【FXで”勝てない”思考・行動】モタモタダラダラしている人間は何をやってもダメ。

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten
FX学習法

【具体例】FXで勝てないトレーダーの思考・行動

毎週末の相場開設の動画で、相場分析、エントリーポイントの解説よりも重要な内容が。

私のこのFXトレード(2021年2月11日ポンド円)について言及していただきました。

いつも思うんですけど、上手いふりこいて建値決済ばっかりやりたがるバカというのは何なんですかね。

そんなに負けたくないんでしょうか。

「負けたくありません」とか「最初から大勝ちしたいです」とか「お手軽に簡単にお金持ちになりたいです」とか。

根性が曲がっているんですよね。

~中略~

根性が曲がっているヤツというのは、ダラダラモタモタしてこの辺で買ったりするんですよ。

あるいは、ここだって売るんだったらここですよね。

~中略~

ここでとか、ここでとかないですよね。

ここで売るんですよ。

でもモタモタダラダラしている人間というのは、この辺で売って「あれ?伸びていかない。じゃあ建値決済です。」みたいな安易なことをやるんですね。

それはそもそもエントリーポイントがクソなわけですよ。

アナタの普段の日常の優柔不断な生き方がそのまま反映されているんですね。

ダラダラダラダラとこの辺まで様子見をして、要らんところで。

優柔不断で自分の責任でスパッと物事が決められないと。

で、人の言うことを素直に聞かない。

そりゃ勝てませんよ。

だから、やりやすい相場というのは誰でも勝てるんですけど、ただこういう試される相場になってくるとやっぱりその人の普段の学び方とか、何考えているんだろうなとか、その人の考えがそのまま反映されちゃうんで、グジャグジャグジャグジャのところでせっかく前日まで稼いだ、もしくは先週まで稼いだのが全部吐き出されちゃって「あーあ」って。

だから、気を引き締めてトレードをしなさいと言っているんですね。

あるいは~中略~、下げてきた下のところでルール違反でエントリーしないってことですよ。

それを守りなさいって言っているんです。

特に赤字の部分は、私自身の課題(思考・行動)です。

これまでには「自分の課題は云々・・・」と声高に話していましたが、本当に改善しなければいけない課題はこれなのだと思いました。

今回初めてFXの先生が特別な話をされたのではなく、今までも何度も繰り返し話されていた内容です。

受け手側(私自身)の問題で、頭では分かっていても自分事として捉えることができていませんでした。

素直にやっている”つもり”だったのかもしれません。

今回はたまたま生き残ることができましたが、今のままではいずれやらかしてしまう日が来るでしょう。

過去を振り返ってみると、実際にこういう相場で手を出して損失を出したり、今回のようにダラダラモタモタとエントリーして、その結果ヒヤヒヤしながら保有するFXトレードを繰り返しています。

