1週間のFXトレード「後悔などいらん。思考を追え!」

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten
FX学習法

FX勉強会では毎週末に1週間分の相場解説が配信されます。

環境認識からシナリオ、エントリーポイントまで。

あそこでエントリーポイントでトレーダー出来てたー!やったー!

成功を掴むと学習する上での意欲が生まれますよね。

これは大切なコト。

じゃあ更にトレードが上達するためには?というお話し。

キーワードは「変異ウイルスのように」。

1週間分のトレードエントリーポイント公開

2021年5月第3週のエントリーポイントをまずはすべて公開します。

とても良いFXの学習材料になるはず。

そして1週間のトレードを公開する理由もお話しします。

1週間のエントリーポイント(5分足)

これが5月第3週すべての正しいエントリーポイントです。

すべてのエントリーポイントを見て思う事は色々あると思います。

なんだエントリーポイントはそれだけしかないのか…。

えっ1週間でこんなにエントリーポイントあるの!?

エントリーポイントでエントリーしようと思ったけど仕事してたからトレード出来なかったな。

などなど。

後悔や妬み、否定などの感想。

これらは学習においては全く意味はありません。

1週間のエントリーポイントを教えちゃって大丈夫ですか!?

じゃあエントリーポイントを教えてもらったから次から同じような所でエントリーすればいいんだと短絡的に考えてもきっと同じようなエントリーポイントではトレード出来ない。

これはあくまで学習材料。

じゃあどう1週間分のエントリーポイントから学習すればいいのか。

1週間の自身のシナリオ

週明け月曜日から金曜日まで毎日シナリオを立てますよね。

立てますよね?

シナリオも立てずにトレーダーなんて出来ない。

それは当てずっぽう以外の何物でもない。

そのシナリオというのは必ず当たらなければいけないものではありません。

シナリオに合致しなければトレードしなければ損失にはなりませんから。

ただ1週間を終えて正しいエントリーポイントを確認して、それに対して自身がその当時立てていたシナリオと合致しているのかもしくは違うのか。

正しいエントリーポイントというのは先生から学習中のトレーダーに向けたポイントであり、自分は違うポイントが良いと思います!ということはあってはいけません。

学習自体がブレますからね。

もし合致しているのであればエントリーポイントは正しかったのか。

ちょっとズレていたのであればなぜズレてしまったのか。

ちょっとしたズレというのは環境認識やシナリオとして正しいのであれば誤差なので細かな部分での修正をすればいいのでそこまで大きな問題は無いと思います。

違うのであればなぜ違うのか。

環境認識の時点で間違っていたのか。

シナリオが違ったのか。

何が違ったのかを答え合わせから考察する。

こういった振り返りというのはとても大切なこと。

週末に正しいエントリーポイントから答え合わせをするだけでなく、翌日には前日考えていたシナリオに対してどう相場が動いたのかを見てどうだったのかを思考しておくとより良い学習となります。

狭い思考の外側

当然まずは自身で1週間を振り返る。

分からない分からないと考えもせずに誰かに委ねるというのは何の勉強にもならない。

分からなくても教わっている手法や学習している手法にはある程度ルールがあると思いますので、それに沿ってとにかく考える。

何故なのか。

どうなのか。

答えも無いまま何が正解かも分からずに学習をし続けるというのはリスクが高い。

間違った方向にどんどん進んで行くこともありますから。

だからこそ独学は難しい。

でも答えがあれば正解が提示されるのでそこに対して考えればいいだけです。

それでもやっぱりわからない部分というのは出てくると思います。

そんな時は何が分からないのかを環境があるならば聞いてみれば良い。

何日も考えて分からなかったことが人に聞いた5分だけで解決するなんてこともありますから。

そういう環境が無くても、例えばフィボナッチリトレースメントなどのツールから値動きについて分からないのであれば先生のyoutube動画などで詳しく解説されているのでそれを振り返って見てみれは良い。

まだFXで勝てるようになっていないトレーダーの思考というのは狭いので、自分で考えるのは必須としても勝てるトレーダーの思考を除かないと思考はなかなか広がらない。

思考を広げるために使えるものはどんどん使って行きましょう。

1週間のトレードからチョイスしてFX相場解説

先に紹介した1週間分のトレードエントリーポイントから1つチョイスして相場解説したいと思います。

思考の参考にして見て下さい。

2021年5月14日ポンド円。

環境認識

トレードする前にやるべきことは?

告白するならお友達から。

FXやるなら環境認識から。

4時間足

全体的には上昇相場。

チャート左側から戻し浅くグイグイと強く上昇して来た先で強めの下降も入ってきた所で長く続いた上昇相場がそろそろ転換するかもしれないという値動きを見せつつも再度強めに上昇して高値を更新した所。

やっぱり上昇が強いのか!?

