「ForexTesterで練習しても、なぜかFXで勝てない」もしかすると○○が分かっていないのかもしれません。

milkmilk
はじめはじめ
ぐっぴーぐっぴー
seitenseiten
FX学習法

ある日の先生のつぶやき。

何気ないように思えるつぶやきですが、FXで安定して勝ち続けるためには超重要なことです。

このつぶやきに、ForexTesterを使った練習だけでは勝てない理由が隠されています。

ForexTesterでは学べないFXトレーダーがやるべきこと「自分自身と対話すること」

勝てるFX手法を教わって理解した。

そして、ルール通りに過去チャート分析はある程度できるようになった。

ForexTesterを使った練習でも、月間プラスで終えることができるようになった。

しかし、リアルタイムのFXトレードでは、なぜか成績が安定しない…。

こういった悩みを抱えているFXトレーダーは多いと思います。

チャート分析(見方)だけではFXで安定して勝つことができません。

チャート分析だけでなく、自分自身もしっかりと分析し理解する必要があります。

それができていないと、上手くいっている時はいいですが、ちょっと上手くいかなかっただけで簡単に崩れてしまいます。

「自分自身を知る」これができていないとFXでは安定して勝ち続けることが難しい

勝てているFXトレーダーは、自分自身の性格や癖をよく知っています。

FXには関係のないようなことですが、自分自身を理解していないとFXで継続して勝つことはできません。

上記のFXの先生のつぶやきも、得意・不得意な値動きといったFXにおける自分を知り尽くしているから判断できることです。

「自分自身を知る」というのはFXにおける得意・不得意な値動きのパターンだけでなく、その時々に自分自身を取り巻く環境による自身の心理状況の変化など、多岐にわたります。

