値動きのパターンをFX考察してみよう「計画よりも実績」

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten
FX手法

FXでは値動きのパターンを覚えよう。

値動きのパターンさえ覚えれば勝てます。

というのは合っているし、間違っている。

パターンというのは結構複雑で色々な要素が含まれており、上っ面の理解では確実に相場に焼かれます。

今回は値動きのパターンを理解する上でのひとつをお話しします。

キーワードは「しますよりしました」。

FX値動きパターンのひとつ「前回○○した所は」

これは先生のyoutube動画で良く出る内容。

前回○○した所は?

まさか先生のyoutube動画を拝見していて聞いたことないなんて人はいないでしょう。

前回上げ(下げ)た所は次回も上げ(下げ)やすいという値動きパターン

前回上げ(下げ)た所は次回も上げ(下げ)やすい。

チャートを見ているとよく見かけませんか?

以前にズドンを下げた所までレートが再度上げてくるとまたズドンと落とされることを。

しかも結構沢山ある。

なぜこういう値動きのパターンが出るのか。

これはトレーダーによって色々と解釈は違うかもしれません。

値動きの経緯としてそこで売り(買い)が激しく入った所だからとか。

フィボナッチの良い位置だったからとか。

なぜという理由はまず置いておいて、値動きのパターンとしてあるということだけでもまずは覚えましょう。

値動きパターンでの上っ面禁止

なるほど。

じゃあ前回上げ(下げ)た所までレートが到達したらとりあえず売り買いすればいいんですね?

というのは値動きパターンの上っ面をなぞっている感じ。

レートが反応せずにそのままレートが進んで行くこともあります。

だからこその「します!ではなく…しやすい」。

なんだじゃあ使えないじゃん!

という結論を出すようであれば聖杯を追い求めれている初心者や素人を脱せられていないという証拠。

FX相場ではそんなこと腐る程ありますよ。

フィボが効かないこともある。

トレンドラインが効かないこともある。

あるある。

じゃあどうすればいいんだ!?

値動きのパターンにも経緯がある

これは前回の記事でも触れましたが、前回上げ(下げ)た所は次回も上げ(下げ)やすいというのがすべて効くのであれば、FXでトレードする上で大切な横軸はいらない。

価格という縦軸だけでいい。

だとしたらいつもそのレートで指値トレードすれば勝てることになりますね。

まあそうはなりません。

もしそうなるんだとしたらいつまでも永遠にレンジ相場という感じ。

これに横軸が加わるとどういうなるかと言うと、経緯が違ってくるんですよね。

単純にそのレートまでどれくらいの時間を掛けたとか。

どういう波を作ってきたのかとか。

トレンドはどっちなのかとか。

それらを総合した上で値動きのパターンに当てはまるからトレードしてみよう。

となるわけです。

これは今回の値動きパターンだけでは無く、フィボなども全部同じだと思います。

ということは値動きのパターンはあるんだけどもそれまでの値動きの方がよっぽど大切だということも分かりますね。

それを踏まえた上でパターンに当てはめていく。

これが自然なトレードの流れだと思います。

値動きのパターンは前提も確認した方がいい

前回上げ(下げ)た所は次回も上げ(下げ)やすいという値動きのパターンでは次にそこまでレートがどういう経緯で来たのかを確認してトレードしますよね。

では前回上げ(下げ)た所はなんでそういうことになったのか。

なぜ上げ(下げ)したのか。

そこには何かしらの理由がある。

その理由をまず考えてみるというのも大切な事だと思います。

理由を考える上で使うべきはトレーダーそれぞれが持っている手法。

下降相場でフィボナッチリトレースメント61.8%付近からズドンと下げました。

意味のある所で実際にズドンとしたアクションが起こっているだから次回もアクションが起こりやすい。

ここまで考えて見ると値動きのパターンがしっくり来るかもしれません。

単純なパターンの上っ面を追っかけるよりも深い学習にもなりますしね。

値動きのパターンをFX相場解説してみよう

上っ面だけの値動きパターンだけでは無く、しっかりと深ぼってチャートと向き合って行きましょう。

2021年5月4日ポンド円。

環境認識を基に値動きのパターンからエントリーを

SEXするなら前戯から。

告白するならお友達から。

FXやるなら環境認識から。

4時間足

チャート左からグイグイと戻し浅く上げている強い上昇。

グイグイと上昇した先っぽではいつ大きく戻してくるか分からない。

で実際に何度か強めの下降が出ており、3度目の正直から下降に転換するかも!?