じゃあ現在地はどんな状況なのかを見て行きます。

まず前回落ちた所から安値にフィボナッチリトレースメントと使ってみます。

そうすると安値からの上昇は下降FR61.8%付近で何度も止められたのにも関わらず結果として上昇している。

じゃあ次はどこまで上昇するかと言えば高値付近なんですが、高値でも止まらずに更新している。

ということは上昇が強い。

じゃあどこまで行くのか。

こういう時に使えて良くやるのが高値付近に対してのトレンドライン。

そうすると現在はそのトレンドラインで高値を抑えられているように見えます。

しかもそれまでの上昇を幅をこちらもトレンドラインで計ると、一対一付近まで上昇してしまっている。

そろそろ上昇が落ち着きそうな感じ。

上昇が落ち着きそうとはいえ直近は強い上昇なので基本的には押し目を待って買いたいと考えるのが自然。

ただ上昇した先で上側の抵抗は明らかなので買うにしても出来るだけ下からちょっと取るようなトレードをしたい。

ドンと下げてしまうのであればそうなったらそうなったで考えたい。

1時間足

1時間足で見ると強い上昇相場。

戻しも浅いし、時間を掛けても下げずに強く上昇している。

そして再度上昇が強い時によく見る横這いのような値動きからグッと上昇。

ただ4時間足での上側トレンドラインがある付近で押し目からはそこまで高値更新はせずに抑えられて下げてきている。

この時点でやっぱり4時間足でのトレンドラインは抵抗として効いているということが分かります。

じゃあ4時間足トレンドラインからの下降はどこらへんまで下げているのか。

それはもちろんフィボナッチリトレースメントで計ります。

長い期間横這いを経て下げそうな所で下げずにグッと上昇した起点に当てて見るとまだFR38.2%すら下げていない。

浅い戻しで止まっているということは上昇がまだ強いんじゃないかということは考えられます。

じゃあどこで止まっているのかと言えば、前回上昇したレートの所。

前回上昇したレートというのは次回も反応しやすいという性質があるのでそれに合致して現在反発しているような状況です。

上昇が強い相場で効きそうな所から下げたんだけども浅い戻しや反応しそうな所で止まって反発している。

ということはここから下げないのであれば大きく上昇は期待できないですが、再度4時間足のトレンドラインを目指して上昇する可能性はあるのでその付近までは買いで狙っていけそう。

モタモタせずにさっさとエントリーする

FX勉強会の先生はよく「ここはモタモタせずに出来るだけ下(上)からサッとエントリーする所です。」と仰られます。

じゃあそれはどういう相場なのか。

恐らく今回の1週間の内の一つのエントリーポイントも意味合いとしてはそれに近く所だと思います。

じゃあ具体的には。

今回で言うと強い上昇相場なんだけれども上昇した先で、買うにしても注意が必要な所。

いつ下げてくるか分からないという意味で。

しかも高値付近は意味のありそうな抵抗で実際に直前で止められて下げている。

ということは出来るだけ下から判断して買いをしないともし下がってきてしまった場合に逃げ遅れてしまう可能性がある。

じゃあモタモタせずにサッとエントリーしたほうがいいですよね。

ということだと思います。

5分足

まず安値で2度同じような水準のレートで止められて上昇しています。

その後の高値からの下降はジグザグとした上昇した値動きに比べるとそこまで下降の力が無いような感じ。

下降起点に小さな山が出来ているのでFEを使ってみると前回安値で2度止められた付近に261.8%が来る。

じゃあそこまで下げてくれたらとりあえず下から買ってみる。

そして実施に上昇して下げないのを確認して買ってみる。

利確はお好みでどうぞ。

1週間のトレードは変異ウイルスの様に

今話題の変異ウイルス。

これはウイルスの基本。

あくまで生き物なので環境に順応して変化をしていく。

それにこちらも対応していかなければいけない。

それに見合った治療をする。

1週間のトレードにおいてもそう。

相場状況では買える所もあるし売れる所もある。

買える所(売れる所)しかない1週間もある。

大切なことは現在地ではどうするのが最善なのかに対応すること。

器用に売りも買いもするというのはなかなか難易度が高いのでその状況判断として売りを選択するのであれば売りに対しての最善なシナリオを立てて、シナリオ通りになればトレードするしそうならなければトレードしない。

その状況判断が間違っている時もあれば、合っている時もある。

これらを繰り返して学習をして対応力(免疫力)を上げて行く。

そういった意味で1週間のトレードにおける振り返りというのはとても大切。

本当の正解を持って正しい振り返りをする。

これが一番の近道だと思います。

さあ今日もFXの学習頑張りましょうね!

↓↓↓FX勉強会やってるよ!↓↓↓

書いている人
ぐっぴー

人に左右されずに自分自身のみを高める努力することで時間や経済的な自由さを掴み取れるFX。私に出来ることは諦めずに日々絶やさず学習を継続することのみ。目標まで何年掛かろうともやり遂げる覚悟で挑み中です。自分自身を追い込むことは結構好きなので実は楽しんでやっています。1人でいる時間が好きでお酒を飲みながらボーっとするのが唯一の趣味。

ぐっぴーをフォローする
FX学習法
ぐっぴーをフォローする
milkさんのFX勉強会。
タイトルとURLをコピーしました