【FXで勝てないトレーダーの思考・行動】サッサと行動できない・後回しにする

余談ですが、先日、会社でも同じような内容の注意を受けました。

要約すると「はじめさん、仕事遅いよ。」って。

自分のペースでやれている時は大丈夫なのですが、タスクが重なってくると極端に作業速度が落ちてあっと言う間に仕事が積み重なって終わらない

年末の繁忙期なんて最悪でした。

他の社員はキッチリ退社しているのに、自分だけバカみたいに日が変わる前まで会社に残ってやっていました。

典型的な仕事ができない無能会社員の例ですよね。

「もっと頑張ってやらなきゃ・・・」という反省では、恐らく同じことを繰り返すだけです。

そうではなくて、タスクが重なって効率が悪くなるのであれば、なぜ重なってしまったのか?という原因を追究しなくてはいけません。

結局のところ、行き当たりばったりのことばかりやっているんですね。

目先のことしか見えていないんです。

「あーしんど」と、その時の気分に振り回される。

そして、あれもこれもとなって優先順位をつけられないから、全てが中途半端になって何も終わらないという結果に。

これまでの人生で失敗したときのことを思い返してみても、思い当たる節がいくつかありました。

その時は「またやってしまった」くらいで済ませるか、碌に反省することなく簡単な振り返りで終わらせていました。

しかし、それが何度も繰り返し訪れるということは、その根底にあるのは自分自身の解決すべき課題が残っているからだということです。

話がそれましたが、FXでも同じです。

シナリオも立てずに目先の値動きに翻弄され、行き当たりばったりのFXトレードを繰り返している人、結構いるんじゃないですか。

そして、勝った負けたと一喜一憂し、まともな反省や振り返りができていない。

本人は反省や振り返りをしている”つもり”なんだけれど、全く将来に活かせないような内容。

日常生活でもFXトレードと同じで、行き当たりばったりのことをしているんじゃないですか。

その問題の本質に気が付いていないのかもしれません。

これらは全て私自身のことなのですが、自分の問題の本質って中々気が付くことができないんです。

客観的に自分を見ることは難しいので。

こんなFXトレードしてたら一生勝てないよ

今回のFXトレード。

この週のポンド円は、全体的には強い上昇トレンドです。

しかし、FXトレードは売り。

まだまだ未熟なFX学習者としては、この選択をしている時点で素直じゃないですよね。

全く真逆のことをしています。

FXの基本は順張り。

当然狙うは『買い』です。

今回のように長いトレンド相場に入った時、私のように素直じゃないFXトレーダーは、

「○○に達したからそろそろ下げるのではないか?」

と考えます。

トレンドラインやフィボナッチなどのインジケーターはあくまで目安であって、それらは効くこともあれば効かないこともあります。

その反面、値動きはウソをつきません。

これだけ強く上昇しているということは下位の力が強いという証明なのだから、多少下手なところで買っても保有しておけば利益になるし軽傷で済む場合がほとんどです。

最後の最後でトレンド転換した時に100pips程度の損失を出したとしても、それまでに素直に買いを続けていれば余裕でプラスで終えられるくらいの利益を残しているはずです。

上位時間足の環境認識・シナリオ、5分足でのエントリーから利確までをどのように考え立ち振る舞うのが正しかったのかを振り返ります。

4時間足

とても強い上昇トレンドです。

しかも長い。

昨年の秋頃からずっと続いています。

下降トレンドに転換するかもしれない節目のポイントを、ことごとく上抜けてきています。

意味のあるポイントからの明確な売りが入るまでは、押し目からの買いを狙い続ける相場です。

しかし、かなり上昇した先っぽなので(いつ反転するか分からない)、安易に買うのは恐い相場でもあります。

1時間足

4時間足と同様に上昇トレンドです。

高値を更新しながら上昇を続けています。

直近の値動きを見ても、ローソク足実体で高値を更新しています。

相場の流れに乗って押し目からの買いを考えるのが基本です。

とは言え、上昇した先っぽなので安易には買えません。

しっかりと押し目を形成し、下がらないことを確かめてから買いたいと考えます。

逆に言えば、戻しを狙った売りができるのかもしれません。

しかし、環境認識上は強い上昇トレンドです。

その状況下で逆張りの売りをするということはどういうことか。

もちろんリスクが跳ね上がるので、エントリーポイント・タイミングは厳選しなくてはいけません。

5分足

エントリーポイントまではこのような値動きでした。

強めの上昇の後、エリオット波動のような値動きで下がってきています。

エリオット5波と思われる下降でも下に抜けていきません。

もちろん、ここでの買いは正しいです。

しかし、環境認識上はかなり上昇した先っぽ。

ダラダラモタモタしてエントリーする局面ではありません。

サッサとエントリーする。底で買えなかったら諦める。

途中乗りはあり得ません。

その後の値動きはどうでしょうか。

5分足レベルの下降のFR61.8まで、エリオット波動のような値動きで上昇してきました。

5波まで終了して長い上ひげをつけ上抜けられない値動きを見て売ってもいいかもしれません。

しかし、環境認識上は強い上昇トレンドです。

できるだけ上方から売るのが基本です。

この局面であれば、長い上ひげをつけた陰線確定で売ります。

利確は適当でいいのですが、逆張りなので20pipsに達したら決済するのが望ましいと考えます。

↓↓↓FX勉強会やってるよ!↓↓↓

書いている人
はじめ

経済的・時間的自由が欲しくて専業FXトレーダーを目指して学習しています。FXの才能がなく不器用なので、初月はマイナス300pips、次月もマイナス200pipsのどん底からスタート。その後もしばらくは鳴かず飛ばずの状態が続きました。そんな感じで紆余曲折ありましたが、それでもFXの学習を諦めずに続けたことで2019年にはリアルトレードで資金2倍を達成できました。

はじめをフォローする
FX学習法
はじめをフォローする
milkさんのFX勉強会。
タイトルとURLをコピーしました