と見せかけて下げきれなかったというのが現在地。

最高値からの下降にフィボナッチリトレースメントを使うとFR61.8%まで一気に上昇している。

ということはやっぱり上昇が強いのか。

じゃあ上昇として目指すのはどこか。

FR61.8%でどうなるかを見て、抜けるのであれば次は高値ですね。

とりあえずは押し目からFR61.8%までは買ってみたいですね。

1時間足

安値から戻し浅くグイグイと強く上昇しているのは分かります。

4時間足の下降FR61.8%まで一気に上昇していますが、結局高値を抑えられてこちらも強めの下げも直前では安値からV字気味に上昇している。

やっぱり上昇が強いのかな?

まずは強めの下げがV字気味に上昇したのはなぜなのか。

困った時にフィボナッチリトレースメント。

そうするとFR38.2%付近から上昇しているのが分かります。

そしてもう一つ。

下降起点に谷が出来ているので当然フィボナッチエクスパンションを使います。

そうするとFE161.8%もあり、そこからV字で上昇している。

意味のある所だったんですね。

なるほど。

ただ現在地は上昇した所で4時間足でのFR61.8%付近なので、ここから買おうとすると高値抜けを期待するような壁に向かって突っ込んで行くようなトレードになってしまうのでそれは避けたい。

じゃあどうするか。

あまり浅い戻しから買おうとすると壁に突っ込んで行く感じなので、出来れば深めに戻してから買いたい。

エリオット波動的な調整でFR61.8%付近まで戻して止まるならとか。

高値で止められて下降してくるならそれまでの値動きを見て下げて行かないならとか。

5分足

高値から戻しがあるもFR38.2%付近で抑えられて再上昇。

ここからの買いはさすがに出来ない。

で再上昇も強くは上昇して行かずに押し目からの上昇が終わった時点で急下降。

計画的には急下降ではあったも下降が止まれば環境認識的に買いたい。

じゃあどこで止まるのか。

FR61.8%なのか。

前回意味のある所から上昇したレート付近なのか。

それは値動きを見て行かないと分からない。

そのまま安値を抜けて下降していくこともあるので。

で実際には前回上げた所から強めに一度反発。

ということは前回上げたと所が効いているということがわかります。

FXトレードの王道は?

戻しを待ってからのトレードですね。

戻しで安値を抜けて行かないのであれば買ってみる。

利確はこの相場では高値付近に目安となるラインがありますよね

そこまで保有ではいいんじゃないでしょうか。

値動きのパターンは計画よりも実績を大切にしよう

値動きのパターンを覚えることは大切。

でも値動きのパターンは覚えた上で使いこなせないと意味がない。

どういう状況においてどういう値動きの経緯があってパターンが出たのか。

計画的に形だけ追って当てはめるのでなく、実績としての値動きを基に当てはめていく。

ダイエットをしよう。

ダイエットの為に走りました。

どっちが現時点で意気込みとして信用性がありますかね。

しようというのはまだ行動を起こしておらず明日やろう的な意味合いですよね。

まだ何もやっていない。

でもダイエットの為に走りましたというのは実際に行動しており、ダイエットをし始めている実績が出来上がっている。

であれば後者の方がダイエットをしているんだなという信用性がありますよね。

物事が起こったことに対して動いて見る

その上で値動きのパターンが出る。

だからトレードする。

だから勝てる。

値動きのパターンはいつもどこでも同じような形にはならずにどこか変形して振り返ってみるとそう見えるけれどもリアルタイムでそう見えない場合もある。

計画では無く実績を大切にすることで見えなかったものが見えるようになったり、無理に計画的に形にはめ込むということもしなくなるんじゃないかと思います。

さあ今日もFXの学習頑張りましょうね!

↓↓↓FX勉強会やってるよ!↓↓↓

書いている人
ぐっぴー

人に左右されずに自分自身のみを高める努力することで時間や経済的な自由さを掴み取れるFX。私に出来ることは諦めずに日々絶やさず学習を継続することのみ。目標まで何年掛かろうともやり遂げる覚悟で挑み中です。自分自身を追い込むことは結構好きなので実は楽しんでやっています。1人でいる時間が好きでお酒を飲みながらボーっとするのが唯一の趣味。

ぐっぴーをフォローする
FX手法
ぐっぴーをフォローする
milkさんのFX勉強会。
タイトルとURLをコピーしました