エリオット波動の分析を推奨するのはFX詐欺師「って言うやつちょっと来い!」

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten
FX手法

暴露!

エリオット波動での分析は全く使えない。

インチキ、詐欺師。

なんてことがネットには書かれてたりします。

でも最近FX関連のyoutube動画ではエリオット波動についての内容が増えているような気がします。

なんでインチキで詐欺師かもしれないエリオット波動での分析動画が?

今回はそんなお話。

キーワードは「個別指導塾スクールIE」。

エリオット波動の分析を推奨しないFXトレーダー

なぜエリオット波動での分析をインチキや詐欺師というトレーダーがいるのか。

じゃあエリオット波動での分析は本当にFXにおいて使えないのか。

その理由を考えていきましょう。

エリオット波動を分析自体に取り入れていない

FXでチャートを分析するのはエリオット波動だけですか?

そんなわけないですよね。

FXでトレードで勝つための分析手法というのは世の中に多くあると思います

分析手法を使ってFXで勝てているのであればその手法は正しい。

水平線を使っていないトレーダーもいる。

フィボナッチ系を使っていないトレーダーもいる。

もちろんエリオット波動を使っていないトレーダーもいる。

そういうトレーダーにとって自分が使っていない分析ツールや手法というのは使わないですよね当然。

使わないから使えない。

ということでは無い。

使えないから使えない

だから自分の思考や手法の外にあるものは否定をしたい。

自分には使えないんですから。

もしかしたら過去にエリオット波動を使って分析をしたことがあるのかもしれません。

でも自分では使いこなせなかった。

教えてもらったけど習得出来なかった。

だからその人にとってはエリオット波動はインチキであり教えてもらった人は詐欺師だ!となる。

単純に自分の手法にエリオット波動を取り入れられなかっただけなのかもしれません。

エリオット波動の分析を取り入れるトレーダーの増加

FX関連の動画を配信しているトレーダーでエリオット波動を紹介しているネタが多くなってきました。

エリオット波動を分析に取り入れているトレーダーが増えたんじゃないか。

ということはエリオット波動はFXにおける分析で役に立つと考えるのが自然。

役に立つから動画で配信して紹介するし、トレーダー自身も分析に使う。

またエリオット波動を難しく解説している内容というのもあるんですが、基本的な分析で使える部分だけを抜粋すると非常に単純で誰にでも理解しやすい。

簡単で分析としても使えるから紹介したいというのが心理なんだと思います。

すべてをエリオット波動の分析で解き明かしたい

簡単で使えるからFXチャート分析すべてにエリオット波動を適用して解き明かしたい。

と考えるのは思考が単純すぎる。

エリオット波動は基本が0~5波までで構成されるルール。

チャートの波に番号を振ってそれにあわせて毎回トレードすればいいんでしょ?

それでFXでお金が儲かるんのであれば苦労しない。

誰でも既に大金持ちになっている。

エリオット波動が使える時もあれば使えない時もある。

やっぱりエリオット波動の分析はインチキじゃん!紹介している人は詐欺師じゃん!

じゃあエリオット波動の意味を本当に理解していますか?

エリオット波動というのは言葉の通り「波動」。

FXチャートは直線では無く波を作って上昇したり下降したり、横這いになったりします。

波を作って上昇(下降)した後は押し戻しの波が来る。

その後に再度上昇(下降)や横這いになるか分かりませんが、とりあえず休憩はしますよね。

一直線伸び続けて行くということはないんですから。

波動としてどこで落ち着くのか。

どこまで波動は続くのか。

これを表しているのがエリオット波動だと思います。

[実践]エリオット波動でFX相場を分析してみよう

エリオット波動での分析を実践してみましょう。

2017年5月23日ポンド円。

環境認識

いつも通りここから。

告白するならお友達から。

FXやるなら環境認識から。

4時間足

このチャートを見た時に一番目立つのは安値からのそれはそれは強い上昇。

ほとんど戻しなく一直線に上昇しています。

こういう値動きを見た時に思うのはこのまま直線的な上昇が続いて行くことはないじゃないか。

で実際に高値から上昇に対しての戻しなのか下げてきている。

ちなみになぜ高値から落ちたのかが気になりますよね。

左側が無いので、チャートを縮小して確認してみましょう。

FX相場の原則みたいなもので先生がyoutube動画などでもよく仰られていること。

「前回下げた(上げた)所は次回も下げやすい」。

で強い直線的な上昇が止められた高値というのは前回強く下げたレートだということが分かります。

直線的で戻しない上昇が止められる理由としては十分。

もし今の高値からの下降が上昇に対しての戻しだとしたら?

どこまで戻すのか。

どうしたら戻しが終わるのか。

困った時のフィボナッチリトレースメント。

FR38.2%もしくは61.8%が戻しとしては最適。

もう一つ誰にでも簡単に使えるツールがありますね。

フィボナッチエクスパンション。

高値に山が出来ているので使ってみる。

そうすると高値からの下げはFR38.2%であり、FE161.8%でもある所で止められて上昇して来ている。

じゃあここが押し目となって上昇していきます!

