[永久保存版]監視しすぎてもはやFX奴隷を避ける為のハウツー

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten
FX学習法

FXでお金を稼ぎたいからチャートを見ます。

暇さえあればチャートに張り付く。

エントリー出来ないかなー。

そうやって1日が終わっていく。

ピコピコ動くチャートの奴隷そのもの。

それではお金を稼げるようになってもしんどい。

じゃあどうすれば良いのかという話。

キーワードは「太田胃散」。

FXで監視するのは1日1時間!?

FX勉強会にはトレードで勝てている方は多くいらっしゃいます。

そういった方々が1日どれくらいチャートを監視してFXトレードをしているかは気になりますよね

ある方はどうも1日でトレードをするまでにトータルで1時間程度しか見ていないという話がありました。

1日1時間!?

であんなに勝ててるの!?

あなたは1日何時間チャートを監視していますか?

監視は時間があればあるだけ見れる

FXを学習されている方は多くが兼業として自分の仕事をしながら時間を作ってチャートを監視する。

トレード出来るチャンスがあればトレードする。

というのが一般的だと思います。

1日仕事から帰った夜3時間くらいしかチャートを見られません。

はたまた仕事中もパソコンが見れる環境で暇があればいつでも監視できるという人もいる。

日中はチャートを監視できずにいる方からすればいつでも監視できる人は羨ましい。

トレードチャンスを沢山掴めそうで羨ましい。

と思うかもしれません。

確かに動いているチャートを監視し続けずに、学習する時間に充てられるならば単純に3時間しか見られない人よりもFXは早く上手くなるかもしれません。

でも意外と学習よりも監視してチャンス来ないかなーと張り付いてしまっていることが多いんじゃないでしょうか。

学習にも身が入らずにずっと監視しているだけなんてことも。

時間があればある程監視することは出来ます

時間が無くてもやれることは多くあります

それは各々の向き合い方次第。

1日1時間の監視の仕方

じゃあ1日1時間をFXチャートの監視をしてどうトレードするのか。

その流れを言葉にするだけならとても簡単。

まず朝起きたらチャートを開く。

その時の環境認識をする。

そしてシナリオを立てる。

ここまではテンプレート。

例えばその日売りをしたいという環境認識でシナリオを立てる場合にはどこで売れそうなのかを考えますよね。

ここらへんまで上昇し来たら上昇が落ち着きそうだなという予測。

ここらへんまでというのは熟練して相場感が十分に養われているトレーダーであればなんとなくでも予測出来るかもしれません。

でもFXの学習者としての段階では曖昧ではいけないのでその為の勝てる手法におけるツールを使いますよね。

例えばフィボナッチリトレースメント38.2%まで戻したら戻り目として意味のある所だからそこまで待とうとか。

これであれば誰にでも出来る。

で予測したのであればそのレートにアラートでも仕掛けて置く。

でアラートが鳴ったらチャートを監視してみる。

そこまでの値動きはどうだったのか。

そこで値動きはどうなっているのか。

もしそれまでの値動きやそこでの値動きで戻り目にならなそうだなと思ったらじゃあ次はどこかということを予測してその次にアラートを仕掛けて待つ。

でアラートが鳴ったらチャートを監視してみる。

良い値動きで上昇しきった感じで値動きもそのレートで良い反応をしている。

じゃあそろそろ売れるかもしれない。

あとは細かな値動きで売れるタイミングを待つ。

待つというのは監視するというわけではありません。

相場状況としてすぐに動き出すことが考えられる場合にはそのまま監視するかもしれませんが、売れるというタイミングまでは少なくとも1時間や2時間はかかることが多いです。

1時間足ローソク足1本で5分足は12本。

12本ではなかなかいい値動きを形成してくれないので1時間置きに1回程度サッと監視する。

でいざ売れそうな良い値動きになったらエントリーポイントのタイミングを計る為にここからはしっかり監視してエントリーする。

と言う流れ。

そうすると実際のチャート監視時間はそこまで多くはならないはず。

1日中奴隷の様にチャートを監視して張り付いて時間を無駄にすることは避けられそう。

じゃあ次は実際の相場でこの監視方法で解説していきましょう。

監視しすぎ脱FX奴隷の為の相場解説

監視しすぎてFX奴隷として疲弊する前に頑張りましょう。

2017年5月5日ポンド円。

監視しすぎない為の環境認識

監視しすぎない脱FX奴隷するには絶対にこれ。

告白するならお友達から。

FXやるなら環境認識から。

4時間足

一目見て分かるのは現在はかなり上昇が強い。

安値から全然戻さずに一直線に上昇している。

よし!売ろうとは絶対ならない。

とはいえ左側が全く見えないので現在地がどういう状況なのかは確認したい。

チャートを縮小して見ると全体的は上昇で上昇の押し目から再上昇していますといった値動き。

で現在地がどこかは困った時のフィボナッチリトレースメントを使えばわかりますね。

FR61.8%を超えて上昇している。

やっぱり上昇は強い。

ということは買いたい。

トレードするには何かしらの目安が欲しい。

フィボナッチリトレースメントの数値としては微妙ではありますが、78.6%を表示してみるとどうなるか。

現在地の高値では78.6%ピッタリで止まっているような感じ。

(念のためもう一度言いますが、FR78.6%は大して重要な数値ではないです。)

