買いした人たち、これがユーザーが多い時間帯での追っかけ買い。

で、その当日最高値をその時間(22時の足)に付けた。で、朝一までには売りのパターンになっています。

しかし、それが崩されて、朝一の上昇継続の可能性もあったので、この上のラインでどうなるか見ます。

で、戻してきて、売りです。ただこれ逆張りなので本来の思想ならあんま伸ばし過ぎちゃいけないんですけどね。

買いに関しては、買い勢が入って来そうなポイントはいくつかあったと思いますし、やれない理由が明確にないとやっちゃいそうな相場ではありますよね。

ここが感覚ではなく言葉にできないと繰り返されるので注意です。

例えば151.174付近とかでの買いはポイント的には買いが入るだろうなとは思っていたポイントなのですが、見送り理由はここ大事です。なんなら、ここがスキャルでその買いの人たちを襲いに行きたかった所なので迷った場面です。

5分足の環境認識

5分足はトレンドラインを引いて入りましょう。

今日はこの辺でお疲れ様でした

↓↓↓FX勉強会やってるよ!↓↓↓

書いている人
seiten

0になるのよりも、自分で1を作れない方が恐怖だと感じFXに挑戦。将来的には専業FXトレーダーになり完全なるノマド生活を満喫したく、勉強会で修行させて頂いております。未来で悔いなく「FXをやり切った。」と言える自分になるべく、ほぼ引きこもり状態で勉強中。おじいちゃんネコと一緒にゆるーく生活しています。趣味はアコギ、お寿司、日本酒がぶ飲み等。

seitenをフォローする
FX手法
seitenをフォローする
milkさんのFX勉強会。
タイトルとURLをコピーしました