簡単すぎるFX「エリオット波動」色んな意味でね

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten
FX手法

小学生でも理解が出来る方が良い。

誰にでも勝てる事がしたい。

全然FXで勝てない。

じゃあエリオット波動を覚えよう。

キーワードは「ニヤニヤタイム」。

FXで簡単すぎるエリオット波動の意味

まずはエリオット波動の説明をサクッと。

そしてエリオット波動でのトレードの流れをサクッと。

最後に相場解説でなぜFXでエリオットを使うとトレードが簡単すぎるのかをお話しします。

簡単すぎるエリオット波動

エリオット波動についてはさんざん先生のyoutube動画やブログで紹介されているのでそこまで詳しくはお話ししません。

そもそもそこまで詳しくエリオット波動について話をする必要すらないんですが…。

エリオット波動は5つの波で構成されています。

下降でも上昇でも同じこと。

波に012345と番号を書くだけ

1波は突発的に発生する値動き。

2波は1波に対してのジグザグとした調整の値動き。

3波はエリオット波動の中で最も力強い値動き。

4波は2波と同様に3波に対してのジグザグとした調整の値動きで1波の高安値で止まることが多々ある。

5波は3波の次に狙いやすい値動きで3波の高値付近で止まることもあれば抜けて行くこともある。

エリオット波動で覚える事はたったこれだけ。

もう小学生でも理解出来ますね。

簡単すぎるエリオット波動5波

FXトレードで狙いたい波はエリオット波動でいうところの3波。

なぜならば最も力強い値動きになるから。

トレーダーはみんなこの波を狙いたい。

ただ初心者には1波から2波が来て3波を捉えるのはそこまで簡単だとは言えない。

じゃあ初心者でも簡単にトレードを待ち構えられるのは?