じゃあここから下げない値動きなら買えそう。

一応FR78.6%に水平線を引いておきます。

1時間足

こちらも全然戻しが無いので強い上昇。

上昇して上に行くにつれて高値更新が緩やかにはなっていますが、同じような高値で何度か止まって下げそうで下げないを繰り返して下降をことごとく否定している。

で現在地は4時間足下降FR78.6%で止まって下げて来ていますという状況。

じゃあどんなシナリオが立てられるのか。

今は水平線で止まって一段下げてきているので、誰にでも真っ先に簡単に1秒で考えられるのはエリオット波動的な値動き。

今が3波なんだとしたら4波5波でも下げて行かない値動きで下降して行きませんよを確認してからの買い。

またその前の値動きを見ると、FR78.6%まで高値更新して上昇した安値は過去にも何度か同じようなレートで止められて上昇しています。

この安値のレートは何か意識されている。

ということはここを割ってくるとちょっと状況が変わってきそうで割れないのであればそれまで通り買いで考える。

一応このラインにも水平線を引いておきます。

どちらにしてもまだ1時間足でもある程度シナリオに合致するまでは時間が掛かりそうなので1時間足一回くらいチラ見程度に監視するくらいで良さそうですね。

この日の環境認識やシナリオはある程度出来ました。

じゃああとは4時間足1時間足5分足を3画面にして適度に適宜監視していきましょう。

5分足(3画面)

5分足でもなんか出来る事は無いかをまず考えて見よう。

FR78.6%で止まって下降しており山が出来ているのであれが使えそう。

フィボナッチエクスパンション。

そうするとFE161.8%から現在上昇している。

今がエリオット波動的に考えれば3波継続するか4波になるかといったところ。

値動きとしては5分足では3波から上昇の波みたいになっているので4波中かもしれない。

じゃあ4波から5波が来るとして真っ先に止まることが考えられるのは3波の安値を抜けるかどうかなのでFE161.8%がとりあえずのキーポイントなので161.8%のレートにアラートを仕込んでおきましょう。

5分足(FE161.8%アラート)

あれから5時間後くらい。

アラートが鳴ったので確認して見ます。

そうすると3波から4波があって強く下げてきている。

ということは現在は5波中かもしれない。

しかもFE161.8%まで垂直に落ちているので下降波強く、3波の安値を抜けるかもしれない。

じゃあ次に目指すのは?

FE261.8%ですよね。

4波から5波にも山が出来ているのでフィボナッチエクスパンションを使ってみます。

そうするとFE261.8%に更にFE161.8%も来ている。

じゃあこの付近までの値動きを見よう。

ということでその付近のレートにアラートを仕込んでおきます。

5分足(FE261.8%アラート)

1時間足しない内に再度アラートが鳴ります。

ちょっと監視してみる。

単純にそのレートに到達しましたっていう感じ。

ここから下げるか止まるかという所。

ちなみにこの時点で下側に下降の波で出来たトレンドラインは引けそう。

そうするとFE261.8%や161.8%付近で下降が収まりそうな感じもある。

あとはその後の値動きを見たいんですが、じゃあ上昇するとして下降しないという値動きが出来上がるまではある程度時間はかかることは分かります。

じゃあとりあえず2時間後くらいにもう一回見てみよう。

5分足(2時間~6時間後)

2時間後。

何か良い所で止まって上昇してきている。

おっ?っていう印象。

ただまだ止まったかどうかは微妙な所。

まだ止まったのを確認するのには時間が掛かりそう。

更に2時間後。

安値付近で2回止まって上昇して来ましたね。

2回止まったということは「おー来た来た」って感じになりますよね。

じゃあ3度止まったら買ってみよう。

で安値で2回止まった点があるのでじゃあ次3度目はどこで止まるかの目安としてトレンドラインを引いて来ましょう。

今度はこのトレンドラインにアラートを仕込んで待ちます。

更に1時間から2時間後。

アラートが来ました。

じゃあここから上昇するのであれば買おう。

陽線を確認して買い。

利確はお好みでどうぞ。

監視しすぎないのはFXでの太田胃散

1日1時間くらいしかチャートを見ていないでトレードをして勝てるトレーダー。

今回の相場解説での感じだと2時間に1回くらい10分程度監視して考えたとして6回くらいなので60分。

1時間くらいですね。

こんなに上手くいかないにしても四六時中チャートに縛られるということは無さそう

脱奴隷が出来そう。

今回1日1時間くらいしかチャートを見ていないというお話しを聞いてやってみたんですが、ある事に気付きました。

脱FXチャート奴隷どころか。

かなりFXの学習になる!

相場が出来上がる都度で短時間で頭を使って予測する。

別に必ずしも正しく無くて良い、間違っても良い。

こうこうこうだからこうなるんじゃないかを考える。

監視しすぎて奴隷になってしまったり、動く相場でなかなか対処出来ないトレーダーの良い薬になるんじゃないか。

ということは監視しすぎないのはFXでの太田胃散かもしれません。

試してみる価値はありますよ。

さあ今日もFXの学習頑張りましょうね!

↓↓↓FX勉強会やってるよ!↓↓↓

書いている人
ぐっぴー

人に左右されずに自分自身のみを高める努力することで時間や経済的な自由さを掴み取れるFX。私に出来ることは諦めずに日々絶やさず学習を継続することのみ。目標まで何年掛かろうともやり遂げる覚悟で挑み中です。自分自身を追い込むことは結構好きなので実は楽しんでやっています。1人でいる時間が好きでお酒を飲みながらボーっとするのが唯一の趣味。

ぐっぴーをフォローする
FX学習法
ぐっぴーをフォローする
milkさんのFX勉強会。
タイトルとURLをコピーしました