例えば、「どうしても他人と比べてしまう性格」の人がいたとします。

こういう人は、良くも悪くもハマれば振れ幅が大きい人だと考えます。

調子がいい時はグイグイ行けるでしょう。

しかし、自分が調子が悪い時に周囲が上手くいっていたらどうでしょうか。

隣の芝生がより青く見えてしまう人なので、熱くなって余計なことをしたり冷静にチャートを分析することが難しくなる可能性が高くなります。

これは一例ですが、こういった自分を知ることがFXで勝つためには必要になります。

ここで注意したいのが、間違っても『メンタル強化』云々の話ではないということ。

私は、上記のような性格を直す必要はないと考えます。

性格や癖といったものは昨日今日で形成されたものではなく、今時分に至るまでの人生が大きく影響しているので、そう簡単に変えることはできません。

「そういった自分を受け入れ、その上でどういった立ち振る舞いをしていくのか」ということが必要になります。

それがFXにおけるマイルールの作成に繋がってきます。

しかし、本当に効果的なマイルールというのは、自分自身を正しく知っていなければ作ることができません。

上述したことは、ForexTesterでは絶対に学ぶことができません。

ForexTesterを使ったFXトレードというのは、自分の都合で進めることができます。

自分がやる気の時、用事を済ませた後など、好きな時にやることができます。

その反面、リアルタイムのFXトレードは一発勝負です。

こちらの都合には合わせてくれません。

腹を立てようが、忙しかろうがお構いなく進んでいきます。

そして、その時のチャンスは二度と訪れることはありません。

前情報のないまっさらな状態で全く同じ期間をForexTesterとリアルタイムでのFXトレードをやれるのであれば、

恐らく成績は変わってくるでしょう。

当然ですよね。

ForexTesterではFX以外の不利になる環境を除くことができるのですから。

漫然とFXをやっても、自分自身を知ることはできない

自分自身を取り巻く環境や、その人の性格や癖というのは多岐にわたるので、今回はチャートの見方に絞って言及します。

同じFX手法でチャートを分析しても、その人によって見方は大なり小なり変わってきます。

極端な例ですが、ひげ先でエントリーから決済まで行える人もいれば、「頭と尻尾はくれてやれ」という相場格言通りのFXトレードをする人もいます。

また、保有して利益を伸ばすことができる人もいれば、20~30pipsを短く取るのが性に合っている人もいます。

人それぞれなんですよね。

他人のFXトレードを見て「すごいなぁ」と思うだけでなく、自分だったらどう考えるのか?ということが重要です。

それが自分自身を知ることに繋がります。

その為には、シナリオ作成⇒振り返りを繰り返して続けることで、だんだん分かってきます。

最初から全ての相場を振り返るのは難しいかもしれません。

なので、1週間の中の1日でいいから、実際に立てていたシナリオと結果を振り返ってみることから始めてみます。

そこで、ただシナリオ通りに上昇した、もしくは下降したというだけでなく、もう一歩踏み込んで深く考えてみます。

自分自身を十分に理解し対策を立てることができた後であれば、ForexTesterを使った練習も身になるのかもしれませんね。

自分自身はどのようにチャート分析をして、どのように感じたのかが大事

2021年4月29日ポンド円5分足です。

この相場を見てどのように分析するでしょうか。

私自身がこの相場でどのようなシナリオを立て、実際の結果をどのように捉えたのかということを紹介します。

4時間足

赤い縦線の位置が2021年4月29日の始まりです。

長らく続いた上昇トレンドが終わり横ばいの値動きに変わり、200MAの傾きも水平になっています。

なぜここで横ばいになったのか?

4時間足では分からないので、上位時間足を確認します。

ヒントは週足レベルのチャートにありました。

大昔のとんでもない下降のフィボナッチリトレースメント(FR)の38.2で反応していることが分かります。

週足レベルなのですぐさま何か起こるという可能性は低いですが、何かしらの反応は起こるだろうと推測できます。

ここから下降していくのか、それとも上抜けて上昇していくのかは分かりませんが、実際に反応している事実があります。

4時間足にFR38.2を表示させると明確に意識されていることが分かります。

週足レベルのFR38.2なので、ラインではなくゾーンとして考えます。

抵抗帯の中でどっちに行こうか迷っているようなイメージですね。

大まかには4時間足ではこのようにチャート分析していました。

1時間足

1時間足では、直近は上昇の力が強そうです。

チャート中央の山が形成された時点では、「上昇が全て戻された上に安値も割ってきているし、戻しから売れるんじゃね?」と思っていましたが、それに反してグイグイ上昇してきました。

そして、週足レベルのFR38.2に戻ってきたという値動きです。

上述したように、このFR38.2ピッタリで効くとは考えていませんでした。

1時間足では、中央の山が目立ちます。

その高値付近までは上昇するのではないか?という予測を立てていました。

この価格帯というのは、過去に売りが入ったポイントでもあります。

買うにしては高い位置にあるので、上記の価格帯に達していい形になれば売れるかもしれないというシナリオを立てていました。

5分足

実際に1時間足の直近高値付近に達してから明らかに値動きの様相が変わっていることが分かります。

しばらく様子を見ていると、3度目の正直で止まりました。

3回止まったからといっても、直前で強めに戻してきているのですぐには売れません。

チャートのように4回くらい止まったら売って200MAくらいまで取ってやろうと待ち構えていると…。

バイーン!

「ふぇっ!?」

シナリオとは全く違う値動きになってしまいました。

あれ?チャート分析間違っていたのかな?と思っていると、想定していた方向へスルスルと下降してきました。

FX勉強会内にはこの天辺で売れていた人もいました。

毎度見事に天辺で売れる人がいるんです。

逆にこのバイーンを取っていた人もいました(笑)

ここで重要なのが、「将来的にこのパターンが来た時に自分には取れるのか?」ということを振り返ることです。

私はこういう値動きは苦手です。

売り目線でチャートを分析していても、私には天辺で売ることはできません。

元々がどんくさい性格なので、こういう早い値動きになると思い切ってエントリーできなくなるからです。

上述したシナリオのように、じっくりと待ち構えてエントリーするFXトレードが好きです(性に合っている)。

そういったことを踏まえると、今回の局面では結果的には下降しましたが、私のパターンではないのでエントリーは難しかったと結論することができます。

↓↓↓FX勉強会やってるよ!↓↓↓

書いている人
はじめ

経済的・時間的自由が欲しくて専業FXトレーダーを目指して学習しています。FXの才能がなく不器用なので、初月はマイナス300pips、次月もマイナス200pipsのどん底からスタート。その後もしばらくは鳴かず飛ばずの状態が続きました。そんな感じで紆余曲折ありましたが、それでもFXの学習を諦めずに続けたことで2019年にはリアルトレードで資金2倍を達成できました。

はじめをフォローする
FX学習法
はじめをフォローする
milkさんのFX勉強会。
タイトルとURLをコピーしました