5波ですね。

0123波とすでにチャートに形が出来てしまっている。

しかも4波は1波の高安値で止まることが多々ある。

出来上がった形を見てからでも遅くなく、押し目や戻り目のシナリオも超絶に立てやすい

だからこそおすすめ。

簡単すぎるけど型にはめ過ぎてはダメ

エリオット波動5波は待ち構えやすくトレードするのにはおススメなんですが、注意しなければいけないこともあります。

それは型にはめ過ぎて考えない事。

FX相場がいつでもエリオット波動で成り立っているのかといえばそんなことはありません。

全く使えないこともある。

しかも4波が1波の高安値で絶対止まるということもない。

あくまで止まることが多々あるということ。

もちろん止まることも多くあります。

綺麗なそれまでの調整の値動きも形成されて1波高安値で止まってくれるならラッキー。

その時は自信を持ってトレードしていけばいい。

FXでは絶対にこうなる!という思考は危ない。

でもそうなる時はあるのでそこだけは美味しく簡単に頂いておく

これくらいの気持ちで待ち構えて見るのがいいかもしれません。

簡単すぎるけど細か過ぎてはダメ

先生がyoutube動画などで解説されている鉄板のエントリータイミング。

小さくエリオット波動的な5波を待っての売り買い。

これはあくまでもエントリータイミングを取る為のエリオット波動的な値動き。

環境認識を踏まえてトレードを待ち構えるエリオット波動とは違う。

上位足で待ち構えるために意識することは2つ。

エリオット波動の定義に従う事。

今がどんな波なのかを知ること。

エリオット波動の定義については前述の通りです。

これは基本でありとても大事な無いようなので誤解釈しないようにしましょう。

基本こそ奥義なので。

エリオット波動の定義を踏まえた上で今がどの波なのか。

一番強く値動きをする3波の中でももみもみと波を作った後にドンと動くなんてこともあります。

4波がジグザグでは無くてドンと動くこともあります。

色々なケースはあるんですが、あくまで今がどの波にいるのかを意識して見てみましょう。

定義はとても簡単なんだけども今がどの波にいるのかを解釈するのは学習が必要です。

本当に簡単すぎると思えるまでしっかりと学習していきましょう

簡単すぎるエリオット波動5波トレードFX相場解説

エリオット波動5波を待って出来る簡単すぎるトレードを解説して行きます。

2019年11月22日ポンド円。

環境認識

環境認識が出来ない事には簡単とは言えない。

告白するならお友達から。

FXやるなら環境認識から。

4時間足

全体的には上昇相場。

この時の上昇というのは綺麗なエリオット波動で上昇して来ています。

4波が1波の高値付近で止まって5波で強く上昇。

3波の高値も楽々超えて上昇が強い事は明確。

現在は5波なんだと思いますが、高値で数週間の横這いが続いている4時間では地獄絵図みたい。

エリオット波動5波まで来たからじゃあ次は下降です。

とはならないですね。

それまでは明らかに上昇が強いわけですし。

上昇5波の後で数週間の横這いとなっている相場には何かがあるのか。

縮小してみると左から強く下降してきた安値から現在の5波があります。

この5波が下降に対してどこまで戻して来たのかを計りたい。

もちろんフィボナッチリトレースメント。

そうすると現在地は下降全体の61.8%。

下降の戻り目となりそうな付近で止まっているということが分かります。

全体的な下降に対して戻しから売りたいトレードと直近の強い上昇に対して買いたいトレーダーが戦っている感じなんですかね。

現在の方向感が無いので、トレードの参考として抵抗となっているFR61.8%に水平線を当てておきます。

1時間足

1時間足では左側から下降FR61.8%の水平線まで上昇しては落とされてを繰り返しています。

ただ下げるんだけど下げきれずにこちらも戻されています。

直近では下げた所から結構強めに上昇しています。

このまま抜けて上昇していくのかな?ともこの時点では思えますね。

ちなみに強く上昇した先は上昇起点のFE261.8%なのでとりあえずは戻しを待ちたい。

ただその後は下降が止まらずに再度FR61.8%の中に戻ってきてしまっています。

しかも安値からの強い上昇をほとんど戻している。

また方向感が無くなりましたね。

高値からの下降を見るとなんか綺麗なエリオット波動っぽく見える。

高値の意味のある所から突発的に下げて押し目から上昇出来ずに強く下降。

明らかに下降3波。

全体的な方向感は分からないけれどもエリオット波動の流れが出来ている。

ということは4波を待って5波で売れるんじゃないかって誰でも簡単に考えられますよね。

じゃあ4波はどこで終わって5波が始まりそうなのか。

これも簡単に予測出来る。

もちろん1波の安値。

その付近までの値動きを見て上昇出来ないのであれば売れそう。

実際の値動きは安値から結構強めに上昇して来ていて、一旦1波安値をグッと抜けています。

アレ?ってなって当然まだ売れそうにないですね。

と思ったら一気に上昇分を全部戻してグッと抜けた上昇が無かったことにされていますね。

ということは1波高値付近まで波を作って上昇して来ているけど上昇し切れていないという事実なので5分足の値動きで売れそうなら5波で売れるんじゃないか。

5分足

このチャートは3波からの上昇での5分足なんですが、何かがありますね。

それは…エリオット波動。

こちらの上昇もエリオット波動になっている。

安値から123波と来て4波が1波の高値で止まって強く上昇。

1時間足での4波が定義通りのジグザグとした上昇になっている。

安値に綺麗な山が出来ているので当然フィボナッチエクスパンションを使います。

そうすると5波の所にはFE261.8%あってそこから急下降している。

5波が意味のある所から下降しているということも分かります。

1時間足の急下降の理由がここにもあるわけですね。

あとは上昇出来ないのを確認出来れば売りたい。

その後はこれまたエリオット波動。

急下降後の上昇が5波でも上昇して行かない値動きになっている。

この5波を待って売っても良さそう。

細かな話ですが、この5波というのは1波の高値に行かずに再上昇しているので若干上昇は強いのかもしれないと考えると再度上がっていく可能性は考えられる。

じゃあ一度しっかり下げた戻しでも上昇出来ないなら売るのが良いのかもしれません。

そうすると先生がいつも仰られている3度目の正直になりますしね。

しかもしかも4時間足での下降FR61.8%でも抑えられる様な値動きにもなる。

色々な根拠が有って落ちる。

だからレートはグンと下がっていく。

ということなんですかね。

簡単すぎるFXエリオット波動5波はニヤニヤ待つだけ

今回の相場解説では方向感の無い所でのよりどころとなるものがあって、分かりやすいエリオット波動5波で乗って行くというトレード。

とりあえず綺麗なエリオット波動で3波まで来たのならあとはニヤニヤと4波が終わるのを待っていればいい。

今回の様に一度グッと上昇したのを見て、変な別の思考を考えるのでなく、ニヤニヤそれだけを待つ。

もしそうならなかったら今回はそうでは無かったと諦めれば良い。

細かな値動きでも良い値動きになってくれるのであれば更にニヤニヤとチャートを監視する。

そしていざというタイミングでニヤニヤしながらエントリーボタンをポチっとする。

待ち構えやすい所でじっくり値動きを確認出来るのは早い値動きよりは断然に難易度が低くなります。

だからこそ初心者や素人でもエントリーしやすくなる。

結構早い値動きの方が派手でカッコよく見えるかもしれません。

でもそれをしっかりと確実に取れるのはしっかりと学習を積んでそれすらも簡単すぎると思えるトレーダーくらい。

まずは待ち構えやすくやりやすい簡単すぎる相場でのトレードをチョイスしましょう。

そうやってエリオット波動5波でなくても簡単すぎてニヤニヤ待てるような相場を増やしていきましょう

さあ今日もFXの学習頑張りましょうね!

↓↓↓FX勉強会やってるよ!↓↓↓

書いている人
ぐっぴー

人に左右されずに自分自身のみを高める努力することで時間や経済的な自由さを掴み取れるFX。私に出来ることは諦めずに日々絶やさず学習を継続することのみ。目標まで何年掛かろうともやり遂げる覚悟で挑み中です。自分自身を追い込むことは結構好きなので実は楽しんでやっています。1人でいる時間が好きでお酒を飲みながらボーっとするのが唯一の趣味。

ぐっぴーをフォローする
FX手法
ぐっぴーをフォローする
milkさんのFX勉強会。
タイトルとURLをコピーしました