エントリートリガーを引く為のFXクイズ「問題が無ければ答えも無い」

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten
FX手法

FXは買いか売りというエントリートリガーを引かない事には何も始まらない。

チャートをボーっと永遠に見ていてもお金は一生増えない。

それで増える世の中ならいいのに。

じゃあエントリートリガーはどういう時に引いてどういう時に引かないのか。

今回はそんなお話。

キーワードは「ピンポン!の無駄打ち」。

FXエントリートリガーをシンプルにしてみる

4時間足があーで。

1時間足がこーだから。

5分足のそこでエントリー。

じゃあ詳しくはどうすれば…。

エントリートリガーを引く前に

エントリートリガーを引く時には結果が出ている。

それまでの流れがあって決着が付いたからエントリーしているので当然ですよね。

じゃあ流れというのは何なのか。

それは4時間足や1時間足などでのマルチタイムフレーム分析

4時間足では上昇していて上昇した先から下降してきました。

じゃあ4時間足では押し目を待って押し目買いをしたい。

押し目はどこになるのか。

1時間足で押し目になりそうなポイントを値動きの流れから探して見る。

フィボナッチリトレースメントは4時間足で先から下降してきた時点で安値と高値が出来ているので使えますよね。

じゃあ他には?

エリオット波動的な値動きなのか。

勢いはどうなのか。

横軸(時間)はどうなのか。

フィボナッチエクスパンションは使えないかなどなどを1時間足で経過に合わせて見て行く。

そういった流れから押し目はここだ!と判断してエントリートリガーを引く。

エントリートリガーを例えてみよう

エントリートリガーを別の話に置き換えて考えてみましょう。

トリガーとは物事が起こる引き金という意味。

トリガーと聞いて私が連想できるのは銃(ピストル)。

銃ってどんな時にトリガーを引きますかね。

日本ではあまり銃のトリガーが引かれることはありませんが、海外ではよくありますよね。

例えば何かの罪を犯して逃走している容疑者が警察に向けて銃のトリガーを引く。

それに対して警察も容疑者に向けて銃のトリガーを引く。

猟なんかのケースもありますね。

鳥やイノシシ、鹿、熊などの獣を打ち落とすために銃のトリガーを引く。

またハワイやアメリカなどで良くあるお金を払って実弾が打てるバッティングセンター的な場所では人型の的に数字が書いてあってそこに向けて銃のトリガーを引く。

などなど。

トリガーを引く時はすべて対象がある。

何の対象も無いのにトリガーを引くことはない

何の対象も無いのにトリガーを引いちゃう人と言うのはヤバい人。

そういうヤバい人はもしかしたら無差別的に誰でも良いからトリガーを引きたいという対象はあるのかもしれません。

いずれにしてもヤバい人。

エントリートリガーは最低2つ用意しようね

じゃあFXにおけるエントリートリガーを引くための対象は何になるのか。

値動きなのか。

数値なのか。

ラインなのか。

もちろん手法によって色々ありますよね。

先生がyoutube動画などで良く仰られている内容にも前回下げた(上げた)レートや3度目の正直

エリオット波動的な5波とか。

じゃあ対象はいくつあればエントリートリガーを引けるのか。

例えばフィボナッチリトレースメント38.2%での進研ゼミ。

これは38.2%という対象ひとつでトリガーを引く。

対象をひとつしか用意しなくていいので誰にでも出来る。

だからこその進研ゼミ。

じゃあFXで勝てるようになっているトレーダーがいつも対象ひとつでエントリートリガーを引いているのかと言えばそんなことは無いと思います。

最低でも2つの対象を用意する。

最低2つというのは2つにも対象としての重さがある

重さのある対象が2つならトリガーを安心して引ける。

重さの無い対象が2つならトリガーを安心して引けない。

じゃあ重さが無い対象が2つならもう1つ対象を用意しよう。

いや4つ用意しようとなる。

何が重さがあるのか。

何が重さが無いのか。

これについては簡単に言えるポイントは「下位足よりも上位足」。

エントリートリガーをFX相場解説して行こう

エントリートリガーを引くまでの流れから引くまでを相場解説していきます。

2021年3月8日ポンド円。

エントリートリガーを引くための環境認識

SEXするなら前戯から。

告白するならお友達から。

FXやるなら環境認識から。

4時間足

このチャートを見て下降トレンドだ!というトレーダーはいないでしょう。

どうみても上昇トレンド。

しかも上昇の戻しもほとんど無くグイグイと上昇しているので上昇の力も強い。

超強い。

じゃあ押し目から買って行けばいいんじゃない?