というのは分からないですが、押し目として良い所で下げが止められて上昇しているので下げないのであれば買えるかもしれないですね。

1時間足

高値からの下降の波に注目して見て行きます。

最高値から下げて戻しで上昇し切れずに強く下降。

この値動きはエリオット波動0~3波っぽい。

ということはその後はどういう値動きになりそうかは簡単に予測出来ますよね。

4波5波という波が来る。

じゃあ現在地までの値動きが4波から5波なのか。

エリオット波動の定義からちょっと考えてみます。

4波は1波の高値で止まりやすく、ジグザグとした波になりやすい。

5波は3波の次に力強い波になりやすい。

現在地までの値動きはその定義にはちょっと当てはまらない。

ということは分からない。

じゃあ3波から来るのはまず4波ですよね。

4波はジグザグとした調整的な値動きになりやすい。

単純に考えられる4波の値動きはこちらもエリオット波動的な5波で1波高値まで上昇する。

現時点の値動きはちょっと分かりませんが、それまでの過程では4波が0波から3波っぽい値動きにはなっていそう。

3波から現在が4波なんだとしたらジグザグで1波の高値で止まって上昇するのが良い値動きで、ジグザグにはなっており、こちらもエリオット的に小さく見ると5波まで来て上昇しそうな値動きはありました。

ただ上昇し切れずに再下降中。

4波での綺麗な値動きの定義は崩れました。

じゃあこのまま下降します。

ということでもない。

まだ4波なんだとしたら次はどこを試しに行くのかと言えば、安値付近ですよ。

4波での調整上昇の最後の砦。

もし安値を抜けて行くようならまた考え直さないといけないですね。

じゃあ後は5分足での細かな値動きで抜けていくのか、もしくは最後の砦で止まって4波の5波が来るのかを判断したい。

5分足

4波の4波で定義通りには上昇せずに下降してきた値動きを見ていきましょう。

ここからは参考程度にエリオット波動を使って行きます。

ルール的にはこんな中途半端な所からエリオット波動はカウント出来ないので参考程度であり、これを波の意味もなくどこでもやってしまうのは駄目。絶対。

4波の4波で定義通りに上昇せずに再下降しているということはそこから下降が始まっていると仮定します。

そうするとその下降というのはエリオット波動的に最後の砦である安値付近まで下降している。

最後の砦を3波でドカーンと抜けていくなら下げが強いのは分かりますが、5波まで作って下げて来た。

ということは最後の砦で止まるんじゃないか。

これもよくあることなんですが、0波から5波までの波の下降であれば安値側に綺麗なトレンドラインが引ける。

で実際に3度目の正直のような形で止まって、長い下髭で戻されて陽線になったのを見て買ってみるというのは有りだと思います。

それは難しい!(確かに難しい…)。

じゃあ最後の砦から下げずにグッとV字で上昇したのをまずは確認しますよね。

あとは下げないのであれば4波の5波で買っていけそう。

こちらもエリオット波動。

調整のような5波まで待ってから買ってみる。

4波の4波で最後の砦まで下げているということは下げが強そうだなと判断しているのであればもう1度下げないのを確認して、あの伝説の「3度目の正直」から買ってみる。

利確はお好みでどうぞ。

個別指導塾スクールIE的にFXエリオット波動で分析からトレード

エリオット波動だけでは無くどんなツールでも同じことなんですが。

自分が使いこなせるかどうかは別として、多くの人が使っていて結果が出ているものに関しては何も言わずにとりあえず使ってみる。

自分だけでは最初は当然使いこなせません。

自分に使いこなせるだけの学習や技量が無いわけですから。

じゃあ使いこなせている人をそっくりそのまま真似て使う。

何度も真似て使う。

ある程度真似て出来るようになったら自分だけでも出来るようになるまで使ってみる。

実際のトレードで使うのは怖い…。

それなら別にエントリーはしないにしても「ここまでの経緯でこういう風に使えたからエントリーできそうだな」とは思っておく。

次も同じようなチャートで分析出来たらまた思っておく。

これはFX勉強会の座談会でトレードの実力があり、人気もある通称「痛風おじさん」が言っていた言葉。

心の中でエントリーボタンを押せばいいんですよ。

そしたら本当に自分の分析からエントリーボタンを押せる時が来るかもしれない。

なんか個別指導塾スクールIEのキャッチフレーズみたい。

今度から通称が「痛風名言おじさん」になるかもしれません。

さあ今日もFXの学習頑張りましょうね!

↓↓↓FX勉強会やってるよ!↓↓↓

書いている人
ぐっぴー

人に左右されずに自分自身のみを高める努力することで時間や経済的な自由さを掴み取れるFX。私に出来ることは諦めずに日々絶やさず学習を継続することのみ。目標まで何年掛かろうともやり遂げる覚悟で挑み中です。自分自身を追い込むことは結構好きなので実は楽しんでやっています。1人でいる時間が好きでお酒を飲みながらボーっとするのが唯一の趣味。

ぐっぴーをフォローする
FX手法
ぐっぴーをフォローする
milkさんのFX勉強会。
タイトルとURLをコピーしました