直近では高値からそれまでには無い強めの下降がありますが、全体の上昇からすれば先生が以前youtube動画で仰られていた外人ち○ぽと日本人ち○ぽ。

しかもその下降分は全部戻されちゃってる。

やっぱり強い。

1時間足

強めの下降があって、下降FR61.8%まで上昇して下げようと試みでいますが、下げきれずに再上昇。

再度FR61.8%まで戻すも高値を更新で最高値を試しに再上昇。

最高値も更新した戻し中といった状況。

じゃあやっぱり買いを狙いたい。

買うとしたらどうするんでしたっけ。

上昇した先ではもちろん買えない。

FXトレードの王道は押し戻しからの売り買い。

なので押し目を待ちたい。

じゃあ押し目はどこなのか。

困った時のフィボナッチリトレースメント。

下降出来なかった起点から高値までを見ると現在地ではFR38.2%で止められて上昇し始めている。

下降を波で見ると調整下降の3波から4波中?

だとしたら5波を待ってFR38.2%から下げないなら買えるんじゃないか。

トリガーが引けるんじゃないか。

もし5波で強めに下降してFR38.2%を抜けていくならまた別のシナリオを立てないといけないのでその時はもちろんトリガーは引けない。

5分足

1時間足での上昇FR38.2%に水平線を引いておきました。

FR38.2%から上昇して高値からの下降FR61.8%から上昇出来ずに再下降しています。

これが1時間足でカウントしていたエリオット波動5波か。

5波の高値に山が出来ているんでフィボナッチエクスパンションを使ってどこまで行くのかを計ってみると1時間足での上昇FR38.2%がある。

じゃあその付近で5波が終われば買えるのかなー。

その後を見てみるとFE161.8%まではいかずに反発している。

あれ?

なんかここにあるのかなー。

困った時の…。

そうすると上昇起点から高値のFR61.8%から上昇しているのが分かります。

しかもピッタリ気味に効いている。

じゃあこの後で再度FR61.8%で止まるのであれば止まったということが確認出来ますし、下降5波が小さな5波で止まったということも分かる。

ただFR61.8%で再度止まったとしてもまだ下げて行く可能性が無くはない。

止まった上でしっかりと上昇したのまで確認したい。

実際にFR61.8%で止まって上昇しました。

ここからはエントリートリガーの準備。

まさか上昇した先なんかでは買わない。

押し目を待ってから。

でいつものあれが出ましたね。

先生のyoutube動画で教わっているあれが。

小さなエリオット波動的な5波を待ってから買い。

利確はお好みでどうぞ。

FXエントリートリガーは出題からのピンポン

ではクイズです。

「日本で最も人口が多い都道府県はどこでしょうか?」

ピンポン!

「東京都!」。

正解。

これがクイズの流れ。

クイズの出題も出されていないのに…

ピンポン!

「東京都!」。

はい????

ってなりますよね。

出題という問題があって始めてそれに対して思考をする

思考した上で答えを見つける。

何もない所で勝手に答えたって何も起こらないし、逆に気持ち悪い

エントリートリガーも同様。

上昇しそうではあります。

じゃあどこで上昇は止まりそうですか。

上昇は止まりましたか。

どうなったら買えますか。

という出題一つ一つを考えてその場に合った答えを導き出す。

その上で最終的にピンポン!と回答ボタンを押してエントリートリガーを引く

どこでエントリートリガーを引くのか。

これはトレーダーの好みや学習のステージによっても異なりますが、自分にとってのエントリトリガーはしっかりと考えて日々取り組んだ方が良い学習にはなると思います。

さあ今日もFXの学習頑張りましょうね!

↓↓↓FX勉強会やってるよ!↓↓↓

書いている人
ぐっぴー

人に左右されずに自分自身のみを高める努力することで時間や経済的な自由さを掴み取れるFX。私に出来ることは諦めずに日々絶やさず学習を継続することのみ。目標まで何年掛かろうともやり遂げる覚悟で挑み中です。自分自身を追い込むことは結構好きなので実は楽しんでやっています。1人でいる時間が好きでお酒を飲みながらボーっとするのが唯一の趣味。

ぐっぴーをフォローする
FX手法
ぐっぴーをフォローする
milkさんのFX勉強会。
タイトルとURLをコピーしました